« 角上楼に行ってきました その2 | トップページ | Jリーグの季節がやってくる »

2014/02/17

カイツブリの食事

Abc_9039

 カイツブリが魚を捕まえました。

Abc_9045

みたな〜 と言った感じでこちらを睨みつけました。

Abc_9048

魚も食べられまいと暴れています。

Abc_9058

やっと呑み込みました。
なんだ、カイツブリか と見向きもされないのですがこんな一連の仕種を見て居るととても可愛らしい。

« 角上楼に行ってきました その2 | トップページ | Jリーグの季節がやってくる »

」カテゴリの記事

コメント

カイツブリ好きです。ポコっともぐり、予想もしない場所からポコッと出て来る姿が可愛いです。
しかーし、よし坊様のブログを拝見していて気が付きました。
水に潜るのは、カイツブリだけではないことを・・・^^;
魚も必死! 生きるか死ぬかの瀬戸際です。暴れますよね、もがもしますよね^^;
家の隣の空き地に色々な野鳥が姿を現します。とてもかわいいです。
でも、撮るのは諦めました、、、、鳥の速さについていけません、、、、

 水辺の鳥はどれも珍しいですが、
 カイツブリも、名前だけは知っています。

 2枚目の、目つきがいいですね。
 思わず笑っちゃいました。

ニャン様
ハハハその通りですね。それぞれが生きるために必死です。
しかし彼らは自分が満腹なら大好きな獲物が隣にいようが食べる事はしないのがエライというかスゴイです。川鵜は別ですが、、、
200mm位の望遠をお持ちならジッと動かず待っていれば必ず近くに来て止まってくれますから写すチャンスは有ると思います。一度お試しを。

うつきよう様
どんな事からこの名前が生まれたのか知りたいですね。
一瞬の動きを切り抜くと面白い場面が沢山あります。
そして偶然生まれる面白さもあります。


ずっと以前に 広島の野鳥の会の人に教えてもらったのですが
カイツブリは 「掻きつ、潜りつ」ということから 名前がついたと言われているそうで
魚などを捕まえる時、翼を使わず、足の水かきを利用して 掻いて潜るそうです。

もし奇跡的に 私が自分で撮影できた時のために メモメモしていたのですが、
肝心のカイツブリに会えそうもなく 写せそうもなく、よし坊様のブログに便乗させていただきました。
偉そうに言っていますが、間違っていたらすみません。

shinmama様
返事が遅れて申し訳御座いませんでした。温泉に行って居ました。

成る程その通りかも知れませんね。何故ならカイツブリの足はもの凄く後ろに付いて居るようでグイグイと力強く水中を進むのには適しているかも知れません。
奇跡的に!なんて言わないで是非御自分で撮って下さい。傑作のお披露目をお待ちしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59129581

この記事へのトラックバック一覧です: カイツブリの食事:

« 角上楼に行ってきました その2 | トップページ | Jリーグの季節がやってくる »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ