« ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅡ | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅣ »

2014/09/29

ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅢ

Img_7569

 この写真は昨日下から見た石灰棚を山の上から見たもので今日のメインは此所の見学です。

Img_7458

朝食は何時もの様に。

Img_7251

毎日同じ大型バスを使って移動します。

Img_7598

乗客8人、他に現地ガイドと添乗員を乗せたバスで何所に座ろうが幾つ使おうが全くの自由。

そして毎日一人1本の水が配られますしホテルでも一人1本の水が付いていますので特に買い足す必要もなく過ごしました。足りなくなりそうな日だけ食事時に水1本を注文すれば事足りました。

Img_7470

さて入場料を払い今日向かうのは

Img_7473

世界遺産ヒエラポリス遺跡です。

Img_7488

当時の建物をそのまま使った博物館に入る。

Img_7492

棺も立派だ。

Img_7494

ガイド ギュンさんの説明を熱心に聞く一行です。 ギュンさんは完璧な日本語を話す。しかし日本に留学していない。トルコの大学で勉強したとの事。トルコでは日本語を習う学生が多いとも聞いた。

そして此所は

Img_7514

Img_7532

昨日下から見た山の頂付近はヒエラポリスの遺跡。遺跡の直ぐ下から広がる「パムッカレの石灰棚」も世界遺産だ。

此所で人々は足湯に浸かったり肩まで潜って温泉を楽しむ。

Img_7523

こんな眼の保養もある。

Img_7578

雪の様に白い棚田はカッパドキヤと列んでトルコの観光ポスターに使われる奇観だ。

何故こんなふうに成ったか。それは炭酸カルシュウムを含んだ温泉が山肌を流れ落ち年月を掛けて蓄積され作り上げた。昼間空の色を反射して青く輝き夕日に染まって茜く成るという。
※拡大できます

Img_7602

2ッの世界遺産を見た後パムッカレからは440kmを6時間掛けて コンヤ に移動します。 途中の休憩所でヨーグルトに蜂蜜タップリとケシの実のトッピングされたのが売られていました。甘く食べやすくて香りも良く美味しかった。
蜂蜜をお土産に買った人も居ますが重いので諦めました。
車中この国の出生率が2.4人で有る事を聞いた。

Img_7611

エイルディル湖です。綺麗に澄み渡った空に綺麗な湖水で一幅の絵のようです。

Img_7614

湖畔のレストランで昼食。

Img_7620

Img_7630

Img_7632

Img_7636

Img_7640

魚料理とお粥です。妻は持って来た塩昆布と梅干しを徐に出し皆に配る。 添乗員も醤油を出す。一瞬にして日本食に変わる魔法の食材と調味料。
写真が青いのはテントの色が差し込むからだ。

Img_7677

順調に走ったらしく時間に余裕が出た。明日の予定を1ッ前倒ししてカラタイ博物館を見て回る。

Img_7668

13世紀にはイスラムの神学校だったそうだが今は博物館として使われトルコブルーの綺麗なタイルが印象的だ。
後に更に綺麗なトルコブーに輝くモスクも見るのだが。。。

Img_7692

今宵は アネモンと言う名のホテルに泊まる。レセプションとロビー。

Img_7699

ウエルカムドリンクがセットされている。 そして、トルコ名物ロクム(弾力があるけど柔らかくゆべしの食感)も添えられている。

Img_7747

部屋も大きい。 ホテルでのトイレは勿論水洗。しかし、ペーパーは流してはならない。ステンレスなどのバケツ様の蓋付きの入れ物に入れる。移動途中立ち寄る所ではたまに日本の和式にソックリ(ネパールもそおだった)のも有った。勿論ペーパーは流せない。
この日のホテルで初めてトラピクス37人の団体と一緒になった。

Img_7704

食事はメインダイニングで。

Img_7713

食後近くのスーパーに買い物に行った。
お目当てのピスタチオ入りロクムを買いに。しかし物の見事に売り切れていた。トラピクスの連中が先に来て買い占めたに違いない。。。
スーパーの帰り遠くからホテルの全景を撮った。
今夜はコンヤに泊まるんです なんて親父ギャグを言ってないで早く寝よう。
明日のカッパドキヤに備えて。

« ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅡ | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅣ »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント


トルコは お粥を食する国なんですね。 φ(・ω・ )メモメモ
空の青さ、、、お天気に恵まれた旅行だったようですね。

九寨溝に行きたいと思っているのですが、
パムッカレの石灰棚も同じような雰囲気ですね。

空が青ければこその この美しさを
この目で見てみたいです。

>今夜はコンヤに泊まるんです 
出たーーーー、いいですね。
よし坊様のブログは こうこなくっちゃ。(笑)

shinmama様
お粥はこの店だけの物なのか?日本人向きに作っているのか?よく解りませんでしたが味も出来映えも日本のお粥そのものでした。行程表にもお粥が出ると書いてありました。
そおそお、石灰棚は中国にも似た様なのがあるとガイドが言っていましたがあの国は興味がないので聞き流ししました。
天気?スゴイ土砂降りもありましたよ!!!!

 有名な石灰棚は温泉なんですね。
 日本なら、天然大露天風呂になるところですね(笑)

 どの食事も野菜が豊富でいいですね。

 紙が流せないのは中国と同じですね。
 ずいぶん前に中国に旅行したのですが、
 ついうっかり、流しそうになることもしばしばでした。
 そのかわり、日本では「流してください」と書いてあって、
 日本に来たトルコの方が戸惑うでしょうね。

コンニチハ!!!
本日は驚きが2つ

①・・・・・パートⅡで見た石灰棚の壁が上でこんな風になっているとは\(◎o◎)/!
    
     また、そこへ温泉のように人々が入っているとは・・・・・・・\(◎o◎)/!

②・・・・・『夕日に染まって茜く成る』・・・・・この 『茜く』 の表現がとても良いと感心しました。

     目をつむって空の色を想像しました。

明日から北海道へ行ってきます。目的の地は悪天候の予報です。行く前から気落ちしています^^;

ごくらくとんぼ様
この世界遺産にはビックリしました。
入ってはいけない所に時々入り込む人が居て管理人らしき人がホイッスルを鳴らして出る様に促していました。
水着になって入る自由時間が有りましたが入りませんでした。妻は足だけ浸かってきました。
茜色の赤・・・良いでしょう!!

オーッ 北海道!!良いな〜。この季節だと美瑛狙いですね!!美味しい物も沢山食べて英気を養って来て下さい。
報告ブログ楽しみにして居ます。

うつきよう様
世界遺産に成る前には直ぐ近くに宿泊施設が幾つか有ったとのことですが世界遺産になってから全て撤去させられたそうです。

流せない紙・・・日本人には何とも馴染めない使用勝手で誠に困りますね。
中国には一生行く気はありませんから良いんですが日本に来た彼らはどう思っているんでしょうかね。
紙と言えば今では何所へ行ってもロールペーパーですが昔の四角いのは使い勝手が悪かったですね。特にフランスのは固くて小さくて、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60377647

この記事へのトラックバック一覧です: ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅢ :

« ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅡ | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅣ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ