« 主要観光地を巡るドイツの旅 5 | トップページ | VS横浜とVS川崎 »

2015/06/15

主要観光地を巡るドイツの旅 6

Img_4358

 帰国日は半日自由行動がオマケに付いてダウンタウンを散策する時間がある。

Img_4339

Img_4343

今回の旅でコックが卵料理を作ってくれるホテルは此所だけでした。持参の醤油をかけて食べようと思い目玉焼きを頼んだ。

Img_4349

セントレア・関空組は朝食後直ぐ空港に。皆さんお元気で〜。日本到着は翌日早朝だそうだ。

Img_4352

羽田組はバスに乗りダウンタウンで下ろしてもらい午後2時15分決められた場所に集合。

Img_4365

真っ先に向かったのはブランド店が並ぶゲーテ通り。

Img_4369

ウインドーショッピングだけで終わってしまった。と言うより最近ブランド物に執着しなくなった。

Img_4354

Img_4375

Img_4412

Img_4387

Img_4390

目抜き通りや公営市場を巡ってみた。

Img_4396

昼は妻がピザを食べたいと言うので入った店。デカイのでかくないの。二人で分けて食べても食べ切れなく残した。

Img_4415

マイン川の対岸は美術館や博物館が犇めく。

Img_4434

さあ、フランクフルト空港に到着。

Img_4447

行く先がTokio Hanedaと成って居る。

此所で大変ショックな案内を繰り返している。上級エコニミークラスを約5万円で売ると言っている。因みに事前に払ったアップグレード代は一人12万円。行きには満席だったので売り出しはなかった。

Img_4451

帰りはジャンボだ。

Img_4460

上級エコノミーは2+4+2の配列で席は沢山空いていた。 足元が広いのと座席の幅が広くリクライニング角度が少し多いだけで食事がエコノミーと同じなら上級にアップグレードする必要は何も無いという結論に達した我が家。因みに優先搭乗もない。差が有ったのはテイクオフ前にジュースが1杯配られるだけ。

Img_4467

遅れる事約30分でテイクオフ。見慣れない飛行機も見える。

Img_4478

Img_4486

夕飯と朝食です。

Img_4482

綺麗な夕焼けが見られた。

Img_4496

Img_4499

Img_4502

ライブカメラが付いていたので羽田着陸の瞬間をカメラで撮影した。

Img_4517

そして逆噴射とエアブレーキが掛かる。 13時無事到着。8日間のドイツの旅が終わった。
実はこのプランより23万円高いプランに一旦は申し込んだのですが直ぐキャンセルしてこれに変えた。結果は上々。ホテルのグレードは悪くてもホテルライフを楽しむわけではないのでこれで充分だと思った今回の旅だった。

« 主要観光地を巡るドイツの旅 5 | トップページ | VS横浜とVS川崎 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント


上級エコノミーは 往復で12万円で 片道6万円?
当日の空席販売と 約1万円の差ですね。

よし坊様のように スターアライアンスを良く利用される方には
空席が多いのであれば 無料でアップグレードにしてくれるのでは?
こともあろうに 添乗員でグレードアップしてもらった人がいますもの。(笑)

確かにパンフレットを見ると ドイツは ツアー価格に大きな差があるようなので
どこがどう違うのかよくわかりません。
よし坊様は 良いツアーを見つけられてラッキーでしたね。

shinmama様
以前家族でラスベガスに行った時UAがビジネスクラスのバーゲンをして居て、あの時も確か5万円でした。当時は上級エコノミーなど無い時代でした。
さて、団体旅行のチケットはアップグレード出来ないチケットなんですよ。それが出来れば毎回しちゃいます。
JTBパックにもグレードの差が色々有って何所で妥協するかですね。いずれにせよ初めからビジネスだけの設定プランが安くて満足度も大きいと思って居ます。

コンバンハ!!!
貧乏人のワタクシなんぞは 『足元が広いのと座席の幅が広くリクライニング角度が少し多い』 クラスで海外へ行ってみたいです(^o^) ここ数年は腰の調子が悪いのであの狭い座席で10時間以上もじっとしているのに耐えられなくて海外旅行の望みも持てません。

友達が以前イタリアへ行ったときピザが運ばれてきてテーブルのグループの人みんなの分かと思ったら一人分だったと笑いながら話してくれたことがありました。外人さんは大食なんですね(^o^)

ドイツの旅、楽しませていただきました。感謝!!!

ごくらくとんぼ様
10時間がダメなら8時間、それもダメなら6時間、近い外国はいくらでも有りますよ!
それがダメなら船の旅も良いんじゃないかな〜。
今の内に行かないと孫の世話が一番楽しみ〜 と成ってしまいますよ〜。
ゲルマン民族等欧米人は体がデカイから食うね!大笑いしながらみんなでクッチャベって居るからいくらでも食えちゃうんでしょうが、それにしても大食いだと思います。食い過ぎの像足も多いですが。

 ドイツの旅、楽しませていただきました。

 海外は縁がないので、
 飛行機は今もってよく分からないのですが、
 ツレアイが今ほど忙しくなかったころ行ったハワイ旅行の帰り、
 エコノミーのはずが、どういうわけかビジネスにアップグレードになっていて、
 それに気づかず、ジャンボの最後尾まで行って
 「座席がない!」 
 「お二階でございます」 とCAに言われて初めて気が付いた、という、
 旅慣れない時分の笑い話です(笑)
 
 

うつきよう様
そんな事が有ったんですか~良い思い出に成ったんではないでしょうか。2階席は静かで良いですね。ビジネス席のお客さんはひたすら寝る人が多いのも静かな原因と見て居ます。
僕もタダでビジネスに成ってしまったことがありました。イギリスからの帰りでした。

昨夜、精進落としの旅から帰ってきました。
旅先でも拝見していたドイツの旅ですが、今朝もう一度、1から拝見させていただきました。
ドイツの風景や町並みがやはりロマンチックですね。^^
カイザーブルク城はおとぎの国のお城のよう。
教会は何処の国も大きく立派な建物が多いですが、
個人的には、草原の中のヴィース教会の方が好きです。
お祭りに参加している?見に来ている子供が本当に可愛く にこっと微笑みたくなります。
コウノトリは本物ですよね? やっぱり巣が大きいです。
そして、私の注目は、張り出し看板。
デザインがとても繊細で素敵ですね。ヨーロッパは張り出し看板に何か基準があるのでしょうか?統一感があります。
京都も看板などの規制をするならヨーロッパの張り出し看板を参考に町の景観に似合う純和風なもので統一できればいいのにと思いながら拝見しました。
素敵なドイツの旅。ゆっくりと拝見させていただきました。^^

ニャン様
お帰りなさい。
ハプニングまであった旅の様でしたがそれが又思い出に繫がって良いと思います。
写真の経時に合わせて直感的に書いてるだけの何の取り柄もないブログでしたが丁寧な読み返しを有難う御座います。
確かに大都会にある教会はどの國のどの教会がどんなだったかごちゃごちゃに成っていて整理が付きません。サクラダファミリアの様に特徴があれば確り解るのですが僕の様なキャパではダメですね。
コウノトリは本物でもの凄く高い建物の屋根に人工的に造られた巣の土台に営巣して居ました。
張り出し看板は良いですね。センスがあります。アレを作る加治屋のアイデアと技術の賜です。
ア、そおですね。京都の看板は確かにバラバラかも知れませんね。次に京都に行った時は注意して見たいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/61727610

この記事へのトラックバック一覧です: 主要観光地を巡るドイツの旅 6:

« 主要観光地を巡るドイツの旅 5 | トップページ | VS横浜とVS川崎 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ