« スイス山小屋滞在 名峰展望トレッキング 7 | トップページ | 大山へ »

2015/08/07

ハス

Img_7921

 アジサシやミサゴ、春にはカイツブリも撮り、たまに翡翠も撮る場所も夏真っ盛りで鳥撮りどころではない。 デジキスに200mmのレンズを付けてブラッと行ってみた。
するとハスの花が綺麗に咲いていた。

Img_7898

Img_7907

Img_7934

Img_7886

どうも好きになれない花だ。 それに「蛇に注意」なんて立て札が立っているからイヤだね、、、

« スイス山小屋滞在 名峰展望トレッキング 7 | トップページ | 大山へ »

」カテゴリの記事

コメント

いいよ! いいよ! この暑さの中で美しい華麗な化粧をしての立ち振る舞いはゾクゾク!としました。まして泥の中からこのような花を咲かせることは人間界の化学がいくら進んだとしても負けは決まっています。ハスの花がすきになれない。ですって!まだまだお若いようですが、精神修養が不足している事ともいえますね。阿弥陀ヶ滝にでも打たれて修行しましょう。

「蛇に注意」アオタイショウでもいるんでしょうかね!けっして、いじめたり殺してはいけませんよ。彼らはド近眼ですから舌を出して音を察知しているのです。彼らの領域に踏み込んだら注意して歩いてやってください。アオタイショウを大事に扱ってください。あおたいしょうより

青大将殿
綺麗な化粧と立ち居振る舞い・・・確かにゾクゾクしますね。大好きな世界です。
しかしハスの花は嫌いだよ。いくらお薦めでも阿弥陀ヶ滝に行って修行もしません。

(゜゜;)エエッ青大将とはアオダイショウの事だったの?
青い大将で 青 大将だとばっかり思っていました。アオダイショウだったとは知らなかったな~。これはエライのに絡まれてしまいました。
蛇は嫌いだ~ 恐ろしい事です。
昔、妻を連れて山梨100名山の白鳥山(シロトリでは無いよシラトリだよ)に登りました。朝一の露払いで登ったのですが次々出て来る蛇、、、計6回遭遇。
蛇は嫌いだ、、、、、、、、、、、

ピンクですよ! ピンク! よし坊の大好きなピンク!  のはずなのにハスの花が嫌いだなんて? きっと熟したピンクが好きで、淡いピンクはお好みではないようで・・・。
それにしても写真は見事! 特に2番目の淡い感じがいいですナー! 淡いピンクは初恋の味がしませんか?(もう忘れちゃったかなぁ) 

MKU様
ピンクピンクって、白い方が清楚で良いね、何色にでも染まる白が1番。
レンズが200mmだったのが丁度良かったですね。
ボケ具合も良かったです。

ホームページが更新されませんけどその後何所にも登っていないのですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/61993467

この記事へのトラックバック一覧です: ハス:

« スイス山小屋滞在 名峰展望トレッキング 7 | トップページ | 大山へ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ