« トビ もなかなかやるじゃないか!! | トップページ | 観音温泉に行ってきました 2 »

2014/02/24

観音温泉に行ってきました 1

Img_6397

 観音温泉に泊まるのは今回で三回目。
角上楼に続き同じ宿にそれも三度泊まるのは珍しい事ですがこの温泉にドップリと浸かりたくて急遽行く事に成りました。

Img_6346

昼は三ツ割菊の蕎麦と決めて雪の残る車のほとんど通らない道を上って行きましたがナント休み。
仕方なく途中で見つけたラーメン屋に入る事にしました。

Img_6335

美味そうな店構えではありません。

Img_6338

つけ麺が売りの店ですが一番オーソドックスなラーメンを注文しました。
一寸こってり系ですが美味しかったです。しかし値段はたかがラーメンのくせに700円は一寸高いです。

Img_6350

せっかく下田まで来て居るのですから「南の桜と菜の花祭り」をやっているはずだと寄ってみました。予想的中です。

Img_6366

見渡す限り菜の花畑で辺り一面良い臭いが漂っています。

Img_6567

そして向かったのは「観音温泉」。
冒頭写真観音様の像が有る玄関を入ります。更に奥が受け付け。

Img_6455

今日は本館でなく全室専用露天風呂の有る“ピグマリオン”に泊まります。
「一日一組限定本館料金でピグマリオンに泊まるとってもお得プラン」一人24,300円税サービス料込みで予約しました。

Img_6458

ピグマリオンの真正面にドデ〜ンと建っているのが総檜造りの湯殿です。

Img_6546

ピグマリオン入り口ですが2階は食堂。3・4階は客室。

Img_6411

部屋は選べませんので多分眺望の利かない山側だろうと思って居ましたが・・・その通りでしたぁ、、、

Img_6414

勿論露天風呂も源泉掛け流し。ドボドボヌルヌルのコクのある温泉です。
以前と違ったシステムに成って居て総檜風呂は17時から。昼間は日帰り温泉用の別棟を使うのです。

Img_6429

さて5時直前誰も居ない総檜風呂に一番乗り。先ずこの湯殿の造りのすごさに初めて来た人はビックリする事でしょう。

Img_6421

大小二つの浴槽と露天風呂からは強アルカリ性の源泉掛け流しが惜しげもなく吹き出ています。コンコンと湧き出るオモユの様な感じの温泉ですが好きなだけお飲み下さい。美容や胃腸に良いとの事で大量に買って帰る人が大勢居ます。

Img_6435

洗い場も沢山有ります。

Img_6521

食事は食事処「四季彩」で、中央廊下を挟んで南北に有り写真は北側半分。

Img_6480

さて食事が始まります。

Img_6477

Img_6483

          桜エビの釜飯には早々と火が付いています。

Img_6486

御造りには小さいながらも伊勢エビが付いています。が食べて居て気がつきました、大きさの割りに身がヤケに多いのです。確かに伊勢エビも有りますがニセエビの身も交ざっています。滅多に口にしない人ならごまかせますが・・・これはゆゆしき問題です。

Img_6494

Img_6500

Img_6507

釜飯は早々と火が付いていた事もありお焦げが出来て丁度良かったと思いました。

Img_6513

デザートはポンカンと苺でした。
此所の食事は何所にでも有るあり触れた旅館の料理で褒められた内容ではありません。温泉に来たんだからと割り切らないと。それとなく見渡しましたがどのタイプの部屋に泊まっても食事は同じようです。
以前には女将が一組ごとに丁寧に挨拶に回ってきましたが今日は無いですね、、、

Img_6516

Img_6519

部屋にも廊下にも到る所ひな人形が飾ってありました。

温泉温泉又温泉と温泉に入り浸りの初日が終わりました。

« トビ もなかなかやるじゃないか!! | トップページ | 観音温泉に行ってきました 2 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい総檜風呂に一番乗り!
お風呂に行って誰も居ないとラッキーっていつも思います。(笑)
飲泉できるのは貴重ですね。
東京からのアクセスも良いので機会がありましたら
行ってみたいと・・・。
ご紹介、ありがとうございました。

みやび様
この温泉は僕の一押し温泉でして教えてあげた皆様にはとても喜んでもらっています。
ボキャヒンの僕はこの温泉をどう言ったら良いのか表現出来ないんです。とにかく普通の温泉ではないんです。
東京から踊り子号で下田まで行って宿から迎のバスの乗ればOKですよ。是非どうぞ。

コンバンハ!!!
よし坊さんは菜の花を目で楽しみ、私は今日お浸しで味わいました。春ですねぇ~~(^o^)

ニセエビですか、さすがよし坊さんの舌はごまかせないということですね。わたしなら “わあ~、きゃあ~、伊勢海老だあ~” と舞い上がってしまうところですけれど・・・・・・・・。

部屋も広くてノンビリできたでしょうね。よし坊さん、角上楼とたてつづけでくつろぎ過ぎていませんか?(^o^)

やはり観音温泉は泉質が良いようですね。
よし坊様のブログで拝見したり、知人の勧めもあり是非一度!と思いながらも
残念ながらも未だ行けておりません、、、、、。
立派な湯殿にも驚きました。温泉三昧にはピッタリの宿ですね。魅力的です。^^
下田の菜の花も満開だったんですね。こちらも見てみたいです。

 ピグマリオン、かねてよりチェックしておりました。

 じっくり拝見いたしました。
 お風呂の一番乗りはいいですよね~
 独り占め気分がなんとも言えません。

 日帰りでも良いから、入ってみたい温泉ですが、
 やっぱり泊まりたいですよね。
 長野から行くからには、伊豆一泊ではもったいないので、
 どういうルートで、どことどう組むか・・・
 いつも思案を巡らして、
 結局パス続きなので、いつか必ずと思っています。

ごくらくとんぼ様
菜の花のお浸しですか〜花より団子で、見るより春を食べてしまう方がより強く春を感じるでしょうね。良いと思います。
伊勢エビ一匹分の身は確かに付いて居るんですよ。ニセエビの上にフワッと二切れの伊勢エビの身がね。「キッタネ〜手つかや〜がって」とシゾーカ弁でクレーム付けようかと手ぐすね引いて待っていたのに女将の挨拶が無し、、、
部屋と温泉は最高でした。次は最低料金の部屋で泊まってみようかな〜。違いがハッキリして良いんじゃないかと思うんです

ニャン様
温泉の臭いというのは全く無いんです。そこが又(゜゜;)エエッと言った感じの温泉でして・・・なんと言って表現したらいいのか思いつかないんですよ。
ずっと昔初めて行ったのは日帰りで行きました。当時は建物の中に風呂場がありました。その後独立して総檜の湯殿が出来ました。その時はスゴイのが出来たと思いました。

うつきよう様
ピグマリオンは湯殿が出来たその後ですね。一度泊まってみたいと思って居たのが安いプランを見つけて初めて実現しました。
通常料金なら展望の利く部屋でしょうから正面に湯殿が見下ろせるのではないでしょうか。お泊まりに成って是非その写真を見せて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59179840

この記事へのトラックバック一覧です: 観音温泉に行ってきました 1:

« トビ もなかなかやるじゃないか!! | トップページ | 観音温泉に行ってきました 2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ