« 富士登山  1 | トップページ | 飛鳥 Ⅱ で »

2014/08/13

富士登山 2

Img_3612

 平日で小屋泊まりの人も少なかった。

夜中に起きたら満天の星。風もない。明日は絶好の登山日和だろうと思った。
写真は富士山頂剣ヶ峰と観測所。朝日が当たり山が赤く燃えている。

Img_3503

昨年はあまりにも寒かったので今年はダウンのオーバーズボンとフリースを着たまま寝た。お連れした親子も同じようにして寝た。寝たのか寝ないのかハッキリしない夜を過ごし3時、出発の支度をする。団体客も準備中だ。

Img_3511

オーバーズボンとフリースを着たまま、さあ出発だ。

Img_3518

登ってくる登山者のヘッドランプの明かりと麓の町吉原の明かりが奇麗に見える。
母親がお腹を押さえながら定期的に差し込むような傷みが有ると訴えるが高山病なのかただの腹痛か判断が出来ない。
休み休み1時間掛けて登った。

Img_3525

富士ノ宮口頂上3,710mに到着。
腹痛をこらえながら良く登ってくれました。
この計画が持ち上がった時はサッカーボランティア関係だったので、Sパルス優勝祈願をしようと思って居た。しかし今は下から4番目の降格圏すれすれまで順位を下げ優勝祈願どころではなく「どうぞJ2に落ちませんように」と願った。

Img_3538

お鉢を少し左回りし日の出が見られる場所に陣取る。小屋で出してくれる朝食(と言ってもパン二つとアップルジュース)を無理に口にほおばる。

Img_3578

4時46分、日の出だ。

Img_3584

お連れした親子も満足そうです。
日の出を見ながら考えた。差し込むような痛さが定期的にくると言って居るのに無理にお鉢巡りをさせるのは良くないと。
戻って頂上富士館でユックリ休んでもらい、その間僕とお嬢さんだけ剣が峰を踏んで来る事にした。

Img_3609

朝日で真っ赤に染まる山肌と日の出を見て居た人々です。風もなく温かでこんな恵まれた富士登山は滅多にない事。良い日にお連れしたと思います。

Img_3635_2

母親を富士館で休ませ剣ヶ峰に向かう途中で見事な影富士が見られた。

Img_3655

ハイ 剣ヶ峰3,775.6mです。写真を撮るのに順番待ち。長い列が出来ていました。ボランティアがシャッターを押してくれました。

Img_3660

富士館に戻りました。腹痛も少し治まってきたようです。味噌汁一杯500円です。三人で分けて飲みました。暖かくてホッとします。

Img_3668

さあ下山だ。宝永山が遙か下に見えます。

Img_3677

五合目も見えて来ました。無風快晴の登山日和。中学生の団体が幾つも登ってきます。聞けば日帰りするそうですよ!!

Img_3689

荷揚げのブルトーザーが来ました。

Img_3695

真横をウナリを上げて通りました。スゴイ角度です。

Img_3705

宝永山と同じくらいの高さまで下りました。

Img_3709

六合目です。お連れした二人の後ろ姿です。

Img_3713

五合目まで下りました。
見上げれば頂上まで見渡せます。何度も言いますが富士山でこんな上天気は滅多にありません。
そして腹痛も少しずつ収まって来ているとの事で大事にならなくて良かった良かった。
実は僕がメチャクチャ転びました。10回くらい転んだと思います。踏ん張る力が無くなったせいだと思います。

Img_3727

これから登る中学生の一行が登山前の記念写真を撮っていました。
下りのバスで一眠り。新富士駅からは富士山の頂上が見えて居ました。
昨年に比べ今年の登山者は少ないらしい。県は原因を分析中との事。
NHKで芙蓉の人が放映されている。あの小説は涙をポロポロ流しながら読んだ。あの時代あの過酷な条件下で志を成し遂げた夫婦の愛と力。思い出しただけでも目頭が熱くなる。NHKの初回を見ただけでもう涙が出て来てしまった。

« 富士登山  1 | トップページ | 飛鳥 Ⅱ で »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様! お連れの親子さんも初めての富士山に喜んでもらえたでしょう。 天気も極上だったようで、なによりでした。 影富士の光景も素晴らしい。
山初心者にとっては、よし坊のような経験者にお供してもらえるのが一番です。
富士山は2回しか登っていませんが、その時に、見るからに山が未経験の人(山の怖さを知らない人)が、軽装で登ってくるのを多々見かけました。 日本一の富士山だから一度は登ってみたい、大勢の人が登っているし、夏だだったら安全だろう! と、軽い気持ちなのでしょう。 そこで私は言いたい 『甘くみるなよ! 3776mの富士山を!』 と、、、

コンバンハ!!!
日の出の瞬間は富士山はもちろんですが、いつどこで見ても感動し、とてもありがたい気分になりますね。これ以上ないほどの天気の中でのご来光で本当に良かったですね。お連れした母娘さんもよし坊さんに同行してもらって幸せだったと思います。

影富士も実にも見事で、よし坊さんの日頃の行いがよろしかったのでしょう(^o^)
昔行った富士登山を久々に思い出しました。

 みごとな影富士を拝見できました。
 ありがとうございます。

 ほんとうに、こんな上天気の富士山は滅多にありません!
 青空に映える山頂もきれいですし、素晴らしい日です。
 お連れになった親子さん、喜ばれたでしょうね。
 これを機に、山登りにハマってしまうかもしれませんね。

 富士宮ルートには、砂走りの下山道はないのですか?
 私は砂走りを下るのが面白くて、2度目は須走コースにしました。
 砂だらけで、鼻の穴が真っ黒になりますけどね(笑)

アルカイダ殿
山初心者が最悪の登山日では二度と登山はしなく成っちゃいますからね。その意味で大変良い日に成りました。
居ます居ますTシャツ短パンみたいなのが未だに。特に外国人が多いですね。山頂が夏でも0度近くに成る事を知らない人が多すぎます。
所で0mから3,776m登るから付き合えなんて言わないで下さい。絶対に付き合いませんから。
野戦士アルカイダの体力にはかないません。

ごくらくとんぼ様
日の出も見られず有るッたけの物を着込んで寒さでガタガタ震えている富士登山では思い出は嫌な事ばかりになってしまいますからね。
ごくらくとんぼ様は登ってましたか!!静岡人で登っていないと一寸肩身が狭いですからね。其れは良かった!!

うつきよう様
留守中何度も書き込んで頂き有難う御座いました。
朝の影富士があんなに綺麗に出ているなんて思いもよらぬ事でした。僕も感動物でした。
表富士から登って御殿場口から下山すれば須走に下りられますが帰りの乗り物が面倒な事に成るんです。ツアーバスなどで回送してくれているのなら面白いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60107370

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山 2:

« 富士登山  1 | トップページ | 飛鳥 Ⅱ で »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ