« とん唐てん | トップページ | 改修工事 »

2014/06/04

浜名湖花博へ

Img_9404

 フラワーパーク会場とガーデンパーク会場の2ヶ所から成っていますが訪れたのはガーデンパーク。

以前の花博とは逆に園内を回ってみようと思います。

Img_9416

Img_9437

Img_9441

Img_9452

Img_9455

Img_9458

園内は船も有りますがこれに乗っても花は遠くに見るだけです。

Img_9476

Img_9486

Img_9524

モネの睡蓮の池はそのまま残っていますが睡蓮の花はもう一寸後の方が良さそうでした。
2004年の浜名湖花博の時は大変な人気で池を一回りするのも大変でしたが今は楽に回れます。

Img_9544

Img_9560

Img_9589

お客さんも沢山来て居ます。

Img_9590

Img_9604

マクロレンズを持って居ないので近接撮影は一枚もなし。負け惜しみです。
くやし〜い

« とん唐てん | トップページ | 改修工事 »

」カテゴリの記事

コメント

今年、早春、浜名湖へ行ったとき「花博」が行われると知りました。
みてみたいねぇ~、そういいながらも、行けないままに花博も終わってしまいそうです。
よし坊様のブログで、華やかな博覧会を見れてよかったー。^^
モネの睡蓮の池は、話題の中心でしたものね。
色とりどりの花、美しさを満喫させていただきました。
昨日までの暑さがウソのように涼しい今日。
気温の上下の差に花も戸惑っていそうです、、、、、^^;

 以前、花博は、万博みたいに一回きりかと思っていました。

 花の色がとっても鮮やかですね。
 カメラもレンズも良いのでしょうね。
 マクロじゃ、こういう写真は撮れませんよお。

 
 
 

ニャン様
第一回の花博は確か“国際”が冠について規模も大きく華やかで資金の投入もすごかったです。
例えば「バオバブの木」も有りました。あのバオバブの木はその後何所に行ってしまったのでしょうか。熱帯植物園にでも行って元気に生長して居ると良いのですが。

睡蓮の池の橋は植物に生い茂られてイメージが少し変わってしまいましたが当時の面影を残していて相変わらず人気はあります。
直ぐ手前のバラ園もなかなか人気でした。

うつきよう様
第一回花博のベースをそのまま使っていてその後は地元の人が花壇を育てたり清掃ボランティアをして居るようです。
2回目も行きましたが規模は一寸小さく今回の3回目はマズマズ。
今回二ヶ所の会場を回った人の話ではフラワーパークの方が見応えがあったと言っています。
残念、回れば良かった。

カメラはデジキスです。それに暗いセットレンズを付けて、、、1-Dは重くて、、、


広島に 「フラワーフェスティバル」というイベントがあり、
毎年 5月の連休に 全国から大勢の観光客でにぎわいます。
でも 「フラワー」とは 名前ばかりで 花車 と 花の塔ができ、
あとは 鉢植えがメイン道路に並ぶ、、という程度なので
花いっぱいだろうと期待してこられた方には 大変 気の毒なイベントなんです。

でも さすがに博覧会、となると 本当にお花がメインで 本物ですね。
先日教えていただいたバスで、、、と思って調べたら 15日までなんですね。
残念 もう一週間 遅くまで開催してくれれば、、、。 

shinmama様 
1990年に行われた大阪花の万博にshinmama様は行かれましたか?僕は行けなかったのですが同じ年か翌年カナダのブッチャートガーデンに行った時同行の人が「個人経営なのにこっちの方がよっぽど綺麗だ」と言って居ました。もし未だのようなら是非行かれると良いですよ。

素晴らしい花と庭園を見る事が出来ましたが何とカメラを忘れてきてしまいその記憶は頭の中の思いでだけに成ってしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59730751

この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖花博へ :

« とん唐てん | トップページ | 改修工事 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ