« 季節は すっかり変わり | トップページ | 浜名湖花博へ »

2014/06/02

とん唐てん

Img_9355

 とん唐てん・・・?ナニそれ?

浜名湖花博に 何回も見に行った人も居ると言うのに我が家は未だに行けず、このままでは終わってしまうからと慌てて見に行く事にした。
しかしその前に昼飯を食べようと向かった先は浜松は佐鳴湖近くのトンカツ屋「とん唐てん」。

Img_9326

数週間前TVで紹介していた店。美味そうだな〜と思い、屋号も変わって居て何となく頭に入っていた。
予約の電話をすると「予約は受けていません、回転率も高いし席も沢山有ります」との事。

Img_9346

カウンター席とテーブル席のどちらがよろしいですか?と聞かれ迷わずカウンター席に。
これが大正解。厨房がソックリ見渡せる。

Img_9339

Img_9342

店内はとても洒落た作りになっていた。

Img_9360

Img_9363

Img_9366

店の名前は『とんかつからてっぺんに登り詰めたい』と言う思いで付けたとの説明に始まり、養豚場に足を運び勉強し、一黒軍鶏(いっこくしゃも)との出合いでトンカツと親子丼専門店を開業したとの説明がある。

Img_9397

目の前にいるのがご主人だ。

Img_9372

妻の頼んだ【とんかつ定食小】店員が「御飯も小さくできますがどうしますか?」と聞いたので、それなら小さくして下さいと頼んだ。税別1,500円。
因みに一番人気は上トンカツ定食2,300円。他には特吟とんかつ定食(肩ロースの最高部位使用・グラム数UP 一頭で4人前しか取れません)。

Img_9387

信じられない程分厚い。厚いにもかかわらず確り火が通っている。サクサクでフンワリだ。どうやら揚げ方に秘密があるようだ。
妻は美味いと盛んに褒めている。

Img_9377

僕の頼んだ【一黒軍鶏特製炙り親子丼 新感覚親子丼フォアグラ入り】税別1,800円。(軍鶏の手羽先・手羽元・モモ・ササミ・ムネ・ホルモン軍鶏の全てが詰まった一杯!)と添え書きがあった。

Img_9381

軍鶏は固いとの先入観を捨てなくてはならない。何故ならパクッと食べるとトロケルように身が柔らかで骨もツルッと取れてしまう。
炙られてコンガリとした香りと共に好みで掛ける黒山椒と上手に絡んで美味いの美味くないの!!黄身をプチュッとつぶして御飯や他の部位に絡ませフォアグラまで頂いちゃうとは何とも贅沢。欠点は甘くないぃ、、、
軍鶏と玉子だけで甘みを出そうと目論む店主の作戦勝ちで、辛党は文句なしの点数を付けるだろう。

Img_9392

好きな量だけ軍鶏スープを入れヒツマブシ風にどうぞと言われた。それは邪道だとバカにしてほんの一寸だけ作ってみた・・・ら・・・「うまいじゃん」(これ静岡弁)薬味とも相性が良くて 良いね!!!
隣の人に【とんかつ定食】が運ばれてきたのを見てブッたまげた。25cm×13cm位有りそうでしかも分厚い。とても美味そうにサクサクしながら食べていた。
TVで出取り上げた店にしては久々のヒット店だ。良い店を見つけましたがわざわざこれを食べるだけで来るにはいささか遠すぎます。序での時だけだな!
さて、花博に向かおう。

« 季節は すっかり変わり | トップページ | 浜名湖花博へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ネーミングといい字体といい、いかにも美味しそう!
凄くお肉にこだわっていますね。
私もとんかつ大好きなので行きたいです。
もう少し近ければ・・・。

他府県から浜名湖へ観光となると昼食は「うなぎ」と思ってしまいます。
が、!! トンカツに親子丼ですか? 目からうろこです。
トンカツも脂身が美味しそうに見えます。分厚いのに柔らかい。理想的ですね。
軍鶏のすべてが詰まった親子丼、珍しいですね。
炙りの焼き目が食欲をそそりますね。^^
花博は行ったことがありません。楽しみにしています。

みやび様
お元気でしたか〜。更新しないので心配しておりました。
そおですね、其方からは一寸遠いですが美味しい鰻とセットで食べに来て下さる事をお待ちしております。

ニャン様
鰻・・・当然そう考えます。
夕飯は あつみ の鰻も考えました。しかし予約時間に束縛されて花博を省略したり或いは無理に時間稼ぎしたりするのはイヤだな〜と思って鰻は止めました。


そおなんです炙りが有るから味や香り、そして見た目のアクセントも良くしているんですね。よく考えた一品だと思います。

 久々のヒットですね。
 「TVで紹介された」というと、TV仕様じゃないの? とつい疑ってしまいますが、
 まっとうで、拝見しながら良かった良かった、と頷いてしまいました。
 みやび様と同じく、 「行きたいです。 近ければ・・・」
 
 あつみ のウナギも捨てがたいし、
 迷ってしまいますね。

うつきよう様
そうですそうですTV仕様、アレはイイカゲンにしろ!ッと言いたくなりますね。TV画面を写真に撮って当日違ったら文句言う、そうしたくなる程腹が立ちますね。しかし、此所はそうではなかったのも嬉しいです。
うつきよう様の所からは特に遠いですね。途中下車して あつみ なら歩いて行けますが とん唐てん はそうはいかないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/59730296

この記事へのトラックバック一覧です: とん唐てん:

« 季節は すっかり変わり | トップページ | 浜名湖花博へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ