« インフルエンザ | トップページ | ミコアイサ その2 »

2015/01/19

哀れオオバン・・・オオタカが、、、

9p7t4028

 5日前の話です。
この池にはオオバンも沢山居ます。 そのオオバンの一匹が恐ろしくも哀れな結末を向かえる事になりました。

9p7t3473

枝被りした出来映えの悪い写真の後ろ姿。オオタカだと思うのですがもしかするとノスリかも知れません。

9p7t4018

さて、そのオオタカがオオバンを捕まえ食べたのです。
この日ミサゴ狙いで何時もの場所で飛来を待っていました。
すると、その池より一つ北側の池にカメラマンが続々集まって しきりに何かを撮っています。 目の前でミサゴが飛び込んでもレンズがミサゴを狙いません。
他県の人が大勢来て翡翠を撮っているのだろうと思いながら望遠レンズ越しに見て居ました。
その翌々日オオタカがオオバンを捕らえた話を聞いたのです。

オオタカが来ると鳥達は一斉に逃げます。
逃げる事でオオタカが来た事を我々は何時も知るのです。
この写真は別の日に撮って有った写真で直接関係有りません。

« インフルエンザ | トップページ | ミコアイサ その2 »

」カテゴリの記事

コメント


オオバンを捕まえて食べる?

オオバンはそれほど小さな鳥ではないのに 
オオタカは すごく獰猛(どうもう)なのですね。

自然の法則とはいえ、
そういう場面は できるだけ見たくない気がして、、、
以外と チキンなんです 私。(笑)


shinmama様
自然界の食物連鎖とは言えなんとも気の毒な話です。
ヒドリガモの方がムクムクしていて美味しそうですが・・・と言ってはいけないか、、、
今日は親子ずれが来て餌を与えていました。オオバンが沢山寄ってきていました。我々は餌を与えない方が良いのだがなあ〜と何時も言って居ますが小さい子が喜んでいるのでね。
難しい問題です。

弱肉強食 自然界の姿ですね。
オオバンには気の毒ですが オオタカも生きて行くには当然の行為なのでしょうね。

家の横の空き地にも裏の林にも多くの鳥がきます。
悲鳴にも似た鳥の声を聴くと何事が起ったのか?と心配になります。
ここ数日空き地の上空をトンビが旋回している姿をよくめにします。
何を狙っているのやら・・・・・。?。

ニャン様
そおなんですね。気の毒ですが。
息の根が止まるまで水の中に足で押さえつけて沈めていたそうです。
猛禽類が来ると弱い鳥を始め小さな動物たちは驚いて逃げますからね。
でも、お腹が一杯の時は直ぐ横にいても襲わないのが自然界の道理で凄い事と感心してしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/60984488

この記事へのトラックバック一覧です: 哀れオオバン・・・オオタカが、、、:

« インフルエンザ | トップページ | ミコアイサ その2 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ