« おでんフェア  | トップページ | きらぴ香 »

2015/03/25

ミサゴフィールド

Img_4270

 此所は連日ミサゴを撮る為に通って居る場所で、1月にはこのブログで山の上から撮った写真を出しました。
僕は目の前までリヤカーを牽引してオートバイで来ます。他の人は駐車場に車を止め其所から機材一式を担いで歩いてきます。

9p7t5282

今年はミサゴの飛来が極端に少なく良い写真が撮れません。

9p7t5295

この時は魚が大きすぎて引き上げることが出来無いらしく、しばらくもがいていましたが水中に引き込まれそうになり諦めて魚を放してしまいました。

Img_4271

毎日通って居る我々のことは何時しか『ミサゴオジサン』と呼ばれるように成りました。
3月に入り益々飛来は少なく成り今此所には通って居ません。ターゲットを変えカワセミを追っていますが・・・実は珍客も来て・・・

« おでんフェア  | トップページ | きらぴ香 »

」カテゴリの記事

コメント

 1月の、山の上からのお写真、覚えています。
 さすがにずいぶん緑が濃くなりましたね。

 お家から、この籠を引っ張っていらっしゃるのですか?
 機材一式、近くまで運べて良いですね。
 でも、走りにくくありませんか?

 『ミサゴオジサン』 は、みなさん『カワセミオジサン』 に変身されるんですか?
 それぞれにお好きな鳥や、得意な鳥もおありなんでしょうね。

リヤカーを牽引 おちゃめで素敵な叔父様という感じですね。
冬場もオートバイに乗ってらっしゃったのですか?
だとしたら、お若い! カッコいいです。^^
ミサゴも大きな魚だと危険目に合うことも有るんですね。

うつきよう様
オートバイで来るのがトレードマークになってしまいました。
カメラ本体と食料やテルモスに飲み物はリックに背負って来ます。

全員が翡翠を追っかける訳では有りません。ばらけますし けっこう遠い所まで行く人等それぞれ自分の好きな鳥が有りますので翌シーズン「や〜又お会いしましたね」と成る方もいます。
僕は横着なので遠くまで行く気はないんです。

ニャン様
年代物のオートバイだけでも目立ちますがリヤカー引いていると余計目立ちます。
オーバーズボンに釣り用の防寒具など寒さ対策ガッチリで走ってそのままの格好で撮影しますがそれで丁度良いくらい水辺は寒いです。
そおです、水の中に潜ってしまったのを見た人も居るそうです。

RINOはいつも通勤途中や 上の道路を通るたびに
よし坊さんの姿 確認して ニコッとしてましたよheart04

RINO様
そおなんですってね!何時も気に掛けていてくれて有難う御座います。
何時しかミサゴオジサンと言われるまでに良く通いました。
暑い日も寒い日も・・・では無くて寒い日も風のある日も弁当持ちでしたからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/61290772

この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴフィールド :

« おでんフェア  | トップページ | きらぴ香 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ