« 撮れた〜!!!!!!!!! | トップページ | 朝ラー »

2014/04/18

駒止の桜

Img_7951

 富士宮に有る駒止の桜が六部咲きだと報道されていた。
久しぶりに行ってみようかとその数日後に訪ねた。満開直前 誇らしげに綺麗な姿で咲いていました。
別名 狩宿の下馬桜 と呼ばれ日本五大桜の一つです。
樹齢800年は優に越す古木で以前はもっと大きかったのですが度重なる台風などで折れ今の姿に成って居ます。
五大桜とは 山高神代桜 石戸蒲桜 三春の滝桜 根尾の薄墨桜 と駒止の桜です。

この内見て居ないのは埼玉県北本市の石戸蒲桜で何れ行きたいと思って居ますが未だ実現しません。

Img_7966

桜の奥にデンと構えた井出家の建物があります。

Img_7985

井出家の前には高麗門がありとても立派です。
この門を潜ると母屋がありますが今も住んでいます。
昔 源頼朝が巻狩りを行った時、井出家に本陣を置き桜の前で馬を止め下馬した事から“狩宿(地名)の下馬桜”又“は駒止の桜”と呼ばれるように成ったと説明があります。

Img_7997

門から目の前の富士山を・・・頂上が隠れてしまった、、、残念

Komadome001

雲がなければ富士山はこんなふうに見えるのです。2001年4月16日撮影。

Img_8013

門から振り返って駒止の桜を見ます。
近くには菜の花が綺麗に咲き駐車場もあり以前来た時とは見違える程周辺が整備されていました。
そして甘酒を振る舞い、農産物を売り、食事を提供する店もあり大変賑わっていました。

« 撮れた〜!!!!!!!!! | トップページ | 朝ラー »

」カテゴリの記事

コメント

駒止の桜・・・・・県内に居ながら初めて知りました。恥ずかしいです^_^;
五大桜の中に入っているとは誇らしいことですね。
2枚目の写真の菜の花と桜と高麗門がとても和みます。

 存在感のある、立派な桜ですね。
 色も良く、姿も良いですね。

 五大桜のうち四か所はご覧になっているんですね。
 それもすごいです。

 見に来る人が増えると、
 桜の根元が踏み固められてしまわないかと気になりますが、 
 ちゃんと囲われていて安心ですね。

 自分ではなかなか見に行くことができない桜を拝見できて、
 ブログはありがたいです。

 残るは北本市の石戸蒲桜ですね。
 五大桜のそろい踏み、いつかぜひ拝見させてくださいね。

ごくらくとんぼ様
アレレ 行った事なかったですか、良い桜ですよ! 枝振りも昔より良くなっていると思います。
ネットが普及する以前は早すぎたり遅すぎたりして中々満開の時にぶつからなかったですが今は楽になりました。
来年は是非駒止の花見にお出かけ下さい。

うつきよう様
ずっと昔、囲いは無かったのですが何時の間にか出来ていました。これで一安心ですね。
神代桜は6×7のカメラの時代に数回、デジタル写真が無いんです、、、薄墨はデジタルに成ってからは1回、滝桜は1回だけですがJTBのパック旅行で行って見事ドンピシャでした。残りの石戸蒲桜はなんとかしないと・・・
そろい踏みを出すんですか〜重圧でつぶれそうですぅ、、、

五大桜、いづれも見たことがなく、「五大桜」と呼ばれる桜があることすら知りませんでした。
見事な枝ぶり、歴史を刻んできただけあって 表情豊かな桜ですね。
間もなく、関西の桜も終わろうとしています。
五大桜、メモっておいて・・・・でも何時いけるかな???
満開を予測するのは難しいですが見てみたいです。^^

ニャン様
そうでしたか5大桜、ライブカメラや観光情報などネットを上手に使ってドンピシャリで行ける時代に成りましたから外れはないと思います。
今まで見た中で最も良かったと思うのは滝桜でした。

妻は桜を見るのが好きで次は川越の観光をしながら石戸蒲桜に行きたいと言っております。


五大桜の内の一つ(山高神代桜)しか見ていません。(笑)

まずは 三大桜から制覇しようと思っているのですが、
開花の時期が微妙にずれているので、ツアーの申し込み日の選定が難しいですね。 

桜だけでなくお天気の良い日には 富士山が一緒に見れるとなると
この桜は必見ですね。
よし坊様のお陰で 今年の開花時期がわかりましたので それを参考に、、、、。

自分で行くのなら桜に合わせて行くことができるのですが、
ツアーは 競馬のように予想をしなければならないのが辛いです。

shinmama様
過日カキコしましたが神代桜は朽ち果てる寸前に成ってしまいましたが良くあそこまで生き返ったと感心し、地元の人達の努力が報われたと思います。
滝桜は5月の連休に行きましたが早い年なら咲き終わってしまう時季、見事な咲き具合に大喜びして帰って来ました。早く行った人は見事な枝振りを見て帰ったとバスガイドが説明していたのも旅の思い出の一つです。
東京からでしたら新幹線→JR→バスと乗り継いで“今日しかない”という日に行かれても良いですね。
競馬の予想は外れるのが当たり前、田畑売っても蔵建てた人は居ませんから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59485503

この記事へのトラックバック一覧です: 駒止の桜 :

« 撮れた〜!!!!!!!!! | トップページ | 朝ラー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ