« ハス | トップページ | ラーメンに温泉 そして鰻 »

2015/08/10

大山へ

Img_7996

 8月2日、丹沢山系の一廓にある大山に行って来ました。 とは言っても頂上まで登れなくで引き返した哀れな顛末記の始まり始まり。

自分の行事と重なってしまい中々参加出来ずにいたWVの山行行事に久しぶりの参加。 静岡駅に集合したのはたったの7人。最近は参加者が少なく何とも哀れな状況ですがこの後何ともお粗末な事に成ろうとはこの時点では誰も気が付かないのです。
東京まで乗り換えなしで行ってしまう列車が少なく成り、先ず熱海で東京行きに乗り換え。小田原で小田急に乗り換えて伊勢原下車。バスで大山ケーブルカー駅下車。
とマア何回も乗り換えますが冷房の効いた車内から外に出た途端熱風が押し寄せてくる、そして車内で冷やされる。こんな事の繰り返しでバスを降りた時には歩く元気など失せています。あげくに9月末までケーブルカーは運休。1時間以上余分に歩かなくては成らないのです。ナンテコッタ、、、

Img_8000

男坂と女坂があり勿論女坂を選ぶ。

Img_8011

宝珠山来迎院

Img_8017

大山寺(だいさんじ)に到着。古刹の風格がにじみ出ている。 此所で「ダメだ、調子悪い。みんなの帰りを待つか先に帰宅する」と言って1番馬力のありそうな元副支部長が脱落。

Img_8022

ケーブルカーに乗れば此所まで6分で来れるのに1時間20分掛かって辿り着く。
「あたしダメ、此所で皆さんの帰りを待つ」と言って更に一人脱落」 誰か付ける事をしなくても安全な所ですので待つなら3時間以上待ってもらうけど気をつけてねと言って別れる。

Img_8026

急な階段を上がりきると阿夫利神社下社に到着。

Img_8032

所々に休憩出来そうな緩い登りもあるが殆どは石段又石段の連続。汗がドボドボ出る。手袋まで汗でビショビショ。異常に暑い。
突然視界が狭くなり暗くなる。ア?何かおかしい、、、、、、、 ポカリを飲み20分休んでも直らない。今日はトイレに行ってないな~と気が付いて久しぶりにネイチャートイレ。
やっと直った。

Img_8034

さらに30分ほど登っただろうか。天狗の鼻突き岩(天狗が鼻を突いて開けた穴と言われている)迄きた。此所で支部長が待っていてくれたが先に行ってもらい一人で昼飯にする。塩分が足りないだろうからと先ず味噌汁。続いてポカリを大量に摂取。沢庵をおかずにオニギリを食べた。1つ食べただけでお腹がいっぱいに成ってしまった。1時間ほどボーッとして居たが登る気も失せて「バス亭で待つ」と仲間に連絡して下山開始。

Img_8057

下社でリタイヤしたK嬢と合流。

Img_8060

神泉で空のペットボトルに水を入れる。美味しい水だった。

Img_8076

行きに見つけた 大津屋きゃらぶき本舗で妻への土産を買う。

Img_8078

かき氷の店にも寄った。生き返った~!

Img_8086

そしてバス停に到着。
バス停横の水場で上半身を拭き、序でに着ていたアイスブレーカーも水洗いして搾って着直し。靴下も替えた。あ~サッパリ。

まさかこんな事に成ろうとは夢にも思わなかったお粗末な出来事の一日でした。

誰だ!こんなクソ暑い時低山を計画したヤツは。もっと高所の涼しいとこにしろよ!!

« ハス | トップページ | ラーメンに温泉 そして鰻 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!!!
ずっと暑い日が続き気の休まることがありませんものね。よくぞハイキングに行く気になりましたね。倒れなくてよかったです(^o^)

ハスの花も画像を見ただけでギラギラした日差しを感じる様子が出ていましたよ。

ごくらくとんぼ様
スイスから帰って間もないのですが長い間行事に参加していなかったのでたまたま開いていて断る理由もなく参加しました。
樹木で被われた道なのに異常に暑いんですよ。陽向だけど風がある方が楽だったのではないだろうかと思いました。
花も鳥も早朝か曇り日限定でなくてはとても行けないこの頃です。
暑いですがトンボさんはお元気ですか?

 あらら~
 たいへんなことになりましたね。
 ケーブルカーが誤算でしたね。
 6分のところ1時間20分はきついですね。
 私も塩分不足を経験したことがあります。
 力が出なくなりますね。
 大事に至らず良かったです。
 この暑さですから、最低でも1500m、できれば2000mの標高が欲しいですよね。

うつきよう様
体力が落ちてくるとこんな事が多くなってくるのかと思うと一寸情け無くなります。
ケーブルカーもそおですが夏はこんな低山ではダメですよ。
単独行ではなかったのがせめてもの幸いでした。
紅葉の季節には山が赤くなって見応えがあるそうです。再挑戦しなくてはいけませんね。


スイスから帰って 間がないにもかかわらず
この暑さの中、日本の山に登ってみようと思われた よし坊様はすごい!!
涼しくて からっとしたヨーロッパの夏を経験して帰ってくると
当分の間 体がだるくて 辛かったことを思い出します。

広島では 「大山」は 「だいせん」なのですが
お江戸に来て以来 「大山」は 「おおやま」と読むことを知っていたにもかかわらず
タイトルを拝見して よし坊様が 「大山(だいせん)」に ?と一瞬思ってしまいました。
反応が鈍くなっている証拠ですね。

今晩は。ご無沙汰しておりました。申し訳ありません、、、。
昨日の夕刻、帰宅いたしました。
大山、暑かったことと思います。
今年の夏は、暑さが長引きつらいです。
スイスから戻られたと思ったら、さつそく大山へ。お元気な証拠ですね。^^
スイス「名峰展望トレッキング」圧倒されるような絶景続きですね。
連日の好天続き、咲き乱れる花々、雄大で凛々しい姿のマッターホルン。
朝焼けも美しいです。
そして何より驚きのマッターホルンに灯る明かり。思いもよらない光景です。
よし坊様の満足度100%のご様子が伝わります。^^

shinmama様
そおなんですぅ、参加はした物の何とも哀れな結末でした。湿度のさがあれだけ有ると簡単には順応しなくなるんですね。勉強になりました。

固有名詞も読みが色々ですね。山はダイセンにオオヤマでお寺はダイサンジと覚えきれません。

今日はサッカーボランティアに行きます。町内の応援バスが出る日でその担当を申し出ましたが・・・辛い、、、

ニャン様
お帰りなさい。
充実した日々の連続でさぞかし御満足された事と思います。家もやりたいですが何時に成る事やら。

次は四国と九州方面を回るのでしょうか。


スイスはカナダやニュージーランドと全く違うトレッキングの楽しみが有り満足出来ました。
沢山の写真をスライドショーして楽しんでおります。
そのマッターホルンでは何年も前に遭難した日本人の遺体発見や、今日は2人遭難の記事が新聞に載っております。複雑な思いで読んでおります。

スイスから大山へ。
アクティブなよし坊様に脱帽です。

ケーブルカーが運休しているにもかかわらず登られて凄いですね。
私ならその時点でお茶でもして待っていることでしょう。

その後、体調にお変わりはありませんか。
この暑さいつまで続くのやら・・・。

みやび様
連日暑かったですが今朝は雨。ぐっすり寝る事が出来ました。
山登りは当分やる気が起きないと思います。大変でした。
季節と場所を良く確認しないといけない良い例でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山へ:

« ハス | トップページ | ラーメンに温泉 そして鰻 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。