« コンフォートクラスで行くトルコハイライト8日間 | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅡ »

2014/09/24

ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8  そのⅠ

Img_9651

 トルコ。そのイメージはトルコ帽とオスマントルコに代表される国と想像していましたが行ってみると全く違うヨーロッパが有った。

説明に寄ればイスタンブールの中心を分けるボスポラス海峡の西側に位置する国土の3%が分類上ヨーロッパで海峡西の残る領土97%はアジアだと言う。しかし建物や生活様式はヨーロッパそのものだった。
だが、よく考えてみればオリエント急行の終点はイスタンブールでヨーロッパから見れば其所から先は正にオリエントな国なのだ。

Img_8059

トルコ=カッパドキア
  トルコ観光はカッパドキアを見る為と割り切っていたので念願叶い満足出来る旅で幸い同行者にも恵まれ楽しい旅が出来た。 参加者は8人でビジネスにアップグレードした2組と、しなかった組2組だった。

無理に前泊しなくてもギリギリ集合時間には間に合うのですが安心の為前泊。時間の余裕もあり高速バス新宿ライナーに乗って新宿へ。

Img_6946

昼食は たまたま見つけたラーメン店「けいすけ」に入った。

Img_6955

看板メニューらしい「海老蕎麦」に卵をトッピングした。器が斜めに出来ていてスイスの氷河特急のようだ。 不味くはなかったが特別美味いとも思わなかった。

今回も成田のメルキュールホテルに泊まり何時も通りの店に入って食事。カメラを持って行かなかったので写真は無い。
さて、翌日空港ではビジネスクラスのアップグレードバーゲンを5万円でやっていたが妻に却下されたぁ、、、
コンフォートクラス代金の更にその上に17万円も取ってビジネスにアップグレードさせるとは此所でもJTBの暴利ぶりが暴露された。こんな事だからJTBは信用成らないと又々不信感が募った。

Img_6958

で、トボトボとユナイテット航空のビジネスラウンジに向かう。本来ならコンフォートクラスだったので此所を使う権利は残されていたのはラッキーだった。

Img_6963

Img_6981

各種飲み物やお酒類は同じでパンや鮨は有ったが麺類やカレーライスは無くなっていた。年々品ぞろいが減ってくる。

Img_6984

窓際の席に座り1時間遅れの出発便を飲んだり食ったりしながら待った。

Img_7004

どうやら遅れて来たこの飛行機が折り返して飛ぶ様だ。
トルコ航空は2014年2月ターキッシュ・エアラインの名称に変わった。と言っても英語のTurkishを理解出来ない日本だけの呼び方だった様だ。

Img_7007

やっと改札が始まる。出発は12時50分だ。

Img_7016

Img_7030

夕食も朝食も野菜とフルーツにデザートを一寸食べただけ。不味くて食べる気もしない。

Img_7042

直行便とは言え12時間のフライトでイスタンブールのアタチュルク空港に到着。現地時間19時だった。
イスタンブールより昔の名前“コンスタンティノープル”の方が親近感が有る。

Img_7057

更に乗り換え。1時間掛けてイズミールに飛びます。

Img_7063

イスタンブールの夜景です。人口は千三百万人だそうだ。

Img_7072

(゜゜;)エエッ?又食事ですか?デザートだけ食べて終わり!
そして、イズミールはアドナンメンデレス空港に到着。

Img_7081

Img_7083

イズミールヒルトンに泊まります。
此所でさすがJTBと言う気の効いた事が有った。夕食は何所に何時集合か・モーニングコール・荷物回収時間(ドアの内か外か)・何時から朝食が食べられるか・出発時間・国際電話のかけ方・添乗員の部屋番号が書かれたメモ(複写に成って居た)が配られる。一般的には添乗員の発表を書き取るのでその手間が省けて楽だった。

Img_7090

バスタブも付いた広い部屋です。元々はコンフォートクラスで行く!が売りでしたからホテルも部屋も食事も良いはずで期待は持てます。
かくして長い長い初日が終わった。

« コンフォートクラスで行くトルコハイライト8日間 | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅡ »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

いや~~、私は寿命が縮みましたよ。なかなか更新されないもんだからヒョットしてイスラム国に誘拐されたんじゃないかとか、道中アクシデントがあって現地入院して居るんじゃないかとかね(^o^) 良くない事ばっかり思っていました。 無事でよかった・よかった。
まずはお疲れ様でした。・・・・・・・・ん?遊んできたんだから労うことないか・・・・・・・^_^;

JTBも大変です。よし坊さんに上げられたり下げられたりで。
また紀行文を楽しませていただきますね。期待しています。

 あらためまして、
 お帰りなさいませ~<(_ _)>

 まずは、
 note飛んでイスタンブールairplane
 おおきなトラブルもなく、
 順調な旅の滑り出しですね。

 この先続くトルコの旅、
 写真の整理など、お忙しいことと思いますが、
 ブログアップ、楽しみにお待ちしてます。
 

ごくらくとんぼ様
有難う御座います、そんな心配までしていたんですね。他人様が其所まで思ってくれる事はなかなか出来る事ではありません。お陰様で誘拐も入院も無し。思い切り元気に楽しんできました。疲れも全くありませんよ!!
帰国翌日の墓参りから始まり立て続けに用事の連続で旅行を回想して居る暇もありませんでした。
JTBグレードを確り楽しんできました。値段だけの事はあります。

うつきよう様
ハイ、無事に帰国しました。と言うより、していました が正しそうです。
イスタンブール・・・如何にも異国な感じに聞こえますでしょう。

超高感度撮影する部分が沢山有って、持って行ったメディアを使い切り写真整理をしなくては成らず大変でした。苦労して撮った写真ですが良いのが無くて一寸残念なんです。

お帰りなさ~い、首を長くしてブログアップお待ちしていました。

世界三大料理の一つ、トルコ料理はお口に合いましたか?
これからどんな写真をご紹介してくださるのか楽しみにしています。(o^-^o)

お帰りなさい。
なかなか更新がなかったので、私もどうされたのか?と心配しました。
新聞、ニュース等で日本人が誘拐されたという報道もないし、無事帰国されているとは思いつつ・・・・・。
トルコと聞いてもピーンと来なかったのですが、カッパドキアで、そうか~!!と思いました。
どんな国なのか?拝見するのが楽しみです。^^

みやび様
茄子の料理は美味しいのですがトマトを煮たのが苦手で専ら冷たいトマトを食べていました。
肉料理にヨーグルトをったっぷり乗せて食べるのもチーズも好きではないのでどちらかと言うと自分には口に合わない料理でした。妻は好きなので喜んでいました。
名物の山羊肉は一寸固かったです。

ニャン様
そおなんです、忙しくて更新出来なかったんです。そして写真の整理も明日までには終われそうです。
観光中見聞きした範囲では紛争に巻き込まれたりトラブルが発生する状況は全くありませんでしたね。こんな安全な国ならもっと早く行っておけば良かったと思いました。
写真で見るカッパドキヤと自分の眼で見るのとはスケールの差が有りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60361282

この記事へのトラックバック一覧です: ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8  そのⅠ :

« コンフォートクラスで行くトルコハイライト8日間 | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅡ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ