« 主要観光地を巡るドイツの旅 1 | トップページ | 主要観光地を巡るドイツの旅 3 »

2015/06/05

主要観光地を巡るドイツの旅 2

Img_2916 写真はドレスデン歴史地区のフラウエン教会です。

 

Img_2847

参ったな~ベーコンが無い。勿論これだけではなくヨーグルトや果物も有れば食べます。

Img_2867

ツヴィンガー宮殿

Img_2885

カトリック宮廷教会とドレスデン城

Img_2901_2

冒頭のフラウエン教会を別角度の真下から撮っています。
爆撃で粉々に飛び散った石材を距離から推測して元の位置に戻して作り直しているそうで、黒色の石がオリジナル、白色の石が新しく作った物。黒いままの大きな壁面は倒れたのを起こし元の位置に納めたそうです。

Img_2931

君主の行列の壁面のあるこの建物は厩舎だったそうで壁画はマイセンの作ったタイル。戦時下でも朽ち果て無かったとの事です。

Img_2943_2

壁画の中央にはドレスデンをバロックの都市としたアウグスト強王(17世紀~18世紀)。彼は多くの芸術家を呼びマイセン陶器も作らせたが女性関係も華やかで350人以上の子供がいたそうな。

Img_2967

オペラハウス

Img_2897

さて、この橋を含めて2ッ有った橋を渋滞が激しいからと1ッ増やし3ッにした事により世界遺産の資格を剥奪されたそうで何とも勿体ない話です。

Img_2985

観光用の馬車も有ります。

Img_3000

Img_3005

Img_3008

お昼はソーセージ料理。必ずキャベツが添えられます。日本では食べないであろう分厚い部分まで確り入って居ますので日本人には一寸な~。

Img_3018

バスはアウトバーンを4時間突っ走りニュルンベルクに向かいます。

Img_3016

時々見事なレンゲ畑も続きます。その為でしょうか朝食会場にはレンゲ蜂蜜が必ず有った。

Img_3035

マリテムホテルです。

Img_3031

思い返せば今回泊まったホテルでは此所が一番大きく設備が整っていたし中央駅の隣で条件も良かった。

Img_3025

一端部屋に入って自由時間は街の散策。

Img_3041

城壁に囲まれた可愛らしい旧市街は中世の面影を残します。

Img_3056

Img_3059

オモチャの街としても有名だそうですが街がオモチャなのか玩具のオモチャなのか?よく解らない、、、

Img_3062

川はペグニッツ川で建物は14~15世紀の養老院。
街一番の写真スポットだそうですがドンヨリとした曇り空で写真写りが悪い。

Img_3070

この日夕食は付いて居ないのでパスタでも食べようかと入った店は注文すると目の前で作ってくれる。 コック達調子は良いのですが

Img_3080

具も麵もバカ盛りで味は最悪。今回の旅行中ワーストワン。

Img_3089

ニュルンベルクのシンボルの様な塔は職人広場の脇に建ち今日も静かに暮れようとしている。。。

今回の旅で毎日配られた街の絵地図が実に見やすい。

旅の絵地図屋  岩ぼんさん 『上手くリンクが張れなかったのでアドレスを http://blog.goo.ne.jp/iwabonmappa/ 』 で、自らもツアコンをして居る。

ブログ内絵地図のダウンロードよりDLマーケットに入り1枚205円で買う事が出来る。

« 主要観光地を巡るドイツの旅 1 | トップページ | 主要観光地を巡るドイツの旅 3 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

友人の奥さんがドイツの方でドイツには少なからずとも興味を持っています。
でも、やっぱり遠いですね。飛行機で11時間半ですか、、、、、
上級エコノミークラスというのがあるのですね。
長時間のフライトですし、席が広い方が良いですね。
町並みがとても良い雰囲気。馬車がとても似合いますね。
それに道路も広そうに感じますが、どうなのでしょう?
やっぱりソーゼージは美味しいですか?ビールに合うようソーセージもスパイスが効いているとか??

乗り継ぎでイタリアやスペイン、ポルトガル辺りだともっと長い時間掛かります。海外旅行は飛行時間がネックですね。
ドイツのアウトバーンは縦横無尽、広いし走りやすいですよ。BMでアウトバーンを走ろう なんて言う企画の案内は無いですか?ベンツには有りますよ。
ソーセージはあまり好きではないのですがドイツのソーセージは概ね美味しかったです。一般的に肉も血も一緒に練り込んで有る黒い色のソーセージが多かったです。
水より安いビール、ビール好きには永住したい國ではないでしょうか。

コンバンハ!!!
ヨーロッパの町はどこも中世の建物が数多く残っていて、現代の生活圏ともよく溶け合っていてとても雰囲気があって好きです。よし坊さんがおっしゃっていたようにお城と教会が多いのも全くそのとうりで、私も後で振り返ってみてもどこがどこだったか思い出せないくらいでした。
建造物もオリジナルな部分と新造の部分とがうまく融合していていい雰囲気ですね。


はい、ビール好きなので オクトーバーフェストで酔い潰れるのが夢です。(笑)
美味しいヴァイスヴルストに専用のハニーマスタード
朝昼晩、これにプレッツェルがあれば、、、、
この時間に コメントを書いたことを反省。  o(_ _)oペコッ

ずっと拘束されるのでなく 半日でも自由時間があるツアーっていいですね。

ごくらくとんぼ様
そおなんです、教会と城、何所がどうでどおだったのかごちゃごちゃに成ってしまい余程特徴がないと正確に思い出せないんです。命の洗濯に行ったと思えばそれで良いと思って居ます。
何時も日本の歴史と比べギャップの差を感じます。ぶっつぶして新しくする日本の文化とも大きな違いを何時も感じます。

shinmama様
ビール好き天国です。オクトーバーフェストで酔いつぶれたら幸せですか?良いじゃないですか!!
今からミュンヘンのホテル予約しないと間に合いませんよ!
ドイツビールを一寸飲んでみると度数が強いので苦く感じました。高くても水の方が良いと思うドイツでは生活出来ない私です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/61683982

この記事へのトラックバック一覧です: 主要観光地を巡るドイツの旅 2:

« 主要観光地を巡るドイツの旅 1 | トップページ | 主要観光地を巡るドイツの旅 3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ