« Jリーグ史上初の無観客試合 | トップページ | ナビスコカップと無観客戦 »

2014/03/21

翁草が咲いていた

Img_7110

 3月初めフト気がつくと翁草が咲いていた。

Img_6860

我が家の庭の最も眼に付かない所で毎年ひっそりと咲くオキナグサ。
例年1ヶ月以上次々咲き続けて楽しませてくれる。

« Jリーグ史上初の無観客試合 | トップページ | ナビスコカップと無観客戦 »

」カテゴリの記事

コメント

 花弁の濃いワイン色と黄色の葯の対比がきれいですね。
 
 野生のものは、国の「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されている、
 貴重な花ですね。
 よし坊様宅のお庭なら安全で、
 オキナグサものびのび咲けますね。
 実物見てみたいです。


何とも 名前に反して ビロードのような ゴージャスな感じがする花ですね。
宿根草は 毎年 律儀に姿を見せてくれるのがかわいいので好きなのですが、
我が家では せいぜい白いヒガンバナくらいです。

まぼろしの野草、、と呼ばれている植物が 
ご自宅のお庭で育っていることがすごいことですね。

うつきよう様
ビロードに綿毛の被ったオキナグサ。ひっそりと咲く所に良さがあるように感じます。
今日は更に花数が増え一寸窮屈そうに見えました。
種が飛んで年々増えています。

shinmama様
翁草に会いたくて(2009年5月7日)のブログを読んだ読者が種を届けてくれ其れが上手く咲いてくれるようになりました。
北アルプスの展望台と言われている霧訪山に登り初めて目にしたオキナグサでした。あの頃妻は元気に歩いて居たのに今は歩くのはイヤと山には見向きもしません。

(年々、株が増えていくのかな?)とお尋ねしようかどうかコメントを迷っていたらここで回答が見つかりました。花の大きさはどれくらいあるんでしょうね。
それにしても高貴な色合いですね。自然ってすごいと思います。

ごくらくとんぼ様
花びらの一番広がったところで精々2cm位です。今は重なって沢山咲いています。見応えがあります。
元々地面から10cmくらいしか背丈がありません。其れなのに花が下を向いていますので花びらを撮るのがとても難しいです。

翁草、毎年 よし坊様宅の庭に咲く花。
何時かこの目で見てみたい、花の一つです。
庭先の目立たない場所でひっそりと、、、、
花の色がその控えめな状況を表しているような気がしますが
何とも愛おしい花に感じます。

ニャン様
近ければ花のタネを差し上げるんですがね。咲き終わると綿毛になって種が沢山取れるんです。みんな何処かへ飛んで行ってしまいます。飛んだその先で咲いてくれていればいいのですが雑草だと思って抜かれるか痛めつけられて終わってしまうのではないかと想像しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59303706

この記事へのトラックバック一覧です: 翁草が咲いていた:

« Jリーグ史上初の無観客試合 | トップページ | ナビスコカップと無観客戦 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ