« トビが何かを捕まえている | トップページ | ある日の出来事 »

2014/03/14

花見と蕎麦と

Img_6947

 今年も美和桜が満開を迎え一足早い静岡市内の花見に出かけた。

Img_6951

妻は早速花より団子・・・では無くて野菜の買い出しですか?

Img_6992

安倍川の土手沿いに桜並木が続く。

Img_7022_2

お昼は「笊蕎麦 つど野」で蕎麦を食する予定です。

Img_7017

市内からズット奥まった津渡野に有るこの蕎麦屋は翁で修行して店を出した「小邨」に弟子入りし「つど野」を出店した。
余程の蕎麦好きでなければわざわざ食べに行くにはいささか遠い所にある。

Img_7026

店内はテーブルが5席と和室に座卓が2席で広々として居る。

Img_7038

ざる蕎麦840円(税込み)。先ずは何も付けずにそのまま食べ、次に汁を付けて食べる。
「ウ〜ン、良いね」

Img_7044

翁の系統そのもので、やや固めの腰の確りした蕎麦が綺麗に切られている。欲を言えば蕎麦の香りがもう少ししても良いと思った。
汁は鰹の旨みも確りしたやや濃いめ。そば湯で割って飲んでもキチットした味がした。

Img_7048_2

量は翁や小邨より多いが男には少々足りない。大盛りがないので2枚注文するのだが有難い事に二枚目が出る時には汁と薬味が改めて出されるのが嬉しい。

メニューは、ざる蕎麦(もり)と焼き味噌しかない。焼き味噌を肴に日本酒(お酒は数種類有る)を飲むのは酒好きにはたまらない事だろう。

« トビが何かを捕まえている | トップページ | ある日の出来事 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

美和桜って華麗ですねぇ。とっても豪華です。
先日、掛川でもお城の下の逆川沿いに『掛川桜』が咲いたとニュースでやっていました。遠目に河津桜とそっくりなのでどこが違うのかと思ったら河津桜より一週間ほど開花が遅く、花が下を向いているそうです。いつも車で通過してしまうのでじっくり見てありません。

津渡野って静岡駅から見てどちら方向ですか。以前井川へ通じる道沿いの大間地区で縁側カフェに寄ったことがありますが・・・・・・・・・。

ごくらくとんぼ様
掛川桜のニュースをやってましたね。僕も見ました。命名した!なんて言っていましたね。
これからはソメイヨシノが咲くまでの間人気が出て、最近は落ち目の掛川城に人が沢山来ると良いと思います。
花が下を向くとも言って居ましたね。下から見る人間にとって好都合で其れも人気になるかも知れませんね。
津渡野は安倍川の左岸(下流から見て右)を遡り牛妻を越た先から右岸に渡り更に上流に行った先です。
美和は津渡野のズット手前の右岸沿いです。わざわざ見に来る程の物ではありません。掛川桜の方がスケールが大きいのではないですか?

 色が濃くて、桃のような花の付き方をする桜ですね。
 ソメイヨシノはこれからですか?
 桜も種類を変えて長く楽しめますね。

 おいしいお蕎麦屋さんはいろいろありますが、
 「翁」の蕎麦は、長野では縁がないかな? と思っていましたところ、
 軽井沢の隣の御代田に、
 高橋さんに「翁」の店名を許された 「浅間 翁」 というお店があるのを知りました。
 御代田なら遠くないですし、
 そろそろ雪も減ってきたことですし、
 行ってみたいと思っています。
 

うつきよう様
測候所の発表はまだですが早いソメイヨシノは咲き始めました。
菜の花と翡翠狙いが取れる時季ですし直ぐに桜と翡翠の時季でもあるのですが体は一つですしあれやこれやと忙しくて思うようにいきません。
「浅間翁」(!o!)オオ!僕にとっては初耳ですがこれは是が非でも詳細な報告ブログを期待します。
楽しみです。

色鮮やかな桜ですね。とても綺麗です。
美和桜、また、ネーミングが良いですね。桜にも色々種類があるんですね。
早咲きの桜から遅咲きの桜まで、長い期間、お花見が楽しめるなんて嬉しいですね。
此方は今朝も粉雪が舞い桜は何時?という感じです。
よし坊様、ご紹介のお蕎麦屋さんは間違いなし!!いつの日かのためにメモをしておきます。

ニャン様
そうですね、河津桜ほど濃くなくソメイヨシノより濃い。良い色していると思います。
美和の人達が一生懸命育てているんですがいつ頃植えたのか知らないんです。気がついたら桜並木が出来ていた!と言った感じです。
雪ですか?大変な違いですね。ここ数日、日中は暖房要りません。とは言っても鳥撮りの最中はまだまだ冬の服装のままです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59281184

この記事へのトラックバック一覧です: 花見と蕎麦と:

« トビが何かを捕まえている | トップページ | ある日の出来事 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ