« 角上楼に行ってきました  その1 | トップページ | カイツブリの食事 »

2014/02/14

角上楼に行ってきました その2

Img_6081

 カウンター席から朝は庭が良く見える。 どんな朝食が供されるか楽しみだ。

Img_5965

朝食前に先ずは風呂。磨かれた廊下が輝いている。 左のガラリの戸を開けると新館の風呂に繫がって居る。

Img_6085

お品書きは特になかったがどれも皆美味しく完食した。
茶碗蒸しのように見えるのは豆腐でした。
昨夜の仲居さんでなく若い仲居さんでしたが手際よくサービスをしてくれた。

Img_5881

Img_6093

この古さを求めて通うお客さんが多いのが解る。

本館の角上楼にしかない雰囲気と古さ。ゆるゆると流れる時間。
一寸狭い部屋からは昔し遊郭だった頃の遊女の涙がしみ込んでいるように感じるのも不思議だ。
新館はあの吟遊の設計者だそうですがあえて本館角上楼をこよなく愛するリピーターが多いのです。

Img_5989






額に入った写真の猫の名前はタン。

2年程前の朝ご飯を食べた後姿を見なくなったとの事。

昔から猫は終焉の姿を見せないと言う。

タンもお客さんも共に癒される存在だったのに残念だ。





Img_6095

さて、チェックアウトしよう。前回は此所に赤い大きな番傘が置いて有ったのですが・・・


Img_6099

帰りは観光なし。まっすぐ帰りますが〜道の駅は寄るんですね、、、
あかばねロコステーション

Img_6103

野菜と花がいっぱい売られていました。

Img_6107

そして定番の渥美たまご牧場。アレ?無料のゆで卵がないよ「済みません土日だけなんです」。

Img_6112

 再び道の駅潮見坂に。
僕の目的はこの柑橘。バンペイユだそうです。200円が50円引きで売っていました。
皮が厚くて中身は少々。甘くないグレープフルーツと言った味でした。

ここで最後の野菜。
鶏じゃ有るまいし菜っ葉ばっかり食えないよ〜。
浜松で鰻を食べる予定でしたがお腹が空きません。直帰だ!!
来年も角上楼に行こうと強く思った今回のフグの旅でした。

« 角上楼に行ってきました  その1 | トップページ | カイツブリの食事 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!!!
よし坊さん、いつもより朝食の量が多すぎませんか?(^o^)
これで一人分でしょ\(◎o◎)/!

道の駅、一月五日にどちらも寄りました。いろいろ安くてびっくりでした。
バンペイユが私の時より安くなっていたので羨ましかったです。まだ売っていたのならまた買いに行こうかな。よし坊さんはどうかわかりませんが私はあの水気が少ないところが好きです。

ごくらくとんぼ様
量は多いですよ〜普通では食べられない量でしたが見事に完食しました。
目の前に見たくない顔があるか庭があるかでこうも違うんですね。。。

あかばねロコステーションには「買い占めをしないで下さい、一人○○まで」なんて張り紙がありました。
安い安いと喜んで買って居ましたが来た序でだから良いような物でわざわざ来たらガソリン代が大変だ!!

前回のブログ(角上楼へ行ってきました その1)を拝見していると背後から夫の声。
「その宿は何処?良い宿やなー。河豚も美味そう」私は、渥美半島にあると答えました。
すると夫は、今日(12日)行きたい!と言いだし、角上楼に12日宿泊してきました。
本当に良い宿でしたし、フグもとても美味しかったです。
>本館の角上楼にしかない雰囲気と古さ。ゆるゆると流れる時間。
まさに おっしゃる通りでした。
夫も又、フグの季節に行きたい言っています。本当に良い宿をご紹介いただきありがとうございました。^^

ニャン様
(゜゜;)エエッ これは又驚いた、角上楼に泊まったんですか!!!!
静岡からでしたら気楽に行ける距離ですが滋賀県からは遠いしそう簡単に行ける行程ではないのによくまあ即決したものです。達人のすごさですね。
びっくりビックリ。

高級フグ料理屋と同じ値段で泊まって内容が同じなら断然角上楼ですね。
入館と食事の時以外はほっといてくれる気遣いも良いと思います。

美味しそうな朝ごはん、こちらにも河豚が供されていたのでしょうか。
昔ながらの佇まいのお宿。
廊下もピカピカ、ヒノキの背割りの柱?などなど、
お手入れも行き届いているようですね。
一度、ゆっくり泊まってみたいです。

みやび様
朝は出ませんでしたね。今考えて見れば一切れくらい出ても良かったですね。
良い宿ですよ、静岡からは遠くないですが東京からだと一寸遠いですね。それと車の無い人にはとても行きにくい所です。それだけに価値があるのかも知れません。

 雰囲気の良い朝食ですね。
 朝食は、そうそう目新しい料理があるわけではありませんが、
 それだけに、味が良くわかりますね。
 よし坊様が完食されたのですから、味の良さが想像できます。
 
 バンペイユ、そっけない味と言えば味ですが、
 きらいじゃありません。
 お安いですね~。
 食べたいなあ・・・
 
 

よう様
食パン一枚、生野菜、牛乳だけの朝食がほとんどですから旅館の朝食は僕には多いのですがこの日は完食出来ました。美味かったからは勿論ですが何時もより1時間以上遅かった事が理由だと思います。

バンペイユは皆さんご存じなのですね?知らなかったのは僕だけ?
正規品はとても高いんだそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59120776

この記事へのトラックバック一覧です: 角上楼に行ってきました その2:

« 角上楼に行ってきました  その1 | トップページ | カイツブリの食事 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ