« 小樽発 函館・横浜クルーズ 2 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 4 »

2015/09/18

小樽発 函館・横浜クルーズ 3

Img_8926

 いよいよ飛鳥乗船ですがその前に オプショナツツアーニッカウヰスキー余市蒸留所を訪ねて に参加します。

Img_8833

朝食会場です。見渡せば中国人が半分ほど居ます。

Img_8835

ベーコンやシリアルは有りませんでしたが魚介類は豊富でイクラもドンと置いてありました。

Img_8839

チェックアウトし小樽築港駅で電車を下りてウイングベイ小樽まで来ると丁度飛鳥が入港する所でした。

Img_8855

ホテルグランドパーク小樽で乗船手続きをし、

Img_8858

そのままオプショナルツアー参加者はバスに乗り出発します。観光している間に荷物は部屋に運び込まれて居る手はずです。
参加しない人はそのまま乗船出来るようです。

Img_8864

ニッカウヰスキー余市蒸留所を訪ねて のコースはバス2台しか出ません。オヤ?と思ったのですが小樽発のクルーズは北海道の人達の乗船が多いからかもしれません。
蒸留所正門から敷地内を撮りました。

Img_8865

Img_8875

乾燥棟

Img_8880

旧事務所

Img_8899

リタハウス。内部も見学出来ます。

Img_8920

見学コースを振り返って。

Img_8938

Img_8941

ウイスキー博物館にはリタとマッサンの写真が飾られていた。 朝ドラで取り上げてからこの工場を訪れる人が急増し多い日には彼方此方で入場制限をするほどだそうですがドラマを僕はチラッと見る程度で見なかったに等しい。

Img_8964

ニッカ会館1Fは土産物売り場。

Img_8954

2Fは試飲会場に成っている。

Img_8955

お一人様1杯と成って居るがみんな何倍もお代わりしています。

Img_8968

Img_8977

さて、小樽市内に戻って来ました。 北一硝子です。

Img_8990

そして、六花亭と北菓楼。
北菓楼は選り取り見取り試食が出来ますが六花亭には有りません。バスガイドの説明によると「商品に自信がありますから試食させる必要はない」と言っているのだそうです。 圧倒的に試食させる北菓楼で皆さん買っています。我が家も当然試食品を食べまくってから買いました。「甘党天国だ」

Img_8996

乗船しました。今回も当然Fステートです。前回も書きましたが日がな一日バルコニーで海を見て過ごす事なんてあり得ないのですから。エレベーターで乗り降りの時一寸引け目を感じますがその後高笑いする出来事に遭遇するのです。

Img_9096

アメニティーグッズですが一つも使いませんでしたから当然補充なし。最後の日だけもらって帰りました。

Img_9002

乗船名簿に基づいて全員が点呼されてしまいますからサボる事の出来ない避難訓練。

Img_9011

ドラが鳴りました。船員が7デッキを叩きながら回ります。

Img_9014

Img_9019

船上では出港のセレモニーが始まりました。

Img_9021

岸壁でもセレモニー

Img_9053

見送りの人は少なかったですが乗船客は殆ど投げています。

Img_9542_2

夕食は17時半からのコースを選択しました。
たまたま席に案内してくれたギャルソン。此所でブログ繋がりの方の乗船記を思い出しました。 彼らの言葉は解りませんがせめて名前だけでも覚えようと思います。
ジミ君です。童顔で中々良い男です。ジミ君ジミ君と呼ぶので何かに付けてサービスをしてくれました。

Img_9112

タラバ蟹のマリネ スペイン産レモンオイルの香り

Img_9119

グリーンピースのムースと手長海老 トマトジュレ添え

Img_9120

地鶏のコンフィと夏大根のブイヨンスープ

Img_9128

スズキのムニエル 柚子ゴマ風味バターソース

Img_9134

メインは4つの中から選べます。
料理長お薦めの 飛鳥オリジナルブレンドのオリーブオイルを使った香草ソース と

Img_9139

リングイネの小海老とウニ入りクリームソース を選び妻とシェアしましたが小海老の方が美味いと思いました。

Img_9146

珈琲のケーキ バニラアイス添え

Img_9152

コーヒー又は紅茶 今日のディナーは美味かったと思います。

Img_9164

食後妻はカジノコーナーのモンテカルロでルーレットをする。

Img_9217

賭け事は例え遊びでも嫌いな僕は見ていても仕方がないので館内散策。 その後ルーレットを止めた妻とギャラクシーラウンジでショーを楽しみ(撮影禁止)

Img_9232

前回は1度も食べなかった夜食を食べて初日の船は終了しました。
目覚めれば函館に到着すると言う船でなければ出来ないスケジュールは良いですね。

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 2 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 4 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


アメニティーの容器が変わったのですね。
飛鳥のアメニティーは すごく質が良いので 海外旅行へ行く際に 持って行っています。
ということは 沢山いただいて帰ったということで  恥ずかしい ヾ(´ε`*)ゝ
ついでに言うと ポケットティッシュもすごく上質でしたので、たくさん戴いて帰りました。

オッ 夜食まで召し上がりましたね。
それこそ 飛鳥クルーズの良さですものね。

エレベーターの乗り降りで 引け目を感じる?
そうか、私は ほとんどエレベーターを使わないので (階段を使うので)
引け目を感じることがなかったんだ。

余市のまっさんに会いに行きたいと ずっと思っていたのですが、
よし坊様のブログを拝見したので これでOKとします。
ありがとうございました。

shinmama様
アメニティーが良い物か等知る気も無く、ましてやポケットティッシュが何所に有ったのか?全く気にしませんでした、、、風呂に行くとき着替えなどを入れるバッグも「確かあったはずなのに〜」と言いながら過ごし下船するときのパッキング時に見つける始末。

上から下がるときは妻に付き合ってエレベーターですが5〜6デッキから部屋に戻るのは階段。一挙に11デッキに行くときは使うのです。早い話、貧乏人の見栄っ張りです。

さて、ニッカウヰスキーですが凄い人気ですね。敷地内も綺麗に整備されていて行く価値有りますよ〜。僕には関係ないですが滅多に飲むことが出来ない超高級ウイスキーはお金を出してグラスで飲むコーナーも有りました。多くの人が飲んでおりました。

話はずれますが中国人がなんでここに来るんだよ、、、

おはようございます!
冒頭のステンドガラスが素敵です。異国情緒が漂っていておしゃれですね。
私、『マッサン』 を観ていました。主役の二人が目的じゃなくサントリーの創業者役の俳優さんが好きなもんで・・・・・・・(^o^)
ニッカウィスキー蒸留所は人気があるようですね。行ってきた友人が “ドラマに出てくるのと同じだったよ” と報告してくれました。

飛鳥、素敵ですね。横浜港に停泊しているのを一度見ましたが一枚の写真に納まらなかったのには驚きました。

『賭け事は例え遊びでも嫌い』だとおっしゃるのに奥様にそれを押し付けないのはご立派だと思います。

ごくらくとんぼ様
ほとんどの主婦は朝の連続ドラマは見ているんでしょうね。その時間ゴミを捨てに出て来る主婦が居ませんから。
飛行機で北海道に行きその日にニッカウヰスキーを見学し飛鳥に乗るトラピクスのパックが有りました。トラピクスの方が飛行機代を含めると安かったですね。
クラブツーリズムでは飛行機で北海道に行きウインザーに泊まり、ニッカウヰスキーにも行き飛鳥に乗るパック旅行がありました。探せば安いのがあるんだと思いました。
飛鳥単体で見ると大きいですが外国に行くと、もっともっと大きいのが有るんでビックリします。
ルーレット等はチップを買います。儲けが出ると賞品に変えてくれます。全て取られてもチップを買った金額に応じて品物が貰えるシステムに成って居ました。国内だからかな〜?飛鳥が外国に出たらお金に返られるのかも知れません。お酒が免税になるそうですからね。
今日は午後からエコパに行きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62293511

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽発 函館・横浜クルーズ 3:

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 2 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 4 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ