« ギアナ高地&エンゼルフォール 6 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 8 »

2014/12/24

ギアナ高地&エンゼルフォール 7

Img_3239

 昨日でギアナ高地の登山は全て終了しこの日からは場所が変わりエンゼルフォールに向かう。
写真は飛行機から見えたエンゼルフォール。

Img_3107

 マンゴージュースを飲む。このトロピカルなジュースが実に美味い。 初めて大好きなベーコンが出た。朝食はこれでなくちゃ!!

Img_3116

車で20分ほどの所に有る空港に到着。軍が管理していて兵隊が多い。

Img_3123

一見和やかな待合室です。

Img_3128

どさくさに紛れて素早く一枚撮った。

Img_3189

座席数21人。いとも簡単にフワッと舞い上がったと思ったら昨日まで居たロライマ山が見えた。

Img_3159

大きく旋回したら飛行場の全容が見えた。小さな飛行場ですが小さな管制塔も有る。

Img_3194

この川はきっとエンゼルフォールから流れてきているのだろう。

Img_3221

似た様なテーブルマウンテンが次々現れる。

Img_3223

急旋回したと思ったら

Img_3225

みえた!滝だ。機長がエンゼルフォールだと教えてくれた。

Img_3248

両側のお客さんに見える様に再び旋回。こちら側からも見させてもらえた。 こんな大サービスをしてくれるのはチャーター機だからだろうか。
※拡大できます

Img_3271_2

1時間でカナイマの空港に到着。操縦室を写させてもらった。

Img_3273_2

これが乗ってきた飛行機ですが軍人がパスポートチェックして居るので気安く写真は撮れない。

Img_3278

空港待合室にはお客さんなのか地元の人が遊びに来ているのか解らない状況で店も数軒有るが売る気は全く無い。欧米系の観光客らしい人も大勢いる。
実は心配なことが一つ起きている。2機チャーターした先発の1機が到着して居ない。お公家さんと現地ガイドが乗っている。我々が乗った飛行機より更に小さい機体だったので・・・まさか、、、待つことしばし元気に下りたった。よかった!

Img_3302

空港からバスの様なトラックの様なこれに乗って

Img_3315

Img_3311

キャンプ パラカウパ に泊まります。シャワーも付いたこの地区では最高グレードのようです。

Img_3324

東屋から遠くに見える滝の飛沫やテーブルマウンテンを1時間ほどノンビリ見て贅沢な時間を過ごした。

Img_3329

Img_3332

山の中の限られた食材と設備とは大きく違う食事にホッとする。エリカの料理よりこっちが良い。

Img_3369

この複葉機がよく飛んで来る。エンゼルフォールの観光フライトではないかと思う。

Img_3374

さて、天気も良く2日後の予定を前倒ししてカナイマのラグーンをボートクルーズする。

Img_3378

ハイ皆さん!ライフジャケットをチャント着けましたね。ひょっとするとそのお陰で助かったなんて事に成らないとは限りませんよ!!

Img_3404

Img_3410

Img_3412

近づくと迫力が有り虹も奇麗だ。

Img_3422

対岸に到着。

Img_3438

30分ほど歩くと新たな滝に到着。

Img_3452

水着になって滝の裏側に回り込みますが足元は滑るし水飛沫はブッ掛かるしイヤハヤ大変。

Img_3456

全員が通り抜けました。その後一人ずつ飛沫の一番激しい所で記念撮影。

Img_3513

さっきはバカな事したよな~滝の裏側で飛沫を浴びたりして、、、家族はこんな事してるなんて夢にも思っていないよ!なんて話しているのは先ほどの滝上です。雨期には此所も激しく水が流れているそうです。

Img_3516

で、今度はこっち向き!!
ミルフォードトラックのガイドがこんなポーズ取るよな~。。。うけ狙いでやりました。

Img_3540

さて、ロッジに戻ってきました。

Img_3547

Img_3549

Img_3551

夕飯はこれですが蛍光灯が黄色で写真がまともに写りません、、、 
明日はいよいよ僕の拘りの一つでこのコースを選んだ理由でもある『世界一』の冠が付くエンゼルフォールに向かいます。


 庭に螢が飛び星も奇麗だった。

« ギアナ高地&エンゼルフォール 6 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 8 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

ああ、懐かしいです~。
エンジェルフォールもサバイバーな訪問をされるんでしょうか、ワクワク。

 おぉ!
 エンゼルフォール!
 飛行機から眺めるだけでも、圧倒的な迫力ですね。

 山の食事を拝見していたので、すごいごちそうに見えます。

 それにしても、
 大小滝だらけですね。
 おみ足を伸ばしていらっしゃるのは、よし坊様ですか?
 足首キュッ、できれいなラインですねscissors

 いよいよですね。
 楽しみです。
 

うれし様
凄い!!エンゼルフォールにも行った事があるんですか?
何年前の事でしょうか?そしてその頃はどんな状況だったのでしょうか?
知りたいです。

うつきよう様
運良く飛行機から見えました。見えない日も有るわけですからラッキーでした。
はい、食事内容は俄然良くなりました。どれも皆美味しかったです。
水着に長袖のアイスブレーカーを着て細い足出して・・・受けました!!

うあぁ~!!!
凄い迫力。
水飛沫を浴びてスカッとした笑顔がまた素敵o(*^▽^*)o

2011年10月に行きました。
その時の様子はブログ・カテゴリーの
イグアス&エンジェルフォール10日間でご覧くださいませ(o^-^o)

みやび様
雨期の真っ最中だったらどんな事に成っただろうと思いますね。
風呂やシャワーが思う様に使えない生活をして居ると水の有難味も解ります。
日本は恵まれすぎています。

うれし様
重ね重ねのカキコ有難う御座います。
読んできましたよ!!同じですね!!うれし様は雨期に行かれているので水の量が凄いですね。
観光で行かれて展望台まで行ってしまうとは・・・オソレイリマシタ。


美しいよし坊様のビーナスポーズは とてもよろしいのですが、
(何がよろしいのかは 聞かないでくださいね、、、笑)
皆さんが並んでいる後ろ姿の画像が 哀愁を感じるので好きです。

この日は エンゼルフォール予告編とその序章 という位置づけのような1日で
見ているだけで わくわく感が増してきました。  

想像をはるかに超える未知の画像で埋め尽くされた ブログを ここまで連日拝見していると
たしかに 飛行機を乗り継いで 33時間かけていく価値があるのだろうと納得です。
きっと次にご紹介くださるエンゼルフォールの素晴らしさで 
帰りの33時間が我慢できることになるのでしょうね。

蛍と美しい星空、、、
禁断の恋が生まれそうな シチュエーションですが、、、、。(笑)

shinmama様
顔ばかり真っ黒で日焼けしない足が真っ白な不気味な女形のビーナスですね、、、

似た様な写真をコレデモカコレデモカと出して見る方もうんざりだと思うのですがよくぞお付き合いをして頂きました。
カメラもレンズもロライマでは砂利でレンズのズームリングを廻すとガリガリ音が出るし、ボートや滝で水は被るし大変な思いをしました。
そんな悪条件でしたが頑張って撮り続けました。さて、見事な滝は見られたのか・・・
そして恋が・・・・気がつけば旧知の友の様な奇麗な女性の仲間は居ましたが・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60832476

この記事へのトラックバック一覧です: ギアナ高地&エンゼルフォール 7:

« ギアナ高地&エンゼルフォール 6 | トップページ | ギアナ高地&エンゼルフォール 8 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ