« 主要観光地を巡るドイツの旅 3 | トップページ | 主要観光地を巡るドイツの旅 5 »

2015/06/10

主要観光地を巡るドイツの旅 4

Img_3745

 霧と雨で浮かび上がるように姿を見せた白亜の美しい城『ノイシュバンシュタイン城』。 今回の旅はこの城を見る為にやってきたと断言出来る。

期待は最高潮に高まって居るのですが無情にも雨。 ツアコンが「霧で幻想的に見え素晴らしいじゃないですか~」と慰めを言って居ますがそお言われると余計腹が立つ、、、

 

Img_3648

朝食を そそくさと食べる。 ツアコンには事前に「城の内部は見なくて良いので、マリエン橋まで一人で行って城の写真を撮りその後皆様と合流します」と言ってあったのですが・・・

Img_3779

シャトルバスに乗り上の駐車場まで。これが運休すると40分ほど余計な時間が掛かるとの事ですが動いていました。

しかし、、、橋が揺れて危険な為数日前より通行止めだという。ナンテコッタ。。。ツアコンは知っていたに違いない。

Img_3669

終点からショックを引きずりトボトボ歩くと目の前に見えて来ました。

Img_3698

真横に立つと大きいですね。

Img_3704

雨はほとんど気に成りません。

Img_3705

マリエン橋が見えます。人は確かにいません。通行止めになる直前橋に行った別のツアコンはグラグラ揺れて怖かったと言って居るそうな。

Img_3719

外壁の内側まで来ました。 なかなか綺麗でまとまりの有る城です。負け惜しみじゃありません。

Img_3727

入場は電光掲示板の案内順に。我が家は傘でなくポンチョで。これが実に都合が良い。 内部は撮影禁止でした。

Img_3737

外部に出て来ました。此所から撮影すると良いと言われた場所ですが木が邪魔です。

Img_3769

さて、バスでなく洒落て城まで行きたい人は馬車がありますが満席にならないと出発しないそうです。

Img_3786

ノイシュバンシュタイン城を建てたルードヴィッヒⅡ世の父親の建てた城は直ぐ近くにありますが城の名前は忘れました。

Img_3791

第一目的だった城ともお別れです。

心配していた工事は内外部とも無し。橋に行けなかったのは残念ですがホボ満足でき来て良かったと思いました。

Img_3792

土産物屋前にポスターの宣伝がある。番号を言って注文するようです。6番なんて1年に何回遭遇出来るのでしょうか?

Img_3794

昼食会場です。

Img_3805

Img_3808

Img_3817

他の日本人団体と一緒になりました。今回の旅行中初めてでした。

帰りがけ出入り口前であの國の連中が固まって大声で喋りながら煙草を吸っていて大迷惑でした。

Img_3839

バスでは何時も真ん中か最後尾に座って居たのですが今日はバスの前列。良く見えます。
アウトバーンを4.5時間突っ走りホッケンハイムまで走ります。

真っ直ぐ行けばシュトゥットガルト(Sパの育てた我らの岡ちゃんが2年前まで所属したチームの有る所・今はマインツに所属)等の案内標識も良く読めます。

Img_3878

Img_3849

ホテルは アハト コンフォート マンハイム ホッケンハイム って舌噛んじゃいそうです。

Img_3863

Img_3871

Img_3874

ホテルに隣接するレストランでの食事でしたが固い肉です。毎回そうですが同年配の人達、残さずペロリと食べています。堂々と残しちゃうのは我が家だけ。不味い料理を腹一杯食べてお腹こわすより小食で腹すかし状態の方が外国では安全だ。

Img_3879

食後、近くにモールが有ると言うので行きました。早足で20分掛かりました。

Img_3690

締めくくりにノイシュバンシュタイン城をもう一度。

« 主要観光地を巡るドイツの旅 3 | トップページ | 主要観光地を巡るドイツの旅 5 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

懐かしく拝見しています。

楽しみにしていらっしゃったノイシュバンシュタイン城が雨で残念!
私が行った時も雨こそ降っていませんでしたが霧で近くに行ったときは姿が見えず・・・。
マリエン橋は行けましたがもちろんそこでも見えず。
今度見られなかったらまた来るの?などと思いながら4年後、再度訪問。
素晴らしいお天気でお城を堪能。

よし坊様も是非再訪して下さい。

みやび様
晴れ男なんですが肝心な所が雨になってしまいました。
マリエン橋は補強するのか付け替えるのか知りませんが当分ダメでしょうね。
そおでしたか!みやび様は再訪までして目的を達成されたのですか〜羨ましいです。
あそこは唐松の紅葉と城の空撮が良いですね。オプション出せば乗る人が多いんじゃないかと思うのです。
以前みやび様から「アウシュヴィッツには是非行かれると良い。人生観が変わりますから」とアドヴァイスを頂いていましたが今回のコースには付いて居ませんでした。

 マリエン橋って、すごいところにあるんですねeyeshine
 風でもないのに揺れる?
 それは怖~いtyphoon

 ノイシュバンシュタイン城、
 雨で残念でしたが、
 霧の中、幻想的です。
 間近のお城は臨場感があって、さすが迫力ですね。
 内部はきれいなんですか?

 お料理、おいしそうに見えますが・・・
 我が家は満腹のほうを選んでしまうだろうなあ・・・coldsweats01
 
 

うつきよう様
そおですね、行ってみなくちゃ解らない事って有るんですね。絶好のビューポイントなんですが行けなかったのはとても残念です。

城の内部は綺麗でした。大きな城ではないので小さめの部屋が多かった印象です。世界中から来る観光客の多さにビックリしました。

全体では不味くて箸も付けられない様な料理は有りませんでしたから上出来。魔法の液体醤油は持って行くに越した事は無いと思います。


雨女の私が行けば さらに大雨に違いない、、と思いながら拝見しました。
 > 霧で幻想的に見え素晴らしいじゃないですか
いつも私も 心の中で 「あなたは何度も見てるからだよ」と ブチッと きれそうになります。(笑)

でも リニューアルしたばかりで 内外とも きれいな状態をご覧になれたので よかったですね。

舌をかみそうな長い名前のお城ながら シンデレラが出てきそうな美しい外観、、、
テレビや雑誌で ノイシュバンシュタイン城を見るたびに
「ここに行ったんだよなあ、、」と懐かしく思い出せる よし坊様が羨ましい。

コンニチハ!!!
待ちに待った 『ノイシュバンシュタイン城』 の映像です。冒頭の写真、幻想的で素敵だと思います。工事は完全に終わっていたのですね。美しい城が見れて良かったですね。
マリエン橋は残念でした。行ってみなければ分からないことってよくありますよね。
ポスター写真はどの季節も憧れます。
私もプラハ郊外の古城で馬車に乗りました。晴れていたので幌無しでした。

shinmama様
人生とは、ここぞと言う時ほど雨になる確率が多いんでしょうね。
橋からも見られませんでしたがそれも思い出にします。
白い城は他にはないので綺麗さがずば抜けていました。シンデレラを連想しても全くおかしくないと思います。日本だったら白鷺城とでも付けちゃうかも知れません。
TVや雑誌で・・・見る度に行って良かったけど雨だったよな〜と思い出させるぅぅぅ

ごくらくとんぼ様
我が家の斜前のお宅のお嬢さんがイギリス暮らしをしているのですがこの城に行って来て「工事はしていない」とブログに書いて有りました。その話もあって今回のドイツでした。
馬車に乗ったりセスナに乗ったりと、そんな行動派とは思えないのですがなかなかやりますね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/61693844

この記事へのトラックバック一覧です: 主要観光地を巡るドイツの旅 4:

« 主要観光地を巡るドイツの旅 3 | トップページ | 主要観光地を巡るドイツの旅 5 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ