« 翡翠 | トップページ | 横浜 すっかりお上りさんの巻 »

2014/11/18

横浜 桃源邨(とうげんとん)の巻

Img_0511_2

 さて、この店は横浜中華街にあります。

此所に何しに行くか・・・・

Img_0468

横浜には横浜ライナーが都合が良く今回も使う。

Img_0471

横浜(YCAT)で降り高島屋で買い物。

Img_0482

高島屋の永坂更科で蕎麦も食べましたが名ばかりで不味い蕎麦でした。

Img_0499

そして元町をブラブラ。

Img_0502

Eggs'n Thingsの前を通りました。相変らず列んでいます。

Img_0523

泊まるのはローズホテル。

Img_0526

早期得割りアップグレードプランでワンランク上の客室に泊まれます。
と言っても道路側に面している部屋に変わっただけだった。

Img_0514

香港の路地裏の奥まった所にある潰れかかったような感じの店。どう見ても不味そうな店。座り心地の悪い椅子と想像出来る店。
今回の目的はそんな見るからに見窄らしい感じの「桃源邨」で上海蟹を食べる事。
そんな感じのこの店はローズホテルの目の前にある。

Img_0628

所狭しと物が置かれている汚い小さな店。でも でも
ホントは教えたくないんです。でも でも 
何故か教えたくなる店でもあるのです。
あ~やっぱり教えたくない、、、

Img_0539

10人一寸しか入れない小さな店で誰がどう見たって美味そうな料理を出す店には見えない。

Img_0542

品書きだって店主が書いた文字。本職に頼んだPOP文字を使う気などサラサラ無い。
しかし、上海蟹だったら絶対にこの店なんです。

Img_0551

親父が生きた上海蟹を持って大きさの説明をしてくれる。 10月のメス・11月のオスの境目で両方有るのでオスメスをそれぞれ注文する事にした。

Img_0557

店のもう一つの名物は紹興酒。
今日は東京から息子達も呼んでいます。長男は僕と同じ下戸ですが次男とお嫁さんはいける口です。

Img_0560

もつ葱の醤油あえ

Img_0563

餃子

Img_0568

三種盛り

Img_0578

これは三種盛りのピータンですが別皿に盛られています。
絶品です。こんなに美味いピータンを食べた事がありません。
ピータンだけ単品で注文して食べたらどんなに良かった事かと思いました。

Img_0572

飲茶2種

Img_0574

豚の・・・何だったか?
蟹が蒸されるまでみんなでワイワイ言いながら食べます。

Img_0584

雄が出て来ました

Img_0586

甘い!ミソもタップリ!!

Img_0590

親父さんが丁寧に開き方を教えてくれます。

Img_0593

続いてメス。

Img_0602

やっぱりミソがタップリ!! オスメスそれぞれ一杯ずつ食べるとけっこうお腹いっぱいになります。
序でに酔っぱらい蟹も食べないの?食べてみればいいのに、、、

Img_0617

紹興酒は3年6年8年と順に飲み比べ。8年物はワインの様だったそうですが 自分が飲んだ訳ではない。

Img_0610

青菜炒め

Img_0619

炒飯 これは美味くなかった。と言うより不味かった。

Img_0624

杏仁豆腐。紹興酒の臭いが強くて好き嫌いが分かれる。

Img_0627

中国唐代の宮廷デザートと言われている黒ゴマ餡の白玉団子。
久々に家族揃って食べた夕ご飯。皆でワイワイ言いながら食べるのは特別美味い。
店の親父曰く、来月になればもっともっと大きくなり甘くなるとの事。
例年この時季には店の前に うず高く積まれている蟹篭が今年はまだ少ない。
次は年末に来て特別大きいオスを食べてみようと思った。
つづく

« 翡翠 | トップページ | 横浜 すっかりお上りさんの巻 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

教えたくないけど教えたくなる店。教えていただき、ありがとうございます。^^
東京へ行く機会も減りそうな我が家ですが、遊びオンリーで横浜へいきたくなりました。
お店メモしておきます。
夫は よし坊様 オススメのお店は間違いなく美味しい!と喜んでおります。
上海蟹、美味しそう。紹興酒は8年物にします。
楽しそうな夕食場面が目に浮かぶようです。^^

コンニチハ!!!
フカヒレ、お粥、上海ガニと横浜にはよし坊さんの舌を満足させるお店が目白押しですね。グルメの情報がハンパでなくただただ驚かされます。すごい!\(◎o◎)/!

今回は息子さん孝行ですか?我が家はよし坊家のように豪華にはいきませんが少しは見習って次男夫婦に喜ばれるようにしなくっちゃ!

ニャン様
普段は見向きもされない小さくて汚い店で上海蟹の季節は列びますが普段は列んでいるのを見た事がありません。蟹の季節は予約しないとなかなか入れません。蟹を食べるのは時間が掛かりますから。
紹興酒は数字が増えるごとに値段が上がります。8年と言わず12年物も飲み比べたら如何でしょうか。

ニャン様のご主人が喜ぶ甘い物の店も有るしプラット遊びに行くには良い所ですね。

ごくらくとんぼ様
横浜の中華街は安いと思うんです。その気になって探せば安くて美味しい物を鱈腹食べられます。静岡の中華は高過ぎです。

家族揃っての食事は良いですね。是非次男ご夫妻とも会食なさって下さい。報告待ってますよ!

 きゃあ! おいしそう!
 
 どうやって見つけられたんですか? こんな魔法みたいなお店?

 中華は大勢でわいわい、
 いろいろな料理を食べるのが楽しいですね。
 ふたりでは品数が限られますが、
 ツレアイと行ってみたいです。

  
 
 
 


早速 開かれた夫婦会議。

「行く?」 と私。  『行こうか?』と夫。
「Shin(息子)たちを連れて行く?」   『いや koharu(孫)が大人しくしていないだろう』
「そうよね、混雑しているときに迷惑よね」  『金もかかるしな』

「で、いつ行く?」  『来月 上京した時だな』
「やったあ、来月になると きっと蟹が大きく育ってるよ」
夫のこの手の約束は 半信半疑ながら、、期待している 健気な妻です。(笑)

うつきよう様
ホリデーインがローズホテルに改名した頃から蟹篭を積み上げたこの店を注目していましたが入る機会が無くやっと入ったのが20年ほど前だったような気がします。
次に行った時は順番待ちの人が長い列で諦め他の店に入りました。
その後は機会もなく地元の店で食べて居たのですがイマイチで、、、
で、今回は初めから此所と決めました。

shinmama様
ヤッタねー 良いじゃないですか!!
オスの一番大きなのを食べて序でに酔っぱらい蟹もお食べ下さい。
それがどんな味なのか是非知りたいのです。自分で食えッと言われそうですが想像しただけで僕には酒臭くてダメだと思う、、、
ブログ楽しみにして居ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60651920

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜 桃源邨(とうげんとん)の巻:

« 翡翠 | トップページ | 横浜 すっかりお上りさんの巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ