« 哀れオオバン・・・オオタカが、、、 | トップページ | ミサゴ »

2015/01/21

ミコアイサ その2

9p7t2400

 前回撮影した二日後に再び撮影に行きました。 良く見ると頭がモヒカン刈りしたようなミコアイサ♂なんですね。

9p7t2382

ミサゴも来ましたが旋回するだけで飛び込まずに去って行きました。

9p7t2404

♂は二羽いると言って居る人と三羽いると言っている人が居ますがこの写真の真ん中にいる一羽が見る角度で♂に見えるようです。
実はとても敏感でなかなか近づいてきません。葦原の陰に隠れる様にして近寄るのを待って撮影して居ます。
と言っても大変遠いので600mmに1.4倍のテレコンバーターを付けて撮影して居ます。

9p7t3299_2

飛翔体を撮ることが出来ました。

9p7t3306_2

着水寸前ですが連続撮影枚数を超してしまいシャッターがストップ。

« 哀れオオバン・・・オオタカが、、、 | トップページ | ミサゴ »

」カテゴリの記事

コメント

ちょっとヤンキー?なミコアイサ1
可愛いです♪
飛んでいる姿、何かユーモラスでこれまた可愛いです。
家の近くでは雀、ヒヨドリ、たまにメジロを見るぐらいなので
このようなお写真に癒やされています。

みやび様
そおですね!ヤンキーですね。
樹と食べ物が有ればメジロも街中で見かけますね。
小鳥の多さが自然のバロメーターですから。


3羽の中央は ♂の幼鳥ですか?

準絶滅危惧種のミコアイサの♂が見たいのですが
臨海公園では 近くで見るのが難しく
万が一 見つけたところで 私のカメラでは とても撮影は無理。
まして これだけ見事に写していらっしゃると すでにギブアップです。

でも あきらめず 双眼鏡を持って お天気が良い日に出かけようと思います。 

最後の写真、
うしろの一羽が前の一羽を
「待ってよ、待ってよ」 と追いかけているように見えますね。

どれも二羽が見事にシンクロしていて、ユーモラスです。

shinmama様
僕は♀と見て居るんですがどうなんでしょうかね。
その後もミサゴ撮りで出かけて居ますが段々近づいてくるようになり3日前には10m程の所に来ました。何時まで此所に居てくれるか楽しみです。
双眼鏡ならパンダ顔の確認が出来ますから是非諦めずにお出かけ下さい。

うつきよう様
この2〜3コマ後が着水寸前でその後着水するのですが肝心な所でシャッターが止まってしまいました。

思う様に撮れないです。

水面に居る時と飛んでいる時とは別の鳥のように見えます。
羽を広げると白黒の模様が結構目立ちますね。
着水寸前の姿は 背伸びしているミーヤキャツトにも見える私です、、、。
鳥撮りは忍耐と技術が必要ですね。
普段何気なく見ていた鳥も 観察していると新たな発見があるものですね。^^

ニャン様
ミーやキャット\(・o・)/ワア!ヘ(^^ヘ)確かにソックリですね。 座布団5枚です。
コーヒーやココアを作ったり昼飯食べたりバカ言ったりして撮影して居ますからそれなりに楽しんでおりますが早い話が隠居の暇つぶしと思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60963980

この記事へのトラックバック一覧です: ミコアイサ その2:

« 哀れオオバン・・・オオタカが、、、 | トップページ | ミサゴ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ