« コサギ | トップページ | アジサシ(クロハラアジサシ) »

2014/10/27

王国の興廃この一戦にあり

 サッカー王国と言われた静岡県も今では微塵も感じられなくなりSパルスは もがき苦しみ降格圏から脱出出来ずにいる。

そしてJ2落ちしたジュビロも上がって来れない微妙な位置にいるし高校サッカーも優勝にはほど遠い。

曾て日本代表選手はその大半が静岡県人か静岡が育てた選手達だったのに。

さて、Sパルスは22日の試合を入れて6試合しかない。しかし有難い事に6試合中4試合がホームゲーム。その4試合を全て勝って安全圏に頭一つ二つ抜け出たい所だ。

Img_0229

降りしきる雨の中、平日にも関わらず熱心なサポーターが大挙して応援にきてくれた。
その22日アルビレックス戦は悩んだ末平日の試合でボランティアも少ないだろうからとエントリーした。

Img_0190

車椅子・身障者受付の仕事を仰せつかった。

Img_0196

車椅子と付き添い者用折りたたみパイプ椅子を置く事が出来る。屋根のない車椅子席での観戦はとても大変な事と思う。

Img_0216

試合は先行するも追いつかれ又何時ものパターンかと嫌な予感がするも試合終了間際

勝ち越しのゴ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル

順位も15位と一つ上がった。

Img_0198

この日はお茶とウエットティッシュを配っていた。
続く26日サンフレッチェ戦は居ても立っても居られずスタジアムで応援した。

Img_0344

Img_0349

10月桜と言うらしく例年スタジアム横でこの時季に咲いている。

Img_0390

ハロウィーンの衣装を身に纏った子供達の行進もあった。

Img_0414

選手入場は立ち上がって向かえる。
時折降る激しい雨にも物ともせずポンチョを着て。

Img_0423

そしてキックオフ

Img_0425

1F・2F共サポータで席が埋まる。

Img_0428

広島から駆けつけたサポーターの皆様。有難う御座います。
試合は広島の術中に塡り3失点。

Img_0446

1点返すのが精一杯で又もや16位の降格圏。
王国の苦悩は続く。

« コサギ | トップページ | アジサシ(クロハラアジサシ) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント


コメントをさせていただくのに恐縮致しますが、
サンフレッチェが降格した時
多くの選手が チームを去って行ったことを忘れられません。

どうか頑張って 踏みとどまってください!!

shinmama様
降格がどんなに辛い事か解って居る人からの励ましの言葉本当に有難う御座います。
涙が出るほど嬉しいです。
まだ諦めません、アウェーで勝てば良いんです!

ナビスコ決勝頑張って下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60551522

この記事へのトラックバック一覧です: 王国の興廃この一戦にあり:

« コサギ | トップページ | アジサシ(クロハラアジサシ) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ