« 市場祭り | トップページ | クロハラアジサシ »

2014/11/06

モズ

9p7t9600

 ♪もーずが枯れ木で鳴いている おいらは藁を叩いてる♪

歌からするとモズは冬の鳥の様に思ってしまいますがそうでは有りません。

秋の初め頃からモズの高鳴きを聞きます。キイキイキチキチと鳴いて縄張りを主張しています。

写真は♂ですが♀を見る事が無くて未だに写真が撮れません。

ジョウビタキも沢山見かけるようになりました。

« 市場祭り | トップページ | クロハラアジサシ »

」カテゴリの記事

コメント


♪もーずが枯れ木で鳴いている おいらは藁を叩いてる♪

この歌を知りませんでしたので Youtubeで聞いてみました。
情緒あふれる良い歌で 一度聴いたら耳に残るメロディーですね。

おお ジョウビタキも見られるようになりましたか。

この日曜日のお江戸の天気はいかに?
やっぱり 雨かあ、、、。

shinmama様
今日の翡翠は一瞬見ただけでそれっきり、、、
曇ってきたしヤ〜メタッと帰って来ました。

少ないですが少しずつ冬の鳥が見られるように成りました。

 昔は、庭に、蛙やトカゲの、「百舌鳥の速贄」がよくあったのですが、
 最近は見なくなりました。
 たんぼや畑が減りましたから、
 獲物が少なくなったのでしょうかね。

コンバンハ!!!
私の中ではモズは悪役のイメージです。子供のころ兄たちが飼っていたメジロがモズの餌食になっていたことがよくありました。でもこの画像を見ると屈託のない表情でそんないたずらには見えないんですが・・・・・。

♪もーずが枯れ木で鳴いている おいらは藁を叩いてる♪
小学校で習ったのか、ラジオか何かで聞いたのか分かりませんが誰でも知っている歌だと思っていました。今日のコメント欄で世代の違いはこういうことかと少し意外でした。

うつきよう様
見ましたね、子供の頃は。蛙やトカゲが串刺しになって居て、、、
最近は僕みたいに自然のまっただ中で撮影して居ても見かけません。
その気になって探さないからかな~

ごくらくとんぼ様
雀を始め他の小鳥たちもモズが来ると逃げますね。肉食の獰猛な鳥ですから。
そうそう、昔はメジロを飼って居た家が多かったですね。スリ餌を作って世話も大変だったようですね。
言われてみるとそうですね。あの歌を知っている人知らない人の世代ギャップが有るんだね。
♪ヒャラーリヒャラリコ ヒャリーコヒャラレロ♪や♪緑の丘の赤い屋根♪を知っている世代です。紙芝居は鉄仮面でしたよ。

♪もーずが枯れ木で鳴いている‥‥♪
私も誰もが知っている歌だと思ってました、、、うーん懐かしい歌です。
私も蛙やトカゲを串刺しにしている光景は見たことがないのですが
夫から聞いていました。
そういわれるとモズの目は何となく鋭い気がします。
琵琶湖へも沢山の鳥が渡ってきました。とても賑やかです。^^

ニャン様
この歌、最近聞きませんね。
歌詞の意味を理解出来ない人の方が多い時代になってしまいましたからなおさらですね。
♪おいらは藁を叩いてる♪ 藁を叩いて何するんだ?なんてね。
モズは性格が性格ですから気も強いようです。
琵琶湖は既に冬鳥がいっぱいで鳥もバーダーも多いでしょうね。羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60542746

この記事へのトラックバック一覧です: モズ:

« 市場祭り | トップページ | クロハラアジサシ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ