« さて、何所に行こうか?3 | トップページ | トビと写真と東京理科大 航空部 »

2015/04/24

餌の魚が居ないんですぅ、、、

9p7t7975

 翡翠が加えているのは水中に棲んでいる虫です。


二ヶ月以上通って気が付いた事が有る。 とても気の毒な状態で昨年の台風18号で何もかも流されてしまい餌に成る魚も居なくなってしまった。
例年だと群れた魚の固まりが至る所で見られるのに今年は全く見られない。
魚を咥えて飛び出てくる事は無く何時も虫ばかり。これでは生きて行けないだろうし個体数も増えそうもない。

飛び出した瞬間から連続写真です

9p7t8639

9p7t8640

9p7t8642

9p7t8643

咥えているのはやっぱり虫。
餌の魚を買ってきて放流する訳にも行かず焦れったい日が続いている。

« さて、何所に行こうか?3 | トップページ | トビと写真と東京理科大 航空部 »

」カテゴリの記事

コメント

 あら~weep
 翡翠、どうなっちゃうんでしょう・・・
 自然の力はあまりに大きいですね。
 台風の爪痕は簡単にどうにかなるものではないでしょうし、
 心配ですね。

うつきよう様
そおなんです。
500mほど下流を縄張りにしている翡翠は少し条件が良いとの報告が入って居すがどちらにせよ魚の絶対数が足りません。困りましたぁ。
それでも抱卵しているらしく一直線に巣があるらしい細い沢を山の方に向かって飛んで行く姿を何度も目撃しています。

自然界の厳しさですね、、、、。
それでも翡翠は、虫を必死になって捕まえているんですね。
生きて行かなければならないし。
卵を抱いているとなればなおさらの事・・・・。
雛がちゃんと孵り、育ってくれるといいですね。
長浜ももうすぐ?カンムリカイツブリが抱卵するはず・・・
昨年は蛇やカラスに多くの卵を捕られてしまいましたから・・・。

ニャン様
長年通って居ますがこんなひどい年はありません。
もうじきゴールデンウイークが始まりますがそうなると今度は人間が河原に入ってしまい益々翡翠は出てこられない状況になります。
そおなんです、カイツブリも目が離せないです。時々見回りに行って居るのですが未だのようです。しかし気を抜く事は出来ません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/61458955

この記事へのトラックバック一覧です: 餌の魚が居ないんですぅ、、、:

« さて、何所に行こうか?3 | トップページ | トビと写真と東京理科大 航空部 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ