« ギアナ高地&エンゼルフォール 3 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 5 »

2014/12/17

ギアナ高地&エンゼルフォール 4

Img_2220

 夜中には星の見え方が少なかったのですが朝は見事な青空。
計画では一泊二日でヘリに乗ったパライテプイまで下る予定でしたが二泊三日で下ります。 そんな訳で6時半の朝食前にはパッキングを済ませテントの中を空にしておかなければ成りません。我々が食事中ポーター達はテントを撤収し荷造りを始めます。

Img_2187

クッキング中です。

Img_2196

揚げパンとスクランブルエッグに刻んだトマトが入って居ます。 チラッと写っている白い物は僕の電池式蚊取り線香。

Img_2200

食事中に見える景色はこれ。もうちょっと開放的な所だと良いのにな〜

Img_2209

先発のポーターが歩き始めました。

Img_2217

我々も出発しよう。

Img_2239

出発して50分、見事な景色が広がる崖っぷちに到着。
※拡大できます

Img_2242

ガイドのフェリックスが説明をしている。
これ以上前に出たらスット~ンと 何所にも引っかからずに真っ逆さま・・・今思い出してもゾッとする。

Img_2249

眼を転ずればマーベリックポイント方面が見える。

Img_2254

その頂上には・・・既に登山者が居る。

Img_2263

記念に1枚撮ってもらった。

Img_2272

眼下には広大なグランサバナが広がっている。

Img_2276

ロライマ山には一ヶ所だけ道がある。いよいよ下山だ。

Img_2281

道と言っても作ったわけではなく人々が往復を繰り返す内にそれらしくなった所を歩くのだ。 滝が眼の高さに迫る。

Img_2299

この後滝の直下を通るので雨具を着る。途中で霧状になってしまうのでたいして濡れなかった。たまに水滴が当たると痛い!!

Img_2309

ニュージーランドで見たような大きく樹のようなシダが生えていた。

Img_2326

滝の下を通過。振り返って見る。歩いた道も見える。

Img_2334

植生が変わってきた。

Img_2337

見上げればもの凄い崖っぷちに居る。数年前落石があり数人の負傷者がでたそうだ。遭遇したら逃げようがない。

Img_2340

ベースキャンプが見えて来た。しかし田舎の道は遠い、、、

Img_2346

急な下りもそろそろ終わりか?

Img_2350

やっと平らになった。

Img_2358

BCに到着。振り返って見ているメンバー「凄い所を下ってきたね~」と。 ポーター達は途中で我々を追い越し既にテントが張られている。

Img_2361

此所が今日のメインダイニング兼厨房。

Img_2362

道は何所に有ったかと言うと、山頂から続く狭い緑のベルト地帯が見える所にへばり付くように付いていました。

Img_2367

隣のクケナンも奇麗に見えます。

Img_2370

遅い昼食が始まりました。

Img_2373

ブルーシートの色がそのまま写ってしまい何なのかよく解らない。 その後テントに潜って昼寝。

Img_2386

夕焼けが始まった。

Img_2400

何時の間にか周りはテントだらけ。各国の言葉が飛び交っている。

Img_2424

Img_2427

エリカの作った料理、少ない食材で精一杯作ってくれている気持ちは伝わる。火は確り通っているから大丈夫だよwww

明日の出発も早い。早く寝よう。

« ギアナ高地&エンゼルフォール 3 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 5 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

見ただけでお尻がムズムズ(高所は苦手ですから)

自分では体験できない風景に( ^ω^)おっおっおっです。

真下さえ見なければ見事な絶景ですね。
でも 一歩間違えれば 何処にも引っ掛かることなく真っ逆さま、、、、
そう思うと怖いです。
本当に何事もなく無事、帰って来られて良かったです。
どんな場所でも その気になれば料理を作ることができるんですね。
何もかも揃っているのに、手抜き料理を作っている自分が恥ずかしい。反省m(_ _)m

イヤー いい顔してますなぁー! 旅ではいつもいい顔なのかなぁー (家での顔と違うぞ、きっと!) 
もう少し崖っぷちに立つと迫力が増したのに・・(そうすると顔がひきつってダメだったかな)
バックのクケナン山もカッコいいし・・・モデルもいいし・・(褒めすぎ)

BCではブヨに刺されなかったですか?
BCから見るロライマ山の崖っぷちは迫力満点ですね

良い写真が沢山あって、次のブログも楽しみにしてま〜す。

 「滝の水滴が痛い」の一文に感動!
 実際に行った方でないと、体験できない「痛さ」なんですものね!
 すごい!
 高いところはきらいじゃないので、
 お写真拝見しているだけで、ぞくっとします。
 迫力の絶景ですね。

 
 
 
 

うれし様
真下を覗く所までは近寄る事は出来ませんが突然突風でも吹けばどうなるか解りません。
一人帽子が飛ばされてアワヤでした。

ニャン様
人類がこの世に生まれる前の時代に出来た台地の上にいる不思議さが有りましたね。
怖さ以上の絶景が青空の下で見られたのがなんと言っても収穫でした。
ハッキリ言って料理は不味かったですがあの環境で(運び上げる所から始まる)食べられるのは感謝しなくてはいけないと思いました。

アルカイダ殿
良い顔しているでしょう!!好きな事やっている時は何時もこうですよ。
ザイルで確保されていても崖っぷちまで行くのはイヤです。オーバーハングして居ますからね。
仰る通り、BCからのロライマはデカイし迫力が有りました。
やっとアルカイダと景色を共有出来ました。

うつきよう様
そおなんです、たまに霧に成れなかった水滴が落ちてくるんです。無防備な首に当たって痛かったんです。
この絶景を味わうにはいささか遠いですがそれに値する価値がありました。

素晴らしい笑顔が拝見できて私も思わずにっこりしてしまいましたo(*^▽^*)o
このような雄大な絶景を見ると自然に笑みがこぼれますね。

ところで就寝する時は寝袋ですか?

みやび様
良い顔しているでしょう!!自分でも納得の写真です。
ハイ、寝袋です。
寝間着は特にありませんがシャツは着たままフリース等を重ね着します。
ズボンは裏が起毛の柔らかな登山用ズボンを履き替えて寝ました。いざと言う時の替えズボンをかねています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60813614

この記事へのトラックバック一覧です: ギアナ高地&エンゼルフォール 4:

« ギアナ高地&エンゼルフォール 3 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 5 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ