« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014/12/29

ギアナ高地&エンゼルフォール 9 完結編

Img_3946

 今日も天気がいいぞ!!!!!
それはそれは見事なエンゼルフォールが見える朝を迎えた。
※拡大できます

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 9 完結編" »

2014/12/26

ギアナ高地&エンゼルフォール 8

Img_3867

 展望台(と言っても台があるわけでもなく前方が開けて滝が正面に見える場所)から見たエンゼルフォールで始まる今日のブログ。 いよいよ秘境探検の真骨頂とも言えるエンゼルホールに向かいます。
エンゼルフォールを発見したのはごく最近の事だ。悪魔の山と言われている最大規模のテーブルマウンテン「アウヤン・テプイ」の頂上台地から流れ落ち落差979mあります。
※拡大できます

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 8" »

2014/12/24

ギアナ高地&エンゼルフォール 7

Img_3239

 昨日でギアナ高地の登山は全て終了しこの日からは場所が変わりエンゼルフォールに向かう。
写真は飛行機から見えたエンゼルフォール。

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 7" »

2014/12/22

ギアナ高地&エンゼルフォール 6

Img_2930

 今日は全行程の中日。

下るにつれ進むにつれ違うテーブルマウンテンが見られる日。天気女に天気男ばかりがよくぞ揃ったと思う見事な青空が広がる。
※拡大できます

 

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 6" »

2014/12/19

ギアナ高地&エンゼルフォール 5

Img_2701

 カナイマ国立公園は1994年世界遺産に登録された。

ギアナ高地一帯は侵入者を拒絶する最後の秘境と言われ地図の空白地帯。その中央にカナイマ国立公園がある。
テーブルマウンテンは100近くありその殆どがロライマ山と同じで四方が垂直な壁となり外界と切り離され、太古の昔からの生態系を保つ事が出来『進化の箱船』と呼ばれている。
此所に人類が足を踏み入れたのは19世紀末のこと。如何に何事も寄せ付けない場所と形状だったかが解る。
※拡大できます

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 5" »

2014/12/17

ギアナ高地&エンゼルフォール 4

Img_2220

 夜中には星の見え方が少なかったのですが朝は見事な青空。
計画では一泊二日でヘリに乗ったパライテプイまで下る予定でしたが二泊三日で下ります。 そんな訳で6時半の朝食前にはパッキングを済ませテントの中を空にしておかなければ成りません。我々が食事中ポーター達はテントを撤収し荷造りを始めます。

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 4" »

2014/12/15

ギアナ高地&エンゼルフォール 3

Img_2051

 さあ今日も見事に晴れた。
頂上台地に3日居る計画でしたが2泊で下山する事に計画変更されている。何故なら1泊2日で下山する事は可なり道程が有るらしく少しでも楽に安全に下山出来る事を優先する事になった。

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 3" »

2014/12/13

ギアナ高地&エンゼルフォール 2

Img_1474

 一寸不気味な色をした朝焼けをしばらく眺めた。
次第に雲が取れロライマ山の全容が現れた。
予備日を含めて丸三日有るがどうやらヘリは今日飛ぶらしい。ラッキーだね!!

 

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 2" »

2014/12/11

ギアナ高地&エンゼルフォール 1

Img_1435

『秘境ギアナ高地、ロライマ山ヘリ・トレッキングと 世界最大落差の滝エンゼルフォール15日間』
とタイトルの付いたトレッキングに参加する事にはいささか抵抗があった。何故なら衛生状態、特に水が怪しげな様だ。それでも決断したのは拘りの世界一がある事と自分の体力が先延ばし出来ない時期に来ている事だ。
往復ヘリの「ポレポレプラン(ポレポレとはスワヒリ語のユックリ・ノンビリの意味)」も有るのですが先輩の助言もあり下りは自分の足で下りるプランを選択した。
※写真はギアナ高地の特異な形「テーブルマウンテン」が見え、平らな山頂と最高地点にも登るロライマ山です。
それでは想像もしていなかった原始時代に返ったような生活やハプニング、五つ星ホテルにも泊まる何ともギャップの大きな顛末記の始まりです。

続きを読む "ギアナ高地&エンゼルフォール 1" »

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ