« 北海道に行つてきま〜す | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 2 »

2015/09/14

小樽発 函館・横浜クルーズ 1

Img_9448

 さあ、飛鳥Ⅱクルーズ の始まりです。
クルーズは 小樽が始まりですがどうせ行くなら札幌と小樽に泊まってから乗船しようと思います。

Img_8552

飛行機は片道しか使わないので新静岡からバスで「富士山静岡空港」まで行く。高速道路を走るので50分で到着してしまう。

Img_8578

Img_8569

富士山静岡空港にはANAとFDAの日本の会社に、中国の7社と台湾の1社が乗り入れている。中国人ばかりが眼についてウンザリする
。
残念、今回も空港から富士山が見えて居ない。

Img_8587

沖縄から飛んできた飛行機が給油して札幌に飛ぶのでこの時間1本だけしかないのが不便だ。

Img_8640

満席でした。最前列か最後尾のどちらにしますかと言われて最後尾を選んだ。その方が座席を気兼ねなく倒せる。

Img_8632_2

妻は有料のビールを注文。飲んで一眠りしたいらしい。

Img_8664

夕焼けの新千歳空港に到着。

Img_8667

ホテルに荷物を預けて「蔵」に直行。予約通り個室が用意されていた。「 昨日まで土砂降りの雨だったんですよ。良いとき来られましたね」と言われる。

Img_8673

お通しは何時もの入れ物に入って居る。
頼んでおいた毛蟹の蟹刺しが・・・・・・・・・・違うぅ 茹でちゃってある。 勿論注文と違うよ と言って食べた。

Img_8675

だだ茶豆は茹でたのも有るが焼きが人気だというのでの塩焼きを。だだ茶豆の香りと焼きの香ばしさがミックスされてなかなか良い。

Img_8678

つぶ貝とキノコのガーリック炒め。貝は大きいしガーリックが程よく利いて絶品でした。

Img_8681

「蟹刺しを間違えてスミマセンお詫びにこれを召し上がって下さい」と刺身の盛り合わせを出してくれた。海老は ぶどう海老です。こんなにしてもらっちゃって良いの?

Img_8683

トウモロコシのかき揚げ。甘いの甘くないの。シシトウは激辛だった。

Img_8685

ホタテのバター焼き。

Img_8688

御飯がお腹に入らないと食事が終わらない我が家は鮭のおむすびを注文。
アー美味かった~。 この味で支払いはコレッポッチで良いの?

Img_8700

ススキノのネオン輝く外に出る。

Img_8705

ホテルは蔵の目の前。札幌東急REIホテル(旧 札幌東急イン)。

Img_8708

何故かメチャクチャ小さい部屋しか空いて居ないが便利さを優先して取った。
明日はユックリ起きてノンビリ小樽まで行くだけです。

« 北海道に行つてきま〜す | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

 お帰りなさいませ~<(_ _)>

 お留守の間、静岡にもずいぶん雨が降っていましたが、
 お留守宅は別状ありませんでしたか?
 クルーズも台風の影響は大丈夫でしたでしょうか?
 ご無事のお帰りでなによりでした。
 美味しそうな北海道の味から始まりましたね。
 これからの展開が楽しみです。

お帰りなさいませ。
まず、お天気良くって良かったですね。何よりです。^^
『蔵』やはりよいですね。ツブ貝とキノコのガーリック炒め。
食がすすみそうで(私ならアルコール)美味しそうです。
そして「だだっちゃ豆」焼きで食べても美味しいのですね。
フライパンで炒めちゃダメですか?
毛ガニに刺身、ホタテ・・・・北海道は美味しいものが一杯ですね。
トウモロコシのかき揚げ、我が家は開田高原のトウモロコシで昨日食べました。^^


始まりましたね。
この航路の飛鳥はどうなのかを知りたくて ブログを楽しみにしています。

前回は 飛鳥のお食事が不評でしたが はたして今回は?
お部屋は 前回と同じでしょうか?

主人も 今月末から来月にかけて札幌に行くので
いよいよ 「蔵」デビューです。(笑)

よし坊様と同じで 酒を飲みませんが
酒飲みが好きそうな料理が好きなので
楽しみにしているようです。

うつきよう様
ハイ、静岡の雨もニュースで承知しておりました。帰宅後確認しましたが何所もおかしくなっておりませんでした。
大雨と堤防決壊のあの日船は・・・丁度終日航海の日で・・・どんなだったかブログをお楽しみに。
いよいよ新蕎麦の季節が始まりますね。この季節は信州に住んでいれば良いのにと思います。

ニャン様
良いタイミングで札幌に行けました。お天気には付いて居ます。
そして蔵。蟹刺しの間違いは有ったにせよ美味しく食べられましたから迷わず選ぶ価値は充分ですね。
だだ茶豆ね、どうやって炒めたのか・・・解りませんが美味しかったです。
バフンウニは一般のウニも含めて今年は早く終わってしまったそうで、蔵では食べられませんでした。
開田高原のトウモロコシも美味いんだろうな〜

shinmama様
イタリアと飛鳥が入れ替わってしまいましたね。先ずは無事の帰国とスリにも遭わずよかったですね。

shinmama様のヒントも使い食事は上手に立ち回りました。
オ〜!shinmama家もいよいよ蔵デビューですか!小食の我が家と注文の品の何所がどう違うのかも楽しみです。

コンバンハ!!!
今日は朝からインターネットが接続できなくて困っていました^^;
夕方帰宅した息子にお願い申して回復してもらいました。ADSLから光に変えたら調子が悪くなりました。どうなってんだか・・・・・。
最近通院している病院の予約もWEBでないと予約が取れず高齢者には住みにくい世の中になりました。
はあ?・・・・・・消費税増税2%分もネットで申請しないと戻らない?“バカにすんな”って言いたいです。

さて紀行文が始まりましたね。いきなり 『蔵』 ですか。以前はなかったメニューがたくさんありますね。思い立ったらすぐ行けるよし坊家が羨ましいです。

ごくらくとんぼ様
光に変えたんですか〜我が家も変えましたよ。速さが変わった感じは全く無くチョットガッカリしていますが大量のデータが送れるのは良かったです。
そおですね、何でもネット、PCが出来ないと生きて行けない時代になってしまいましたね。
直近では国勢調査。あっと言う間に片づきましたが調査のある事を知りませんでした。

蔵 は良いですね。美味くて安いです。札幌の夜は探さなくてもお決まりの店が有ると言うのはなんとも有難いです。
今回の船も女性の一人旅を沢山見かけましたよ。男性の一人旅も有りました。煩わしくなくて良いんじゃないかな〜。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62264855

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽発 函館・横浜クルーズ 1:

« 北海道に行つてきま〜す | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ