« 飛鳥 Ⅱ で | トップページ | 阿波おどり・高松花火クルーズ 2 »

2014/08/18

飛鳥Ⅱ 阿波おどり・高松花火クルーズ 1

Img_4577

 飛鳥 何と響きの良いネーミングだろう。 何時かは乗ってみたいと思って居た飛鳥。思わぬ事から乗る事に成った。

4月、JTBのカタログを見て予てより行きたいと思って居た阿波おどりを見に行く事に決めた。羽田から往復飛行機を使うプランだった。

しかしその後VISAカードから送られてくる冊子に表題のクルーズが有る事が解りプランの乗り換えをした。
しかし此所で大きな壁にぶつかる。カード会社に申し込むと5%引き、JTBに発注しても何の割引もない。担当者にはその旨を伝え必ず負けるようにと念押しして予約金を払う。
最終支払いの直前「JTBのクレジットカードで支払って下さい、5%割り引きます」と言ってきた。冗談じゃない、くれだましのJTBポイントなど貯めても何も成らないと押し問答するもラチがあかず全額をVISAカードで払った。我が家としてはUAのマイレージが貯まった方が価値は大きい。 こんな経緯があった今回の船旅ですが、さてどんな事に成るのやら。。。
乗船チケットが送られてくる。
心ウキウキする事は当然で旅への思いを馳せる楽しい時間であるはずなのに「めんどくせーなー」と言う思いが強くなった。何故なら服装に何かと制約がある。聞いては居ましたがいざとなると面倒なものだ。
更に、申し込んだオプションツアーが抽選になりキャンセル待ち。第二希望を出して下さいと成った。

Img_3775

出発直前台風11号で徳島が大変な被害になって居る。祭りは行われるのか?船は出るのか?
横浜大さん橋へは静岡からは直通バスが便利ですが果たしてバスは出るのか、大幅遅延はないのか?次々問題が出て来た。
スッタモンダのあげく予定より2時間早いバスに乗って無事大さんばし客船ターミナルに到着した。

Img_3767

入り口ではスタッフが代車にスーツケースを乗せて運んでくれ、中に入ると既に多くのお客さんが乗船手続きが始まるのを待っていた。

Img_3787

時間がタップリ有るので鯨の背中(大さん橋)に出てみた。桟橋先端から飛鳥を撮る。左側には日本丸と更に別の船が停泊していたが大きさの差は歴然だった。

Img_3805

近くで見ると迫力が違う。

Img_3817

成る程、此所から乗るんですね。

Img_3829

船尾側から目の前の港みらい地区が見える。

Img_3843

乗船手続きが始まる。
体のご不自由な人、子供連れ、スイートクラスのお客さんが優先され早くも部屋のカテゴリーごとに分けられ此所から丸金丸ビの差がでてしまうのだぁwww

Img_3848

つっかえてます。実はカメラマンが居て全ての乗客の写真を撮っています。勿論売りつける為です。

Img_3858

入り口です。先ほど上から見た所ですね。
カード兼ルームキーをセンサーにタッチして入船します。船内にいる人外出した人、全てをコンピューターで管理していました。

Img_3864

入ると直ぐレセプションが有りました。豪華ですね!!走る豪華ホテルとはよく言ったと感心します。

Img_4098

長〜い廊下が続きます。成る程方向音痴の人は間違える事が多そうです。同じ造りで右舷側左舷側と有り益々こんがらがります。その後解った事はドアに暖簾や人形などを吊して目印にする部屋が沢山有りました。

Img_3868

部屋は7クラス有り選んだのはFステートで下から二番目のクラスです。Fステートとロイヤルスイートは何と4倍の値段です。
Fステートは躊躇無く決めました。妻の同級生が飛鳥で世界一周を二回もしていますがFステートで充分、専用バルコニーで日がな一日ボーッとして居る事は無いと言い切っているからです。
更に短期のクルーズ経験者もバルコニーは要らないと盛んに言っているのです。

Img_3872

はめ殺しの窓ですがすぐ前はプロムナードデッキで、ジョギングする人、ウォーキングーする人を見下ろす事が出来ます。

Img_3881

Img_4102

バスタブはやや小さめでしたので

Img_3912

専ら大風呂を使っていました。

P1000001

最上階にある大風呂は見晴らしも良く運動して汗をかけば入る。食前や寝る前に入ると日に何回も入りました。

Img_3887

さて、クルーズ初体験の人の為にオリエンテーションがありました。

Img_3901

終わると直ぐに避難訓練がありました。乗る船が決まっていました。点呼がありましたのでサボるとばれちゃいます。行って良かったぁ。

Img_3921

いよいよ出港です。7Fプロムナードデッキではスパークリングワインやソフトドリンク(セイルアウェイ・ドリンク)が振る舞われます。

Img_3934

テープも配られますが風が強くてなかなか桟橋の見送りの人まで届きません。

Img_3976

飛鳥を押したり引っぱったりしていたタグボートが離れて行きます。

Img_4009

ベイブリッジを潜り抜けます。
心配していた台風も通り過ぎすっかり良い天気になった横浜大さん橋を出航したのは定刻17時、徳島には翌日14時入港予定です。

Img_4029

船内を一通り回ってみました。カジノです。

Img_4032

囲碁将棋・写真は有りませんが麻雀サロンも有ります。

Img_4039

ライブラリー

Img_4035

Img_4040

Img_4043

各種ショップと写真屋(ホトショップ)も有ります。

Img_4046

ビストロではコーヒーなどソフトドリンクと時々無料でフルーツやケーキなどが食べられました。

Img_4052

子供向けの大道芸など様々な行事もありました。

Img_4090

夕食時間は2回制で我が家は19:45分からに指定されていました。1回目の17:30からは丁度夏休みでもあり子連れを優先した計らいがあったようです。お陰で騒々しくなく静かに食べる事が出来ました。

Img_4056

テーブルは自由席でしたがギャルソンが案内してくれます。其のギャルソンは男性フィリピンかインドネシア人ばかりです。
今日の服装は『カジュアル』でジーンズTシャツ短パンなどで無ければ良いとの事で気が楽でした。

Img_4066

Img_4068

Img_4072

Img_4075

Img_4081

Img_4084

メニューを撮り忘れていて何だったか思い出せません。
飛びきり美味しい訳では有りませんが充分完食出来ます。
アルコール類は有料ですがジンジャエールを始めソフトドリンクは無料でした。

Img_4095

食後カジノを楽しんで居る人も居ます。
他にはダンス・カラオケ・映画など無料で楽しめるものが目白押し。
有料で鮨やバーカウンターもあり人それぞれに楽しんで居ます。
船は台風の影響で揺れ、時々ドンとスゴイ音がします。廊下を歩いていても右に左にまるで酔っぱらいが歩いて居るようになってしまいますが船酔いする程ではありません。船酔いの薬はレセプションに置いて有りました。
かくしてクルーズ初日は過ぎて行きました。

« 飛鳥 Ⅱ で | トップページ | 阿波おどり・高松花火クルーズ 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


外国船と違い日本語で放送があり、
困ったことがあっても 日本語で対応してもらえると思えば
初めてのクルーズでも安心でしたね。

日本船も外国船もクルーは フィリピン人かインドネシア人ばかりです。
彼らの給料は 日本人の6分の1くらいであるうえに、
英語が話せるので重宝されるようです。
私が クルーズの時には 英語でなくフィリピン語で簡単な挨拶をして
すぐに担当クルーと仲良くなれる理由がそこにあります、、、
と偉そうに。(笑)

廊下を歩くときに 「おっとっと。 おととととと」 と揺れに合わせて歩くのが面白いですよね。
それは揺れがかなり大きなラフの状態だったのでしょうが、良く船酔いをしませんでしたね。
すごいではありませんか。

飛鳥のショートクルーズでも 厳しいドレスコードがあったのですね。
世界一周でも 外国船に比べるとフォーマルの日は 5分の1くらいの回数しかないというのに、、、。

shinmama様
ギャルソンに思わず英語で「醤油ちょうだい」なんて言ってしまい自分で苦笑いをしてしまいました。
部屋の掃除もかの国の女性ばかり。それも日に2回ですから大変だ。
そおか!フィリピン語を片言知っていると良い事ありそうですね。
船酔いの薬は山のように置いて有りましたがもらって居る人は見かけませんでした。船が大きいと揺れが少なくて良いですね。
ホーマルは一日もありませんでした。あれば躊躇無く紋付き袴です。タキシードは持って居ませんから。でも妻が困るよな〜ちぐはぐな服装に成ってしまうと。。。着物買って下さいなんて言われたら困っちゃう。

 飛鳥に乗ったことのある知人が、
 「他の人にうっかりお部屋がどこか聞いてはいけないのよ。 グレードがわかっちゃうから」
 と言っていたのを思い出します。
 やっぱりそうなんですかね。
 
 大きい船内とはいえ、閉鎖空間ですものね。
 お客様を飽きさせないように、
 エンターテイメントは充実していますね。

 クルーズの様子を拝見できて、興味津々です。
 物見高い読者のために、いろいろご紹介くださいね。

うつきよう様
その通りですね。階数でグレードが解りますから。
主な施設は5・6Fに集中して居ますから7Fの人は運動不足解消の為歩くのが一番です。
ついつい過食して居ますから運動は欠かさずやっていました。雨や強風でデッキがクローズになればトレーニングジムで。妻はその間セッセと艦内探検とイベント参加、そして買い物・・・
女性は時間が足りないだろうと思います。

流石に豪華客船。船内の施設も充実していますね。
お買い物好きの女性には飽きない船でもあるんですね。
私は欲しいものがない限り、ウインドーショッピングはしない方です^^;
夫の方が買い物好きですぅ、、、
船が大きいからお客さんが多くてもあたりまえなのですが、写真を拝見して驚きました。
ドレスコードは、慣れていないことも有り面倒に感じます。
一生に一度は豪華客船に乗ってみたいので、よし坊様のブログで学ばせていただきます。

ニャン様
飛鳥は高いのが難ですがそれなりの事は有ると思います。乗り比べている訳ではありませんから確かではないですが料理は日本人向きの味に成って居るはずです。歳をとる程日本食が良くなりますから。
ドレスコードは確かにそう思うのですがブログを最後までお読み下さい。大きなヒントが出て来ます。
八百人を超すお客さんと五百人弱の乗組員が居るのですからスゴイ大きさですね。経験して良かったと思って居ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60167031

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥Ⅱ 阿波おどり・高松花火クルーズ 1:

« 飛鳥 Ⅱ で | トップページ | 阿波おどり・高松花火クルーズ 2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ