« クロハラアジサシ | トップページ | 翡翠 »

2014/11/13

トルコジュータン

Img_0113

 大枚はたいて買ったトルコジュータン。

パールブルーに輝くトルコブルーが何とも魅惑的だ。

Img_0119

妻は数年前から玄関マットを買いたいとデパートに行く度にジュータン売り場に足を運んでいた。 今回の旅行で買う事が出来て満足そうだ。

写真はトルコの役所で発行するトルコジュータン証明書だそうで、本物には必ずこの証明書が付くのだそうだ。
品質保証書が有っても証明書がないのは本物ではないとの説明が有った。
それにしてもこの大きさ、とても値段相応に見えない。

« クロハラアジサシ | トップページ | 翡翠 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ!!!
ついに出ました、トルコジュータン。トルコ紀行を拝見してよし坊家の玄関にどんなジュータンが置かれているのだろうかと気になっていました。確かお二人の旅行代が出てしまうほどの物となっていたように思います。私などはもったいなくてこの上にカバーを敷くかもしれません(^o^) 毎日の家の出入りがさぞ心地よいでしょうね。

 ほんとにきれいなブルーですね。
 見入ってしまいます。
 
 玄関マットで踏むなんて、
 もったいない・・・
 私なら飾っちゃう(笑)

ごくらくとんぼ様
豪邸の玄関でもないのにこのマットを敷いていてもそんな高級品とは誰も思わないでしょうね。
見る角度によってトルコブルーの色が変わるんですよ!これはすごいと思います。
妻もこれで玄関マットの事は言わなくなりましたからデパートに行く度にジュータン売り場に連れて行かれなくてすみます。

うつきよう様
そおか!! 飾るという手が有りますね。
壁掛けでも良いし床の間の真ん中に敷いて花瓶や置きものを乗せる。
そしたら玄関は?と堂々巡りになりそうですね。


その昔 父が現役の船乗りだった頃、結構大きなトルコ絨毯を買ってきたのですが、
相当高かったようで 夫婦の寝室の壁にタペストリーのように貼り付けてありました。(笑)

自分の部屋の壁には 絵の一つも何もないのに 
父と母の寝室がホテルの豪華な部屋のように見えて 羨ましいと思っていた記憶があります。

「緞通」は いくら高価でも 「踏んでやれ」と思いますが
トルコ絨毯は モッタイナイきがしますね。 

shinmama様
安いヨーロッパ旅行一人分ですからね。価値の解らない人が見ればただのマット。

此所は皆様の言われるように飾り物にしちゃった方が良いのかもしれませんね。
でも、そうしたら又々デパートのジュウタンマット売り場に付き合わされそうですが大嫌いな中国の緞通は意地でも買いたくないし、、、困ったぞ、、、

トルコブルーが鮮やかな逸品ですね。
もしかして同じお店に行ったかも?
次から次に広げて見せてくれましたが見るだけで・・・。

絨毯は買いませんでしたが清水の舞台から飛び降りたつもりで
トルコ石のペンダントヘッドを買ってきました。
最近の海外旅行ではその土地の貴金属を買うことが多いのですが
値が張るのがネックです(ノ_-。)

みやび様
パックツアーも昔と変わってきて行きたい人だけをこの手の店に連れて行くようになりましたね。昔は全員を否応なく連れていきましたが。
トルコ石も高いですね。ビックリしました。
みやび様も行ったとなると同じ店かも知れませんね。
そして、昔のように手当たり次第買う事も無くなりましたね。今は中国人が店ごと買うくらいの勢いですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60493027

この記事へのトラックバック一覧です: トルコジュータン:

« クロハラアジサシ | トップページ | 翡翠 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ