« バカに出来ない美味しい味 | トップページ | 夢の休日 おわら風の盆 編 »

2014/09/05

夢の休日 おわら風の盆 演舞会観賞と上高地帝国ホテル 3日間 上高地帝国ホテル編

Img_6458

 

  3月、JTBに「おわら風の盆に行きたいんだけど何か良いパックツアーが有ったら知らせて」と言ったら送られてきた『夢の休日』。何で上高地帝国ホテルに1泊余分に泊まるんだろうか?と思ったものの言われるままに予約金を払った。 旅行も迫って来て全額を払う段になり「何だこれは?バカみたいに高いじゃないか」と成り、良く見ると銀座ロイヤルロードの商品である事が解った。今更四の五の言っても仕方なく全額カード払い。 かくしてリッチなロイヤルロードのパックツアーに参加する事になった旅行顛末記の始まりである。

Img_6093

写真は朝もやに浮かび上がる大正池です。

Img_5812

   テイクアウトに良いと聞いたキャラメルマキアートを買って新幹線に乗り込む我が家の出で立ちは小型のキャリーバックと28リットルの山用ザック。品川で乗り換え人宿駅9番ホーム9号車前に。 其所には添乗員とロイヤルロードの男性2人が案内板を持って参加者の出迎えと案内をしていた。

Img_5824

スーパーあずさ11号で松本まで行きます。

此所で先ず気がついた。皆さん荷物はどうしたの?革靴にジャケットですか?ご婦人方もバリッと洒落て隙がない。

Img_5848

グリーン車使用で19人と添乗員1人計20人の旅が始まる。事前の添乗員からの電話では、寒いのでウインドーブレーカ等の防寒具、靴は歩きやすいスニーカー(登山靴では帝国ホテルのダイニングに入れませんしドレスコードが有ります)が良いでしょうとの話を真に受けて来たのにぃ、、、と早速セレブ達の洗礼を受ける。

Img_5853

乗るといきなりお茶が配られた。何だよ~重たい思いをして持って来たのに、、、

11時半お昼御飯が配られた。「神田明神下みやび の 天の河二段膳」 ※メニューは拡大できます

Img_5860

味付けが甘いので好き嫌いが分かれるかな?でも豪華で美味しい。

Img_5865

松本駅到着。すっかり変わってしまった松本駅にビックリ仰天。

Img_5868

大型バスで一人で二座席ずつ使える余裕がある。募集人員最大で20人だそうだから何時もこんな状態なんだろう。

参加者はヨタヨタ・ノロノロ・フラフラと言った感じで動作が大変遅いので何事も時間が掛かる。

Img_5874

沢渡(サワンド)もすっかり綺麗に成っている。ジャンボタクシー3台に分乗して上高地に向かう。

この頃になって参加者の体力状況も解った。足元がおぼつかなくなった人が多いのだ。バスや車の乗り降りに難儀しているのです。

Img_5875

帝国ホテルに到着しました。時間は14時30分。

Img_5882

申し込んだ時にはベランダ無しの部屋しかなかったがこれで充分。

Img_5884

部屋は大きい。テーブルには双眼鏡も置いて有った。

間取り図を見て解った。我々グループに配られた部屋は全て大きい部屋だ。

 

Img_6017

バスタブはやや小さめでしたがグッズは揃っている。

更にパウダールームには・・・なにやら色々な物が揃っています。

Img_5903

夕食は19時45分だそうでその間ネイチャーガイドと河童橋まで散策するという。カメさん達と一緒のペースは御勘弁と自由行動し明神池まで行く事にした。

河童橋の先に岳沢と吊尾根が見えて居る。

Img_5908

日曜日とは言え8月31日、小梨平はテントもマバラ。

Img_5930

明神橋まで来た。明神岳が見える。

Img_5934

橋の中央から梓川上流を写す。

丁度この時上空をヘリが飛ぶ。翌日の新聞には吊尾根で滑落した負傷者を搬送したがダメだったとの記事があった

Img_5951

明神一之池には神秘的にモヤがかかる。

Img_5960

二之池には湖面に写る空と遠くにモヤが掛かり更に神秘的で神々しい。

Img_5980

河童橋まで戻りました。

Img_6003

梓川左岸から見た岳沢の雪渓で相変わらず吊尾根は見えても穂高が顔を出さない。

部屋に戻ってシャワーを使っていると、誰かがノックする。ターンダウンに来ました、タオルなど取り替えの御用は御座居ませんか?と言う。特に無いと言うとチョコレートだけ渡してくれた。

Img_6065

ダイニングで夕食が始まる。1テーブル1組ずつ。帝国ホテル伝統のフランス料理が食べられるとうたい文句にある。

お酒の係り・ギャルソン それぞれ持ち場が正確に決まっていてテキパキとサービスを受ける。

Img_6026

メニューです。興味の有る人はクリックすると拡大出来ます。

Img_6033

ナイフ・フォーク・スプーン・グラス、何から何までピカピに磨かれていて傷もない。

Img_6034

Img_6045

Img_6051

ナイフやフォークをガチャガチャ音を立てて食べる人も居ない。

Img_6057

Img_6062

久しぶりにこの手のサービスを受け気持ちが良かった。

Img_6229

部屋には明日の天気予報が配られていた。


さて、明日は半日自由行動。何とも勿体ない話だがこのグレードのツアーはそれが売りの一つにもなっている様だ。早い話、動きたくないし動けない人達には好都合のパック旅行なのだ。

その都度配られる日程表や食事時間、集合時間など全て文字が大きい。添乗員の言う事をメモして下さいでは無いのだ。参加者の年齢に対応した細かい気配りが随所に有る。

銀座ロイヤルロードのグレードの違いに何から何まで感心させられた初日で有りました。


« バカに出来ない美味しい味 | トップページ | 夢の休日 おわら風の盆 編 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


「夢の休日」はさすがのレベルのお客様なのですね。
料理をカメラで 写すような人もいない?(笑)

でも19名も集まるところが すごいといえばすごいですね。
リピーターが多いのかもしれませんね。

上高地に行きたいと思って パンフレットをいろいろ あさっておりましたが
このブログを拝見してしまっては どんなツアーも冴えないなあ、、と思うではないですか。

しかも 最初の神秘的な画像は 私が見ているパンフレットの写真以上に 素晴らしい!!

shinmama様
客層が違いましたね。僕のようなガラッパチが参加するツアーではありませんでした。shinmama様ならお似合いだと思います。
ご推察の通りで料理の写真を撮る人等誰もおりません。もっとも僕は日頃から料理の写真を撮る時はフラッシュ無しで撮っています。何故なら冷たい目線を感じますから。
リピーターが多かったですね。「ななつ星が取れると良いですね」なんて添乗員と話していましたから顔見知りに成って居るのでしょう。
上高地には上高地らしい出で立ちで泊まってそれなりの所を歩いて山岳風景を楽しむのがベストのような気もします。
大正池は早朝が良いですね。泊まった人の特権だと思います。

まあ、こんなに清々しい景色を見せて頂いてありがとうございます。
今日は蒸し暑い一日だったので清涼剤になりました。
しばらく上高地へ行っていないので懐かしさでいっぱいです。
沢渡がすっかり整備されていますね。
それにあずさ11号での品の良い二段膳に、さすが二十数万円の豪華旅行と感服しました(^o^)

 おお~!すごい!
 ロイヤルロードのサービスは寸分の隙もありませんね。

 松本も、沢渡も、きれいになったでしょう?
 変わらないのはトンネル続きの狭い158号と、真っ暗な釜トンネル。
 釜トンネルを上高地へ抜けたあたりで、
 昨年土砂崩れがあったので、
 新しいトンネルをひとつ開けるそうです。

 上高地帝国ホテルに泊まってみたいと思ったこともありましたが、
 上高地だけなら日帰り圏内ですし、
 山に登るなら、上高地でなんて泊まっていられませんから、
 縁がないままです。

 上高地は、どんな支度でも歩けますが、
 上高地に似合う 「ドレスコード」 があるように、私も思います。

ごくらくとんぼ様
何所もかも雨の連続の最中、ダメだろうなと思って行った上高地で雨に降られなかったのはラッキーとしか言いようがありませんでした。
そおなんです、沢渡があんなに整備されてスイスのターミナル駅みたいに成って居るのにはビックリしました。ゴミも落ちていませんでしたね。
そおです、お昼御飯、美味しかった~

うつきよう様
松本駅のイメージは暗くて寒々としたボロ舎と言ったら失礼ですがそんな感じでしたから様変わりにビックリしました。
釜トンネルが出来る前の長い信号待ちと狭い道、変われば変わりました。
帝国ホテルを崇拝する人が居るんだそうで、夢の休日プランで3連泊するのが有ると言う事です。その費用があるなら強力とガイドを雇って槍の頂上に登らせてもらいたいです。
夕食時のコーヒータイムに「コーヒー紅茶 どちらになさいますか」と言われ「コーヒーはどの銘柄ですか?」「では紅茶は?」と聞いていたお客さんが居ました。聞くお客もキザですが、間髪を容れずに答えられるウエイターもすごいと思いました。東京の帝国ホテルでもこんな会話がなされているんでしょうか、、、

さすがにグレードが高いツアーですね。
上高地の風景も幻想的です。
二段重ねのお弁当もホテルのお料理も最高に美味しそうです。

ニャン様
数年前、ニャン様は御夫妻で上高地に行かれましたね。あの時の明神池と比べてどんなふうでしょうか。
一寸時間も遅めでしたから人の居ない明神池を見る事が出来ました。
ハイ、お弁当、美味しかったです!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60258436

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の休日 おわら風の盆 演舞会観賞と上高地帝国ホテル 3日間 上高地帝国ホテル編:

« バカに出来ない美味しい味 | トップページ | 夢の休日 おわら風の盆 編 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ