« おわら風の盆 へ | トップページ | 夢の休日 おわら風の盆 演舞会観賞と上高地帝国ホテル 3日間 上高地帝国ホテル編 »

2014/09/03

バカに出来ない美味しい味

P1000001

「天丼てんや」が国1沿いに有り予々行って見たいと思って居た。

店内は広く明るくカウンターも沢山有る。女性一人でも入れそうな雰囲気だった。

P1000003

看板商品の天丼(味噌汁付き税込み500円)を注文してみた。

天麩羅は 海老・インゲン・キス・かぼちゃ・イカと入ってこれがなかなか美味い。 『天麩羅の天麩羅』みたいな天麩羅が出てくるだろうと想像していたのに衣は薄くカリッと揚がって中はジューシーで実に旨い。
それもそのはず、揚げたのテンプラをサッと乗せてサッと出してくるから美味いわけだ。 同じ商品が毎月18日は税込み390円だそうだ。
どこまでも価格破壊が続く時代で店屋物の店は益々やりにくく成る時代ですね。
18時近く、持ち帰りのお客さんが次々にやってきて三個だ五箇だ十個だと買って行く。 ホカ弁屋もおちおちして居られないよ!
※風の盆からは昨夜帰って参りました。写真整理が出来次第UPします。
今日は繋ぎに てんや を。

« おわら風の盆 へ | トップページ | 夢の休日 おわら風の盆 演舞会観賞と上高地帝国ホテル 3日間 上高地帝国ホテル編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント


主人が このお店を広島でやったら流行ると思う  と 念仏のように唱えるので、
門前仲町の「てんや」に行ったことがあります。

値段の割にボリュームがあり、その日の夕食を食べることができなかったのを覚えています。(笑)

たしかに 「安い天ぷら」 = 「衣が厚い」 というイメージを払拭するようなお店ですね。

shinmama様
この様な店が沢山出来ると少ない小遣いで食べなくてはならないサラリーマンのお昼が助かるでしょうね。それに美味しい。
やっぱりそう思いますよね、衣がバカみたいに厚くて中からインゲン豆みたいに小さくて細い海老が出て来たら二度と来るもんかと思っちゃいます。
そうそう「かつや」は行った事がお有りですか?

此処のは 美味しいですねhappy01
食べた事あります。

RINO様
欠かさず鳥撮りに通って居る事読ませてもらっております。
僕も昨日行ってきました。
居る事は居るけど鳴きもしないで一直線に通過してしまいます。

てんや美味しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60233034

この記事へのトラックバック一覧です: バカに出来ない美味しい味:

« おわら風の盆 へ | トップページ | 夢の休日 おわら風の盆 演舞会観賞と上高地帝国ホテル 3日間 上高地帝国ホテル編 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ