« 阿波おどり・高松花火クルーズ 4 | トップページ | 思いとは裏腹にぃ、、、 »

2014/08/27

阿波おどり・高松花火クルーズ 5 完結編

Img_5452

 初めてのクルーズも今日が最終日。 昨夜は揺れもなく快適な船旅だった。

写真は船からのベイブリッジ。

Img_5371

眼が覚めると部屋の窓から富士山が見えていた。どうやら相模湾沖まで来ているようだ。

Img_5402

エレベーターは前方・中央・後方の三ヶ所。最上階のフイットネススタジオとエステ、大浴場には後方のエレベーターに乗る。部屋が前から7つ目だったので後ろのエレベーターに乗るのも距離があるが運動だと思って喜びに変えて居た。

Img_5422

朝食の前に運動です。7階プロムナードデッキは左回りに決まっている。時々無視して右回りの人が居る。

Img_5425

気持ち良く晴れ渡っている。

Img_5412

朝ご飯です。

小鉢・焼き物は文化鯖・アサリの味噌汁と香の物

和朝食は必ずお粥にしていた。

昨日聞いた裏技を実行すべく11階に上がりリドデッキでフルーツとヨーグルトを食べる。

今回のクルーズ最後の食事でしたが食事内容は良くない。老舗旅館等の心のこもった料理に比べるとあまりにもお粗末だった。品数も使われている素材も少なかった。ただ気に入った料理はお代わりを要求すれば出してくれるのだそうでこれも裏技として教えてもらった。

Img_5450

最先端ビスタラウンジからベイブリッジが見える。勿論艦長の案内放送が有った。

Img_5475

橋の下を通過します。

Img_5499

ギリギリです。潮位が高い時はどうなるの?

Img_5514

何かやっては一休み。フルーツとミルクティーを頂きました。取り放題のフルーツですがそんなには食べられません。やっぱり僕は費用対効果が悪い。

Img_5516

さて、船は大さん橋に近づき前方に港みらいがハッキリ見えるように成りました。

タグボートが二隻近づき此所で船は180度向きを変えます。

Img_5550

船長が10デッキの複操舵に出て来ました。

Img_5557

ジワジワと桟橋に近づきます。

Img_5586

盛んに距離のことを無線で言っています。しかし乗客と話をする余裕もあります。最大大きな波はどのくらいのを経験したかとか?気楽に答えてくれるのも良いですね。

Img_5590

何の振動もなくピタリと停船。船長お見事!乗客の拍手に手を振って答えてくれました。

Img_5604

部屋にはTVが有ります。衛星TVや飛鳥のクルージング案内、船内の案内とGPSの航跡が24時間見られます。

Img_5611

サア、下船です。此所でも丸金丸ビの差が出ます。Fステートのお客さんは最後ですが周りの人も皆同じクラスです。

見送りの為に立って居たチーフパーサーに聞きました。「昔飛鳥のスウィートに乗り続け飛鳥の住人と言われた人が居たそうですが今も居るんですか?」「昔居たと聞きますが今は居りません。半年程続けて乗られた人は居ました」との事でした。

数組の人はこのまま同日出航の「清水港にも寄港する 鳥羽・熊野大花火クルーズ」に乗り継ぐそうで知り合いを見つけては挨拶をしていました。

Img_5626

このスーツケースは今日から出発のお客様の荷物です。

Img_5636

乗客の荷物も届いています。階層ごとに列んでいます。

Img_5643

横浜市が用立てしてくれた桜木町行き無料バスに乗り静鉄バス横浜ライナーで帰宅しました。裏技を教えてくれたご婦人と同じバスに乗り合わせました。またまたオシャレな格好して乗っています。

さて、初参加して周りを見渡すと夏休み期間中でありながら圧倒的に歳の多い人が多い。一人で参加している男性と女性。車椅子での参加。酸素を吸いながらの人。如何にも金持ちそうな人。どう見ても成金の人。それぞれの思いや人生の歴史を背負って参加しているのだろう。

めんどくせーと思って居たクルーズ。乗って見りゃ楽しい!!

写真が撮れなかったのは和室と麻雀ルームとフォトショップ。次のチャンスには撮らなくちゃ。

Img_5457

翌日の静岡新聞には飛鳥が清水港に来たと写真入りで報じていた。

« 阿波おどり・高松花火クルーズ 4 | トップページ | 思いとは裏腹にぃ、、、 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


日本船でクルーズをした経験がないので 大変勉強になりました。

ワールドクルーズをした場合、外国船の中でも高いと言われるクイーンメリーであっても 
飛鳥の半分以下の料金なんです。
それを考えると もっと食事が豪華でもよいと思いますが、、、。
ロングクルーズになると 食事は 毎日の楽しみのひとつになりますものね。

インターネットの環境が お部屋に無いことも 私には問題です。(笑)

主人と同じで お酒が飲めないし、ダンスができないのでクルーズはしない、、、と
おっしゃっていたよし坊様が のんびりお昼寝をしながら クルーズをされたことが 
ちょっと嬉しいです。

外国船で日本発着も有るようなので妻はそれにも興味を示しています。
日本食は太らないから良いと割り切れば良いんでしょうが一寸お粗末すぎます。歳の多い人が多いので文句が出ないのかも知れませんね。アンケートには食事が粗末で不味いと確り書いて投函してきました。
ネットは3クラス有る最上級ロイヤルスイートだけは部屋にネットに繫がる環境とPC・プリンターまで備わって居るとの事です。PCルームでプリペイドカード買って使っても高いものに付いてしまい困りますね。
そうそう、因みにロイヤルスイートにはゲスト用トイレまで有るんだそうです。スゴイね。
是非飛鳥の最上階のお部屋にお泊まり頂き下々と天上人の違いブログをUPして下さい。
お金を来世まで持って行っても使えませんから今の内に。

夫は、昼寝し放題に これは良いかもでした・・・。
夫ほど費用対効果が悪い乗客はいないかも?状態のような気がします。
私はきっと、ウロウロキョロキョロ、あっちこっちの教室?に出向いていそうな気がします。
クルーズという特別な旅行を楽しむのいいなぁ~と思っています。
長期のクルーズ旅は無理でも、小笠原諸島へのクルーズ旅は行ってみたいです。
願いが叶うかどうかは夫次第ですが、よし坊様のブログは、夫にも良い影響を与えてくださったようです。
ありがとうございました。^^

 楽しく拝見させていただきました。
 
 >次のチャンスには、
 お、よし坊様、
 船旅、お気に召したのですね。
 奥様も気に入られたご様子で、なによりです。
 トレッキングはよし坊様おひとりですが、
 船旅は奥様とご一緒で、楽しみも二倍ですね。
 次、は、お二人で外国船のワールドクルーズのブログが拝見できるのを楽しみにしています。
 

ニャン様
Fステートは外から覗かれてしまうだろうと思って居たのがそうでないことが解り安心して昼寝出来ました。日焼けしたいのならプールサイドに行けばウッドデッキで昼寝も出来ますし序でにタバコも吸える。タバコと言えばシガーバーが有ってお酒とタバコの両方が楽しめるんです。僕には用が無いのですが。
そうそう、写真も有りませんがお寿司屋さんも有ります。長期の時はたまに食べに行くには良いんじゃないでしょうか。
小笠原クルーズ、良いじゃないですか、カタログ見たら6日間なんですね。タップリ昼寝出来ますよ!!

うつきよう様
何でも毛嫌いする物ではない事が解った初めてのクルーズ。新たな世界が広がりました。
初クルーズが飛鳥だと他の船は乗れないよと言う人が居ますが話のタネに他の船や外国船にも乗ってみたくなりました。
うつきよう様も是非お乗り下さい。

こんにちは!!!
この紀行のおかげで居ながらにして飛鳥Ⅱの様子がわかりました。一貫して食事に満足を感じていない様子がうかがえて、日本を代表する豪華客船としてはちょっと残念な気がしました。もっともお口が肥えたよし坊さんだから感じた事かもしれませんね。

北欧旅行でたった一晩でしたが2100名ほどの定員の大型客船に乗りました。初めての体験でその広さ、大きさに圧倒されました。北欧ならではの食材が並びチョイスするのに悩みました。地元の方々は免税のたばこや酒を買うために乗っていると聞きました。

今度は世界一周船旅の紀行をお待ちしています(^_-)-☆

ごくらくとんぼ様
飛鳥にぞっこん惚れ込んで何度も乗る人が居るのですからそれなりの良さはあるのでしょうし食事もあれで良しとして居る人も多いのかも知れません。
そうか!!免税の酒とタバコを買う為に乗るのですね。良いアイデアですね。大量に買えば元が取れるか儲けが出るかも知れない。
世界一周は無理ですね、高齢の母が居ますから。それにダブる国が沢山出て来て勿体ないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60201561

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波おどり・高松花火クルーズ 5 完結編:

« 阿波おどり・高松花火クルーズ 4 | トップページ | 思いとは裏腹にぃ、、、 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ