« ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅣ | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅤ―カッパドキア観光編 »

2014/10/03

ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅤ―熱気球編

Img_8519

 モーニングコールAM3時55分。

気球に乗る人は4時35分ホテル発で気球会社の人が迎えに来た。 と言う事は飛ぶと言う事だ。

Img_8289

座席が革張りのワゴン車に乗り走る事20分程。ロイヤルバルーンと言う会社の前に到着。話では老舗らしい。

バルーン代金は一人175ユーロを現地払いだそうで持ち合わせなど無くクレジットカードで払いました。因みに1トルコリラは計算しやすく50円で計算していたが実際は60円程。

Img_8296

(゚゚;)エエッ朝ご飯が付いているの?食事をしながら周りを見ると中国人が多い、、、
そして又車で10分ほど移動するといよいよ此所から飛ぶらしい平らな場所に到着。

Img_8324

我々が乗る気球にバーナーで熱風を入れている。

Img_8342

周りを見ると夥しい数の気球が膨らみ始めているでは無いか!!!
※拡大できます

Img_8353

準備が出来たらしい。いよいよ乗り込む。何の不安も感じなかった。
Oさん夫妻は奥様が高所恐怖症で絶対ダメだとの事で6人参加。同じカゴには中国人が、、、

Img_8374

ス~ッと言った感じでフワッと

Img_8385_2

飛んだ飛んだ!!アット言う間にキノコの岩より高くなる
※拡大できます

Img_8388

アッチからもこっちからも

Img_8415

操縦するのは女性です。同行のMさんに寄れば気球会社のホームページに乗っていたパイロットだと言って大喜びです。日本語も上手でした。

Img_8431

一端高く上がったと思ったら

Img_8444

急降下。ハトの谷と説明していたが小さな窓の様なのが沢山見えます。実はハトの糞を集めて肥料にしているのだという。
※拡大できます

Img_8448

Img_8474

時には隣のバルーンとぶつかったり(ワザとぶつけているらしい)向きを変えてたりして楽しませてくれる。

Img_8477

地味なのから派手なのまで色々です。

Img_8484

思い切りバーナーを噴かせてこれから700mまで上がるという。

Img_8534

丁度朝日が昇った。

Img_8562

真下を覗いても特に怖いとも思わなかった。

Img_8565

700m地点はさすがに遠くまで見通せる。

Img_8572

この頃から機長は忙しくなり盛んに下を見て連絡している。

Img_8609

街も見える

Img_8615

青い空に映えて綺麗だ。
バルーンは500機ほど有るそうでその役半分程が今飛んでいるとの事。右も左もバルーンだらけだ。

Img_8616

フト見ると気球の影が映っている。

Img_8621

ラクダ岩の上を通過。 風任せかと思った気球は空気を抜く弁が数カ所有りそれを操る事で向きを変え、少しずつ進む事も出来る事が解った。

Img_8629

どうやらこの真下辺りに着陸するらしい。

Img_8632

次々に着陸している。しかも迎えに来たトレーラーの荷台にピタッと乗るらしい。ホントかよ~?
機長はバーナーを噴かしたり紐を引っぱったりして忙しい。着陸時はカゴに潜り取っ手を確り握り踏ん張れッ と言って居る。

Img_8636

カゴに潜った姿勢で大きい声では言えませんが内緒で1枚撮った。 激しくド~ンと衝撃。

Img_8638

バーナーを2~3回噴かしたり止めたりを繰り返すと カゴは二三回バウンドして止まった。

Img_8660

着陸後振り返ると確りトレーラーの上に収まっていた。お見事。
記念写真の後、僕はキャプテンとハグして別れた。
観光編に続く

« ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅣ | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅤ―カッパドキア観光編 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

 わあ!
 きれ~い!
 どの一枚も、素晴らしい景色で、 見入ってしまいます。
 お天気良くて、本当に良かったですね

今日は朝からとても良い気分です。大空高く浮かぶ気球に私も乗っているような、そんな感じを味わいました。700mも上空に上がるんですね。凄い!!!良い天気になって良かったですね。青空に映えてどの写真も素晴らしいです。

キノコ岩、横向きは猫、正面はウサギ、ハイ!しっかりそう見えました(^o^) ウサギの前歯がかわいいですゥ~~。

うつきよう様
佐久では何時も熱気球の大会をやっているので見慣れていませんか?羨ましい環境だと思っております。
アフリカで墜落してから乗る人が減ったのかと思いましたがとんでも無い。凄い人でビックリしました。
トレッキングで歩くと「あそこの谷からこの尾根に〜」なんて眼でのぞき込んでしまいました。
別の目線で見た気球、たのしかったです。

ごくらくとんぼ様
お帰りなさい。明日お帰りかと思っておりました。如何でしたか?北海道。
今日は土曜日、鳥撮りは休業です。
乗った気球は12人でしたが大きいのは30人も乗れるのが有るそうですよ。
月明かりにカッパドキアを歩いたら一寸不気味だろうと思いました。
映像で見るカッパドキアと自分の眼で見たそれのスケールの差を感じました。

気球もこれだけ並ぶと迫力ですね。
気球の中から朝日を見るなんて、そうそう経験できるものでもなく
とても素敵な体験ですね。
カッパドキアを気球から見降ろすことができるなんて本当に素晴しい!
気球の飛ぶ風景も綺麗です。*\(^o^)/*

ニャン様
気球の数が凄いです。見渡す限りの方向に飛んでいました。
アンコールワットに行った時も気球が有りましたがその時は怖いと思って乗らなかったんですが今思えば乗っておくべきだったと思います。

御嶽山が大変な事に成っています。開田高原の定宿は大丈夫なんでしょうか?


熱気球に乗った目線での画像は 迫力がありますね。

見下ろした画像にも ワクワクさせられましたが
浮かんでいる同じ高さで他の熱気球を見ている画像には
時間がとまったようで 思わず おおっと声が出ました。

なかなか見ることができない貴重な画像を拝見できて 感謝しています。

shinmama様
熱気球写真は2枚程出してさらっと観光を主にと思って居たのですが良い写真が幾つもあるし勿体ないと思ってつい沢山選んでしまい熱気球単独編に成ってしまいました。
ウンザリでしょうがお許しを。
日本で乗る事もないでしょうから良い経験をしました。
今静岡は暴風雨。
スゴイです。

 静岡県は大変な状況ですね。
 よし坊様のお住まいがどのあたりかわかりませんが、
 ご無事ですか?
 被害がありませんように。
 もうしばらくのご辛抱ですね。
 どうぞお気をつけて。

うつきよう様
それが10時頃から突然晴れて台風の眼か?と思いましたがそうではなくそれっきりピーカンデリ。
我が家としては何の被害もなく通り過ぎてくれました。
ご心配頂き有難う御座います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60403701

この記事へのトラックバック一覧です: ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅤ―熱気球編:

« ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅣ | トップページ | ターキッシュ・エアラインで行くトルコハイライト8 そのⅤ―カッパドキア観光編 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ