« ミサゴ 大きいぞ!!! | トップページ | モッタイナイス »

2014/01/31

ミサゴのダーウィンポーズ

 ナニ?ダーウィンポーズ ッて?

今、日本中(一寸大げさかな?)のミサゴ撮り連中が夢中になっているのが「ダーウィンポーズ」なんだそうです。
で、色々調べてみて解りました。
どうやらNHKの「ダーウィンが来た」でミサゴの狩(魚の捕獲)が取り上げられ、そこからこんな新語が生まれたのでしょうか?間違っていたらどなたか知っている方は教えて下さい。
もの凄いスピードで獲物めがけて突っ込み水面ギリギリで両足を前に突き出すポーズ それがダーウィンポーズなのだそうです。
突っ込むスピードが早くファインダーの中心に捕らえる事も、シャッターを押すタイミングも運動神経の鈍くなった年齢には至難の業です。
それでも過去の写真を見ればピントの善し悪しは別としてちゃんと撮っていました。去年と一昨年にもブログに出しました。
さて、そんな知識が入った後、ダーウィンポーズを主に撮ろうと出かけてからと言うものちっとも撮れません。ことごとくピンボケなんですぅ、、、
意識したら突然撮れなくなってしまいましたぁ・・・人生の修行を沢山積んだはずなのに。
さてさて、長い前置きになってしまいました。
これがダーウィンポーズです。

Abc_1063

真横からの写真でその様子がよく解ると思います。
拡大できます



Abc_7874

この写真はぼぼ正面から。両足を前に突き出し 恐ろしい程爪を広げている様子がよく解ると思います。

こんな事も知らずに夢中でミサゴ撮りをして居たとは不覚だ、、、
しかし静岡ではこんな話題皆無だけどヒョッとして誰も知らないんだろうか?だとしたら静岡は遅れているのか情報源が少ないのか?
マアどっちでもいいや。。。 

以前撮った写真がまだ沢山有ります、折に触れ時に触れ出すようにします。

« ミサゴ 大きいぞ!!! | トップページ | モッタイナイス »

」カテゴリの記事

コメント

へぇ~~、これがダーウィンポーズと言うものですか。二枚目の写真の足元の水面にちらっと見える影はかなり大きいように感じますがどれくらいの魚を獲るんでしょうね。まじかで見れば物凄い形相をしているのでしょうね。初歩的な事をお尋ねします。ミサゴは一年中見られるんですか?

ごくらくとんぼ様
ダーウィンポーズと言うんだそうです。ピタッと当てはまったとは一寸言いにくいですよね。
あの影はミサゴの影です。魚は水が濁っているので見えません。ミサゴには見えるらしいです。
胴体と同じくらい大きい魚も持って行く事があります。大きい魚だと水の中に引きずり込まれる事もあるんですよ。
夏にも見ると言っている人が居ますから一年中居るのだろうと思うのです。

よし坊様 こんばんは。
ミサゴらしい迫力ある瞬間です、横から狙ったのは正解ですね。
ダイブの時は、かなりのスピードですからフレームに入れながらの追い写しは
難しいですね。

KEN様
ショボショボした視力ではとても追い切れません。
難しいから今度こそ今度こそと通う気に成るのですが。
所で今日午前中池の真ん中の道を通りませんでしたか?
暫くして戻って行かれました。
遙か対岸から見ておりました。

観たぞ~~ 1枚目のこれって・・・私勝手な表現ですけど、浅く獲るシーン??  何かの本で拝見し、私もこのショット憧れました!!
でも実際に観ると、魚を掴み取るのではなく・・・サラって行く??様に感じました。 

やっぱし垂直落下の急降下ハンティングに1票を投じます。
着水時の効果音もリアルに聞こえるので、撮影するのも大変ですけど一体感が味わえますし、急降下ハンティングがバッチリ撮れると 某都内 春の園遊会行けるかもバキッ! 

 ダーウィンポーズですか!
 「ダーウィンポーズが見事に撮れましたね」
 と、言ったら、ちょっと詳しい人みたいですね。
 このフレーズ、使ってみたいなあ。
 

デミ様
ご存じの通り此所は浅いから急降下で突っ込んだら脳しんとう? 
同じ場所に通っていますが鳥撮者はドンドン減って昨日は6人。役者は一度も飛び込まず2週間前のお祭りは過去の物になってしまいました。

園遊会と成るとホトクラブとは一寸違って衣装代が大変だよ!僕の紋付き袴を貸しましょうか?

うつきよう様
ダーウィンポーズなんですって!! 無理にこじつけたみたいで何かしっくり来ません、、、
うつきよう様にも一度で良いから飛び込む瞬間を見てもらいたいと思います。

よし坊様
昨日麻機方面に用事があって行きました。
ついでに池の様子を見にチョット寄ってみましたが、
風がとても強かったので、早々に退散しました。
よし坊様の車がいつもの所になかったので気がつきませんでした。
小高いところにいらっしゃったのですね。
首尾はどうだったのでしょうか?

KEN様
重ね重ねのカキコ有難う御座います。
昨日はモンキーにカーゴを牽引して出かけました。
池に入る道進行方向左手の対岸にいました。
確かに風はすごかったです。
そして、役者は来ますがパホーマンスが全く無くシャッターを一度も押しませんでした、、、

大島紬がありますが・・帯回りに不安が (>_<)

ジャージで良いかな?? (゜゜)バキッ!☆\(--;)

鳥に関する新語も生まれるんですね。テレビの影響は大きいですね。
生まれてはいつの間にか消えていく新語。「ダーウィンポーズ」この言葉は受け継がれていくのでしょうか?
ミサゴの鋭い動きと広げた爪が凄いです。

デミ様
大島紬か〜良いな!!僕は高くて買えなかったよ、、、
ジャージまずいでしょう、、、日本男児せめて おフンドシで。
宮家の人々気絶するかな。。

ニャン様
新語だと思うんです。静岡では誰も使っていませんので心配になってしまいます。

旅すれば・・・はソロソロ信州編ですか?
井川城も出てきますか? 開田高原産のソバは如何でしたか?
UPを楽しみにしております。

ダーウィンポーズのことは最近まで知りませんでした。方向、飛び込み角度とも良く、いいタイミングで撮れていると思います。今度は連続写真を楽しみにしています!
 

渓流びと様
書き込み有難う御座います。
ダーウィンポーズと言っている人も写真を出してダーウィンポーズだと言って居る人も居ないので一寸不思議です。
連続写真? 人を困らせないで下さい。


ミサゴ は オスプレイ ということから
つい 独特の形状の例のヘリコプターを連想してしまいます。

ダーウィンポーズという名前は覚えにくいですが、
この雄姿は 記憶に残りそうです。

ポーズが良ければ逆光だったり、写した後に素晴らしい瞬間があったり、
どうしたら このように決定的な瞬間を逃さず写せるのか、、
ダーウィンでもわからないと思いますよ。

shinmama様
静岡ではオスプレイは飛んできませんがオスプレイとミサゴがニアミスした所を撮影できたら面白いだろうな〜なんて撮影の合間に話した事があります。


ただただ待ちです。根負けするくらい待たされます。

決定的瞬間はダーウィン先生も負けそうな『進化』した道具(カメラとレンズ)のお陰です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59032791

この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴのダーウィンポーズ:

« ミサゴ 大きいぞ!!! | トップページ | モッタイナイス »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ