« 暑い時は「ソバでも食うか」 | トップページ | 北海道に行つてきま〜す »

2015/08/31

バール ルスティカーレ て何?

 食べ物ブログが続きます。

Img_5021

2月、TV とびっきり静岡で紹介された店。
店は愛野駅の直ぐ南側にある。
ルスティカーレはイタリア語で田舎と言うんだそうだ。 今回は2度目の訪問。

Img_5048

Img_5032

カウンターの奥が厨房で入り口を入ると直ぐテーブル席がある。 シェフは出てこないのでどんな顔か解らない。
2月に行った時は平日のお昼で空いていたが今回は土曜日でほぼ満席だった。

Img_5040

ランチメニューで注文した。前菜の真ん中にあるのはカボチャの冷製スープ。妻はこれをツマミにワインをニコニコしながら飲んでいた。

Img_5042

Img_5046

渡り蟹のトマトクリームスパゲティー

Img_5045

キノコたっぷりウニクリームスパゲティー
この日の渡り蟹はスカスカで外れ。当たり日と外れ日が有るのは良くないな~。キノコウニクリームは濃厚で申し分ない。

Img_5050

デザート
気が付けば満席。若い女性のお客さんが多い。
飲み屋も食べ物屋も少ない場所なので夜は居酒屋と化すらしい。

« 暑い時は「ソバでも食うか」 | トップページ | 北海道に行つてきま〜す »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

外食ランチの時は、奥様もアルコールをお飲みになるんですね。
私もそうなのですが、何となく気が引けて、、でもお仲間がいらっしゃつてよかったです。^^
クリームスパゲティー美味しそうです。
渡り蟹にも当たり外れがあるんですね。でも渡り蟹のスパゲティーも美味しそうです。

コンバンハ!!!
よし坊さんが再度訪れるということはかなりの店らしいと察します。
愛野駅と言えばすぐそこじゃないですか。行ってみたい!

 蕎麦とご飯ものがあるのは、食堂です。
 「蕎麦屋は蕎麦で勝負」。
 おっしゃる通り!
 
 こちらのイタリアン、お客さんの入り具合で
 人気があるのがわかります。
 奥様はお飲みになれるんですね。
 渡り蟹、大きい、と思ったのですが・・・
 夜の居酒屋も女性客でにぎわいそうなお店ですね。

ニャン様
この時はグラスワインでしたね。一寸飲めば気が済むらしいです。

濃厚なクリーム味が好みにピッタリでとても美味しいです。
渡り蟹は値段も値段ですから当たり外れが有っても仕方ないかなと思います。
その名の通り夜はバールと化すようです。

ごくらくとんぼ様
車は隣の駐車場に堂々と置けてしまうし、食前か食後にエコパまで運動がてらに往復歩くにも良いんじゃないでしょうか。
値段も安いです。

うつきよう様
唸る程美味い蕎麦をしばらく食べていないのでとても食べたいです。信州の人が羨ましいです。

エコパが出来て駅が出来た愛野駅。曾て周りは何も無かった所にで来た店ですから昼夜別の顔に成っても仕方ない場所ですね。
田舎にしては頑張って居る店だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62107789

この記事へのトラックバック一覧です: バール ルスティカーレ て何?:

« 暑い時は「ソバでも食うか」 | トップページ | 北海道に行つてきま〜す »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ