« ミスタヤ&アシニボインの旅 3 | トップページ | ミスタヤ&アシニボインの旅 5 »

2014/07/28

ミスタヤ&アシニボインの旅 4

Img_1214

 ロッジの外にはハチドリの為に蜜を入れた装置が有り時々飛んでくるハチドリを窓越しに撮った。

Img_1195

さて、朝食が始まる。 カットフルーツや生野菜を好きなように盛る。

Img_1201

僕はカットフルーツにヨーグルトとジャムを乗せ其所に蜂蜜を たらしながら「なんでメープルシロップが無いんだろう」と独り言を言うと後ろから「この辺りはメープルの樹は有りませんから」と、あの部屋の事で大騒動した女性が言うではないか。グッとこらえて「メープルが有る無しにかかわらず此所はカナダだ!!」と腹の中に呑み込んだ。 牛肉が出て来たら「この辺には牧場は無いのにおかしいな?」と言ったら何て言い訳するのだろうかと思ったら可笑しくなった。

Img_1205

ベーコンで縁を作り中に卵が入れてある。これがなかなか美味しい。焼きトマトは不味くはないが冷たいままガブッといきたいなッ、、、

Img_1219

行動食のクッキーと乾燥バナナ・ナッツ類など。

Img_1220

昼食作りが始まった。紫のシャツの人が問題の女性だ、、、

Img_1227

残念な事にご夫婦で参加されたYさん、奥様の体調思わしくなく本日はロッジで休養すると言う。残った7人は元気ハツラツ。
デッキの中央に立つ僕の後ろに背後霊のように付きまとう山大将です。

Img_1233

それでは出発しよう。
しかし未だに火事の煙が、、、

Img_1238

オヤ?前を歩く山大将のザック、ヤケにぺしゃんこだよ?ヒョッとして水と食料とホラしか入って居ない?ホラを沢山吹きたいからッて・・・なんなんだ。「シーッ、リーダーに見つかったらヤバイじゃねーか」と山大将。とっくに御見通しだよぉ。

Img_1242

登るにつれ針のように尖ったセプタースパイヤーが近づきます。

Img_1250

モレーンの中にも花の好きな人には画材が沢山。

Img_1256

コラコラ俺が撮ってる目の前をワザと通るな山大将!!

Img_1270

さて、みんなザックを下ろして・・・

Img_1274

スパッツを装着して居ます。
僕は持って来ません。めんどくせ〜もん。そして持って居ない僕が正しい付け方を教えているんです。ナンダカナ〜〜。。。

Img_1279

さあみんなラッセルして進んで下さ〜い、確りと踏み固まったトレースをスパッツ無しの僕はシンガリで鼻歌歌いながら通らせてもらいま〜す。

Img_1285

意外と良く締まった雪です。

Img_1291

気温はけっこう高く確り歩いていると汗が出ます。

Img_1300

山上湖が出て来ました。名前を忘れました。

Img_1301

湖畔で昼食。
あいかわらず僕は登山靴ではありません。トレランシューズです。軽くて良いよ!

Img_1304

この袋の中に作った昼食を入れます。袋には自分で名前を書き持ち帰ります。良い記念品になります。

Img_1308

目の前の岩が複雑に曲がって居て、造形された太古の昔の造山活動が如何にすごい力だったかが推し量れます。

Img_1319

さて、出発。

Img_1327

今日はアップダウンが何回もあります。

Img_1331

名前・・・忘れた、、、

Img_1340

オヤ?ミスタヤロッジが見えました。

Img_1353

名前・・・ウ〜ン、、、

Img_1359

空が青ければいいのですが相変わらずの火事でスッキリしません。

Img_1372

小さい山上湖が見えます。

Img_1373

目の前の懸垂氷河がスゴイ迫力です。
※拡大できます

Img_1408

モレーン(氷河で削られた岩石や土砂が推石した地形)に置き忘れられた如く残る大きな岩。

Img_1409

山上湖ウイローヘンです。
更にモレーンを進み

Img_1423

橋を渡り

Img_1428

名前・・・ウ〜ン、、、

Img_1434

さて、戻ってきました。

Img_1445

山大将はホラを使い切ったらしくザックがペッチャンコですよ。

Img_1452

Yご夫妻の出迎えを受ける。見た所お元気そうだ。

Img_1455

おやつ

Img_1461

キッチン全景。

Img_1464

サラダと

Img_1474

メイン

Img_1479

デザートです。

Img_1489

ロッジには世界中から来たトレッカーが書き残したノートが分厚い資料として残されていた。

« ミスタヤ&アシニボインの旅 3 | トップページ | ミスタヤ&アシニボインの旅 5 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!!!
今朝、NHKBSでカナディアンロッキーの氷河を放送していました。山上湖に氷河の峰々が映り込んで先日のよし坊さんの写真さながらでした。TVを観ながら改めてよし坊さんの優雅な旅を羨みました。
山大将さんとの掛け合いは十代の悪がきコンビの様で愉快です(^o^)


日本人は 山や湖にすぐ名前を付けたがるけど 
海外では名前のない山や湖が多いそうですから、名前はよろしいのじゃないでしょうか?
美しければ 名前なんて、、、。

にもかかわらず すみません 気になったので 花の名前を調べました。
白い花は チョウノスケソウ(white dryad)ではないでしょうか?
(間違っていたらお許しください)
岩場にくっつくように咲いているのが 健気でいいですね。

まだ火事の煙が、、、すごい山火事だったのでしょうね。
と またまた サイトで検索してみると 
同じ時期に歩かれた人たちが同じことをおっしゃっていますので
広い範囲に影響が出たのでしょうね。

ちなみに カナダと言えば 絶対にメープルシロップですよね。
私が同じことを言われたら 
「え? 知らないんですか? ここにありますよ」 と国旗を指さすなあ。
ケンカを売る気か?(笑)

よし坊様のブログは 本当に面白いです。
山大将のキャラが秀逸ですね。

 山大将さんとよし坊様、
 名(迷?)コンビですね。
 今日は山大将さんに楽しませてもらいました。

 いるんですよね! ひと言がなぜかカチン!とくる人がannoy
 みなさんの楽しい雰囲気に救われますね。

 ところで、今回お持ちになったカメラは一眼ですか? ミラーレスですか?

ニャン様
ブログ更新が無いと淋しいですよ。落ち着かれたら又再開して下さいね。お待ちしております。
残された時間との戦いで一生懸命行かさせて頂いております。お陰様で元気に歩いております。
実は2日間富士登山をしていまして、今帰って来ました。疲れた、、、

ごくらくとんぼ様
ア、そうだったですか見たかったですね。BSは良いのやってますからね。それはそうとNHKで芙蓉の人が始まりましたね。本を涙して読みました。富士山に行っていて返事が遅れてスミマセン。

shinmama様
そお言えば日本人は土地は幾らだとか家一軒幾らだとか聞きたがりますね。自分が買う訳でもないのに。
チョウノスケ?そんなふうに言っていたかも知れません。
火事の煙がズット影響していました。ケムリの影響がない日は真っ青な空が広がるんですが残念だな〜と思う日が続きました。
富士登山から帰ってきました。今回は疲れました。

うつきよう様
おっしゃるとおり迷コンビです。自分も楽しめました。
かの女性は後でも出てきます。
ミラーレスは老眼には使い物に成らない事が解り早々と買い換えました。デジキスの世界最小最軽量。それにセットレンズ(安物)の広角ズーム1本です。Lレンズも持って居るのですが重いので止めました。

連絡有難う御座いました。台風の為一日早く成田入りまで確認をして、お帰りを楽しみにして居りました。連絡を頂き早速ブログを開きましたらもう№4でした。
エベレストにご一緒させて頂いた時お勧めのエスプラナーデに友人と8月3日より行ってきます。今回の素晴らしい山と花の写真満喫しました。
それに皆さんの着ている洋服、装備等大変参考になりました。
次も楽しみに待っています。川崎M子

M子様
書き込み有難う御座います。
エベレストの時は本当にお世話に成りました。自分の眼で見られたエベレストは生涯の宝です。
エスプラナーデ 楽しんできて下さい。ルクラ飛行場を経験すればヘリなんて何ともありません。山火事ももう収まって居る事でしょう。
ヨーロッパやニュージーランドでは味わえないカナダ独特の楽しみ方、きっと満足される事と思います。
Kさんに宜しくお伝え下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60035215

この記事へのトラックバック一覧です: ミスタヤ&アシニボインの旅 4:

« ミスタヤ&アシニボインの旅 3 | トップページ | ミスタヤ&アシニボインの旅 5 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ