« 小樽発 函館・横浜クルーズ 1 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 3 »

2015/09/16

小樽発 函館・横浜クルーズ 2

Img_8773

 今日は小樽に向かいますが慌てる事は有りません。特に予定もなくユックリノンビリ。

Img_8712

妻は大丸百貨店に行くのが楽しみらしくその間僕はスタバに入り何となく時間を過ごす。

Img_8714

Img_8719

お昼は白樺山荘で食べる事にした。

Img_8727

無料のゆで卵を食べながら待つことしばし

Img_8729

Img_8734

味噌ラーメンと醤油ラーメンだ。(店内が暗くて手ブレの激しい大ボケ写真) 塩辛くて食えない、、、味を評価する以前にショッパくて舌の感覚が麻痺する。無理矢理半分ちょっと食べた所でフト見ると辛さを薄めるスープが有りますと貼り札が出ていた。今更もらっても仕方がないと思い食べ残して店を出た。聞いた話ですが年々辛さが増し味も落ちているとの事。

Img_8740

札幌 小樽間はJR線でアット言う間。 小樽駅目の前に有るホテルが泊まる「ドーミーインPREMIUM小樽」。妻の希望で温泉のあるホテルを見つけたのだ。

Img_8754

ホテルエントランスから見た小樽駅です。
余談ですがPASMOが使えるのはとても便利で慣れない土地で駅名を見つけ小さな文字の金額を確認するのが大変になった今、とても重宝して居る。

Img_8772

Img_8787

運河までブラブラ歩いてみた。

Img_8779

撮られるのは嫌いですが記念に1枚撮ってもらった。

Img_8757

アニメの絵柄でゴテゴテ飾った車がアーケード街に展示されていて

Img_8788

主人公になりきった人達が彼方此方に居た。

Img_8799

部屋に戻って温泉に浸かって

Img_8810

鮨屋通りに行ってみる。

Img_8803

息子に教えてもらった店は休業日だったので地元の人が行くという裏通りの幸寿司に入る。

Img_8811

カウンターと5~6卓程の小上がりがある。

Img_8816

お刺身の詰め合わせ。

Img_8821

黙っていても出て来るらしい。

Img_8819

中トロは無いと言うので赤身と大トロを頼んだ。 醤油は筆で塗られて出て来る。この醤油が何故か薄味なのだ。

Img_8824

何とも不味い最悪のバフン。

Img_8830

子持ち昆布を頼んだら「子持ち昆布?」と怪訝な顔をされた。子持ち昆布を知らないはずはないよな~。仕方なく数の子を注文。
他に赤貝の紐を巻いてもらった。 これ以上食べても無駄だと思って止めた。ハッキリ言ってどれもお粗末。絶対に行ってはならない店だ。
妻は「はなにぎり」と言うお決まりネタを頼んだ。ソコソコの味だったようだ。

毛蟹の蟹刺しと言い鮨と言い付いて居ない北海道だ、、、
帰宅したら行きつけの鮨屋で食い直しだ!!

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 1 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 3 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

小樽運河は、相変わらず人が多いですね。
私達が行ったときも人が多かったです。この時は隣国の方が多かったのですが、、、
ドーミーインは温泉施設があるので人気のようですね。
小樽にもあったんですね。知っていれば私も温泉がある方が良いです。
小樽のお寿司屋さん残念でしたね、、、。
あれだけお寿司屋さんがあったらどこにしようか?迷いますね。
地元に戻られ食べ直しされましたでしょうか?

ニャン様
小樽にも居ましたよ中国人。横柄な態度で。
ドーミーインは設備と地の利の割りに安いです。だだし中国人も大勢泊まって五月蠅いです。そして15時に成らないとガンとして部屋に入れてくれません。
ひどい鮨屋でした。回転鮨しか知らない人ならあれでも良いんでしょうがね。用事が続いていて鮨の食い直しが未だに出来ません。

コンバンハ!!!
今日は安保法案参院成立かどうかの様子をテレビでずっと見ていてこんなに遅いコメントになってしまいました^^; もうじき生まれる孫が男の子なら戦争の犠牲になることが無いかどうかとても気になる所だし、かと言って南の海で中国が我が物顔で好き勝手な行動をしていて指をくわえてみているのも癪にさわるしで複雑な心境です。嫌な光景を見ないうちにあちらの世界に召された方がいいように思えてきました^_^;

さて小樽の駅前にドーミーインができたのですか。一昔前にはなかったです。もっとひっそりした駅前でしたよ。わが市にも2~3年前このホテルができました。出来てすぐ屋上の半露天のお風呂に浸かってきました。琥珀色でなかなかいいお風呂でした、狭いことを除けば・・・・・・・・。

そしていつもの山男と違ういでたちのあのジェントルマンはよし坊さんですか。なかなかお似合いじゃないですか。赤いインナーと白いジャケット、奥様のお見立てかしら。


札幌駅の大丸百貨店は私も大好きです。上階からあれこれ物色しながら歩くとあっという間に時間が経ってしまいます。以前は雪道仕様のブーツと化粧品を買った記憶があります。

  ドーミーインは朝食がとても良いと聞きました。
 温泉も結構良いらしいですね。

 ずいぶん前ですが、
 両親が、初めて行った小樽で食べた美味しいお寿司が忘れられないといって、
 再び小樽にお寿司を食べに行ったのですが、
 知人が教えてくれたお寿司屋さんに行って、がっかりして帰ってきました。
 その知人は地元の方です。
 地元の方は美味しいお寿司をご存じないんでしょうかねえ?
 子持ち昆布を知らない? まさかあ!
 はい、小樽に行くことがあったら、気を付けて、行かないようにします。
 
 

ごくらくとんぼ様
憲法違反ですが直ぐに改憲出来ないならその間の繋ぎで仕方ないと思って居ますので騒いでいる連中を苦々しく見ています。反対派のニュースばかりを流して居るTV局は偏りすぎです。公平に取り上げてもらいたいです。
ドーミーインは人気があるんですね。全く知らずに予約しました。立ち寄り湯もやっているようですね。

乗船手続きをするホテルに泊まるのが一番楽なのですが妻の希望を優先しました。結果的に良かったです。

赤シャツになってしまいましたが暑くて仕方なくピンクの縦縞シャツを脱いでしまったのです。パナマ帽を被ってあの格好していると人力車が次々に声を掛けてきて五月蠅かったです。歩くのが苦手に見えたんでしょうね。
ハイ、大丸百貨店、1時間半ほどスタバで過ごしました。
女性は買っても買わなくても見て回るのが好きなようでこの日の妻はこれが1番の楽しみだったようです。

うつきよう様
ドーミーインは和食好きの人には朝食は良かったと思います。
小樽の鮨屋は食べログ等に書き込む人の物差しでは全くダメそうですね。地元の人が行く所は安いでしょうがネタの種類と品質が悪すぎると思います。これなら高級ホテルの鮨屋で食べた方が良いかもしれないと思った小樽の鮨屋でした。
程よく塩抜きされた子持ち昆布は美味しいですからね。塩抜きし過ぎもダメだし、そこは鮨屋の技術。
静岡市清水区には全国から大トロを食べに来る有名な「末広鮨」が有ります。是非おいで下さい。値段の事で年に数回訴えられるとオヤジが言っている程高い値段ですが美味いこと半端じゃ有りません。


偶然にも ブログを始めめる前に
私が小樽に行ったときに タクシーの運転手さんに推薦されて入ったお店です。
隣で食べている旅行者らしき人が 無言で 美味しくない、、、という顔をしていたので
怖くなって とりあえず ちらしずしにしたのですが、半分しか食べることができない味でした。
まだ つぶれずに営業していたのですね、、、。
ある意味で 懐かしいです。(笑)

ちなみに ミスを指摘するようで心苦しいのですが、、、。
3か所に書かれている 「函館駅」は 「小樽駅」でしょうか?
すみません。
o(_ _)oペコッ

そんな偶然があるんですね。
決して運転手を見下しているわけではありませんが腹一杯食べれば納得する人と美味しい物を食べたい人の違いなんでしょうね。
オヤジも、特に息子らしい人なんか全く愛想ない。あれじゃダメだ。

小樽と函館を間違えてますね。確かに。
直します。御指摘有難う御座いました。助かります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62279852

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽発 函館・横浜クルーズ 2:

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 1 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 3 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ