« ギアナ高地&エンゼルフォール 5 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 7 »

2014/12/22

ギアナ高地&エンゼルフォール 6

Img_2930

 今日は全行程の中日。

下るにつれ進むにつれ違うテーブルマウンテンが見られる日。天気女に天気男ばかりがよくぞ揃ったと思う見事な青空が広がる。
※拡大できます

 

Img_2822

今日も見事に晴れた。

Img_2842

クケナンに陽が当たった。

Img_2858_2

昨日到着した時は我々のテントだけだったのに周りがテントだらけでビックリした。

Img_2871

6時半朝食。7時出発。早朝出発の理由は昨日と同じ。

Img_2878

日本の車山の麓を歩いて居る様な景色が続く。

Img_2883

峠まで来てキャンプ地を振り返り見る。

Img_2890

今度は霧ヶ峰の様な景色が。

Img_2907

左クケナン

Img_2916

真後ろがロライマ。 ジリジリと容赦なく陽が照りつける。

Img_2920
両方の山を入れて記念撮影。何故か何時も真ん中に入っちゃうんだよな~

Img_2934

見える景色も少しづつ変わり他のテーブルマウンテンが見える。

Img_2943

小さな教会が有った。数年前雷に打たれて食事スタッフが亡くなったのを悼んで作ったそうだ。 こんなだだっ広い所では逃げ場もないからな。

Img_2949

オット、我々のポーターがトイレ一式を運んで追い越して行った。

Img_2955

蟻塚です。指をなめて穴に入れると蟻がくっついてくる。その蟻を食べるとミントの味がするという。I嬢が試してみる。確かにミントの味だと言っている。

Img_2959

ヒエ~ 毒蛇だ。

Img_2970

此所も葉切り蟻が沢山出て来る。切った葉を肥料にキノコを栽培して食べるというお利口蟻さんです。

Img_2982

前方に集落が見えて来た。パライテプイだ。

Img_3002

66時間5分掛けてきたこの地。ヘリで飛び出したその地が目の前にある。

Img_3009

そしてロライマ山トレッキングのゴールだ。

Img_3014

氷で良く冷やされたビール・コーラ・真水が振る舞われた。
氷を頭に乗せて冷やしたり顔に擦りつけて火照った顔を冷やす。気持ちいい~っ!
オヤ?僕が「お公家さん」とニックネームを付けたK嬢は氷をタオルに包んで優しく顔に当てています「やっぱりお公家さん、やる事が雅です」。

Img_3018

此所からジープに乗りブラジルの国境に近いサンタエレナに向かいます。

Img_3025

来た時寄った同じ場所で昼食です。

Img_3046

映画ジュラシックパークの撮影場所に使われた場所だそうです。言われてみればそんな感じ。
途中何カ所も検問が有る。その何所も軍がやっていた。

Img_3074

ホテル グランサバナに到着。
此所から車で30分ほど走るとブラジルだそうで車1台$50のオプショナルツアーが有った。女性が参加したが男性二人は止めた。
ずっと同室の男性はTさん。今はリタイヤし僕より3つ年下。聞けば世界中の山に登っている。一番行って居ないのは僕で歳は一番上。最近は必ずと言って良いほど最年長になってしまった。

Img_3081

夕食会場です。

Img_3092

ハンバーガーを注文したのに間違ってサンドイッチが出てきた。作り直しますが食べて良いと言うので食べた。美味しかった。

Img_3093

これがハンバーガー。不味かった。

Beef001

お公家さんが頼んだビーフ。それぞれを僕と半分ずつ分けて食べた。牛肉は固いの固く無いの。我が家では絶対買う事がないであろう固い肉だった。

Img_3104

ホテルにはプールがある。到着して直ぐ泳いだ。そして久しぶりにシャワーを使い全身を石鹸で洗った。

※書き忘れたことが一つある蛙跳びの出来ないカエルは『オリオフリネラ』という。水かきがないだけでなくオタマジャクシの時代が無く直ぐに親と同じ形になるという。

明日は飛行機に乗りエンゼルフォールに向かう。星も出ている。飛行機はきっと飛ぶだろう。

« ギアナ高地&エンゼルフォール 5 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 7 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

おおっ蟻!
夫が先陣を切って食べました、甘いというと他の方も恐る恐る口にされてましたが
わたしはお腹がデリケートなのでチャレンジはしませんでした。

かえって間違えられて良かったですね。
小食のよし坊様、このハンバーガーでは一口も
お食べにならなかったのではないのでしょうか。


映画ジュラシックパークの原作は、
コナン・ドイルが ギアナ高地のロライマ山をモデルにして書いた
「失われた世界」からヒントを得たものらしいので 
グランサバナがロケ地になったのでしょうね。

と知った風なことを言うだけで 実際に見てみないと その迫力は分かりませんよね、、、
すみません。  (;´д`)トホホ…

オリオフリネラにも興味津々。
ロライマとクケナンにしか生息していないというのは 非常に面白く貴重な生き物ですね。
何故蛙飛びが出来なくなってしまったのか 考えるだけでワクワクします。

 ほんとうに霧ヶ峰と車山ですね(笑)
 親近感が一気に増します。
 昔、父が飲み屋さんから持ち帰った赤蟻を食べてみた母は酸味があると言っていましたが、
 ミントですか、おいしい蟻なんですね。
 よし坊様は試されなかったんですか?

 いよいよエンゼルフォールですか!
 待ち遠しいです。
 

shinmama様
物知りですね!!ついて行くのが大変です。
僕のは全て受け売りですから直ぐメッキがはげます。

同じ種類なのにテーブルマウンテンごとに進化が違うのも有るそうで、それぞれに隔離された状態であるかが解りますね。
トレッキングではなくて観光でロライマに立つ事とエンゼルフォールを見るJTBのパック旅行が有るようですから行かれたらどうでしょうか。

うつきよう様
ソックリでしょ!!でも山ガールは居ませんでした、、、
一寸大きめの蟻でしたね。気持ち悪くて僕は食べられません。


拘りのエンゼルフォール。遠かったです。

見事な青い空。綺麗です~。^^
なだらかな道もあるのですね。険しい道ばかりかと思っていました。
アリはミントの味!? 食された方はチャレンジャーですね。
キノコを栽培して食べるアリ、オタマジャクシの時代がないカエル、
そしてカラフルな毒蛇・・・・・珍しい生き物にも遭遇できるのですね。

ニャン様
緩くダラダラした道だと普通は飽きが来るのですが遠くにテーブルマウンテンが見え楽しんで歩けました。
此所には色々な生き物が居ますが目にしたのはほんの一部、気がつかずに通過してしまったのも沢山有った事と思います。

鳥も沢山居ました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60828025

この記事へのトラックバック一覧です: ギアナ高地&エンゼルフォール 6:

« ギアナ高地&エンゼルフォール 5 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 7 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ