« ミスタヤ&アシニボインの旅 2 | トップページ | ミスタヤ&アシニボインの旅 4 »

2014/07/26

ミスタヤ&アシニボインの旅 3

Img_0752

 眼が覚めるとなんと其所には真っ青な空が広がっているではありませんか。
今日は良いぞッ!!と胸躍る朝を迎えたので有ります。

Img_0760

朝食は先ずカットフルーツにヨーグルト。僕は更に蜂蜜をタップリ掛けた。

Img_0772

なんだったか?

Img_0777

ベーコンの焼き加減は僕の好みにぴったり合って固すぎず柔らかすぎず。
残りが有ればお代わりも出来ます。

Img_0786

朝食が済むと昼食材料が列ぶ。並べているのはオーナー。

Img_0799

朝昼晩と生野菜がタップリ食べられる秘密はこれだ。
なんと、野菜を栽培して居るではありませんか。

Img_0800

これがそのグリーンハウスで温室効果もバッチリの建物。

Img_0812

さあ、出発だ。
昨日とは反対の方角に進む。

Img_0821

見事に晴れ渡った青い空が眩しいばかりだ。

Img_0828

特徴のある山が見えて来ました。Mtフォーブスです。
※拡大できます

Img_0830

今日は変化のある道が続きます。

Img_0836_2

花を撮り、小休止をし、景色を眺めなんと素晴らしいトレッキングでしょうか。

Img_0839

おや?特徴のある岩盤が見えます。
氷河で削られ悠久の時を刻んで市松模様の割れ目が出来其所に苔などの植物が息づいたようです。

Img_0850

岩と思えば又花畑。

Img_0866

Img_0876

Img_0885

Img_0889

今日の最高地点は直ぐ其所、ガンバレ〜山大将!!

Img_0894_2

Mtベーカーも目の前に迫り氷河に手が届きそうです。
雄大な景色を見ながらの大休止はなんと贅沢な事でしょうか。
※拡大できます

Img_0911

雪又雪の道をフワフワサクサク

Img_0922

子供のようにワイワイ言いながら下る下る又下る。

Img_0924

フト見上げれば巨大な雪庇。

Img_0948

見飽きない景色又景色と続きます。
山上湖が見えて来ました。レプリカンレイク。

Img_0979

そして、ロングシャドーレイクの前で山大将と記念撮影。
なんと綺麗な山上湖ではありませんか。

Img_0985

さらにストーンバードレイク と続く。

Img_0990

ポッカリと口を空けた岩穴に滝の水が流れ落ちます。
出口は2キロ先にあるそうですよ。

Img_1001

花と山に囲まれたこんな素晴らしい所がヘリで簡単に来てしまうカナダの雄大さを満喫できます。

Img_1007

今日の景色もソロソロ見納めかな?

Img_1041

林の切れ目でポッカリと広がったその先には なんとミスタヤロッジが見えるではありませんか。しかもその先にはMtフォーブスが。
心癒す一幅の絵のような光景にどの顔も笑みがいっぱいなのです。

Img_1052

さあ、ロッジに戻りました。

Img_1055

おやつは のり巻きでした。
しかしシェフには申し訳ないのですが御飯がクチャクチャで、、、一つだけ頂きました。
誰か御飯の美味しい炊き方教えなくちゃ何時までもこのままですよぉ、、、

Img_1059

サクランボもあります。
コーヒー紅茶などの飲み物は何時でも自由に飲む事が出来ます。

Img_1078

夕ご飯が始まりました。先ずは野菜サラダ。

Img_1084

メインはポークだったと思います。

Img_1090

そしてデザート。

Img_1163

今日は夕日の撮影にヘリポートに立ち時の来るのを待ちましたが蚊に襲われて大変でした。

« ミスタヤ&アシニボインの旅 2 | トップページ | ミスタヤ&アシニボインの旅 4 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント


スイスだけでなく カナダでもアーベントロートの翌日は快晴という法則は成り立つのですね。
「例年より雪が残っていて、花の数が多い」これも 同じだったのかな?

どの画像を拝見しても あまりの美しさに ため息が出ます。
私なら、この景色を見ることができたら、残りの日程が全部雨でも満足しますけど、、、
よし坊様の事ですから 晴天が続くのでしょう。

サイトを見ると 山小屋の定員数が12名と記載があったのですが
もしそうであれば よし坊様たちの貸切状態だったのでしょうね。

shinmama様
実は今シーズンはじめのお客さんとして我々が入りました。リーダーを入れて9人でしたからもしかすると他のお客様も一緒かな?と思ったのですがフタを開けてみたら貸切でした。

雪が多いと開花が遅れた分一斉に咲くんでしょうか?花の事は詳しくありませんが見渡す限りお花畑でしたね。
ン、、、マア天気は良かったのですが火事の煙がね。
山火事に対する考えが日本と全く違う事に驚かされるんです。

 きれいですね~!

 どう言葉を尽くしても
 陳腐な表現にしかならないので、
 黙って、眺めています(笑)

 蚊なんていそうもない標高に見えるのですが・・・

うつきよう様
有難う御座います。
一見にしかずですね。うつきよう様もぜひカナダのトレッキングに行かれると良いと思います。
登山の常識が変わります。

こんにちは!!!
絶景の中にたたずむロッジ、憧れます。こんな所でしばらく逗留すれば私の邪悪な心が浄化されるような気がします。山梨か長野にこんな景色があればすぐにでも行きたいのですが・・・・・・^_^;
残雪の峰々と見たことも無い花々に今日もうっとりさせていただきました。

ごくらくとんぼ様
おやおや今度はこちらにカキコ、有難う御座います。
おかしな事に廃業してからは山梨も長野も行っていないんですね。今日のカキコを読ませてもらって行きたくなりました。八ヶ岳高原・軽井沢・・・良いな。

ミスタヤ&アシニボインの旅1、2、3と拝見読しました。絶景に絶妙のカメラアングルとコメント。味わい深い静岡県人のブッショタイ顔からにじみ出るものと推察しております。ブッショタイ顔の口から出る言葉が又素晴らしい。他県の方にもツーカーで理解でき汗ダラダラでした
 牢名主様には逆らうことはできませんでしたが最高に楽しいツアーでした。数あるツアーでこんなにエンジョイできたのは他には決してありません。ありがとうございました。

№4、5,6と続くのでしょうか。心臓がドッキンドッキンして速くなってきました。不安と期待に胸がふくらんでしまいました。早くAED器を借りてこなくちゃあ。
ぜひぜひ私の許容範囲のツアーでしたらご一緒させてください。エンジョイさせてチョー。
それにしてもカナダの山容のスケールの大きさ、ロッジの快適。良い思い出を作りました。

山大将様
イヤイヤ恐れ入ります。褒めてくれているのか遠回しに貶しているのか解りませんがブショッタイ顔が益々ブショッタク成ってしまいます。
歳の功を良い事にすっかり牢名主気分にさせてくれた皆様の巧みさに甘えさせて頂きました。

この顛末記はまだまだ続きます。途中では「もう絶交だ!」と山大将に言われる「今だからこそ話せると言う暴露」も出て来ます。氷枕を用意して読んで下さい。


宮崎のMさんからメールが入りました。詳細は後日報告します。

遅くなりましたが、おかえりなさ~いませ。^^
今年も行かれたんですね。海外トレッキング。
やはり、素晴らしい景色です。そして、よし坊様の人生も素晴らしい。^^V
こんな絶景の中を歩けるんですものね。
黄色いカタクリの花があるんですね。とても可愛く、日本で見るカタクリとは、別の花のようです。
晴天にも恵まれ、今年のトレッキングも絶好調!!ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60032898

この記事へのトラックバック一覧です: ミスタヤ&アシニボインの旅 3:

« ミスタヤ&アシニボインの旅 2 | トップページ | ミスタヤ&アシニボインの旅 4 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ