« 小樽発 函館・横浜クルーズ 3 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 5 »

2015/09/21

小樽発 函館・横浜クルーズ 4

Img_9446

 函館では二つのオプションを申し込んで有ります。

 

 

Img_9236

目覚めれば船は函館に到着しています。

Img_9243

7時開場と同時にメインダイニングの フォーシーズンで急いで朝食。
「ジミ君お早う!」と言うとサッと席に案内してくれた。
特選十六ブレンド オクラ芥子和え・大根の田舎煮 キンキ開き干し アサリの味噌汁 香の物 御飯又はお粥 好みで温泉卵・納豆・海苔ももらえる 小さなキンキで身も殆ど無かったが全体として美味しかった。

Img_9248

ジミ君有難う と御礼を言って大急ぎで11デッキのバームコートに行きフルーツを食べカフェオレを飲む。

Img_9254

岸壁には歓迎の文字が。

Img_9256

朝食を急ぐ理由は市内観光の出発が早い。2台のバスと我々より更に短時間で殆ど歩かない楽々コース1台。他に大沼公園まで行くバス1台が出る。

Img_9270

Img_9277

トラピスチヌ修道院と(内部には入れない)

Img_9294

五稜郭内に復元させた函館奉行所は内部も見学。

Img_9314

五稜郭タワーに登って

Img_9318

堀を見渡す。星形であることがよく解る。

Img_9324

飛鳥も見えた。

Img_9342

船に戻ってお昼を食べる。
Img_9337

ほうれん草のお浸し 鰹のたたき 黒豚諸味噌焼き 赤だし さつまいも御飯 香の物

Img_9341

デザート 昼ご飯にしては上出来な味だった。

Img_9371

無料バスが何本も出るので

Img_9353

駅まで行き

Img_9361

朝市会場に行く。
2時閉店でギリギリ間にあい土産物を買いクール便の手配をし船まで戻る。

Img_9368

飛鳥の前には地元の産物を売る店も出ている。

Img_9372

ギャラクシーラウンジでコーヒーブレーク。

Img_9382

夜のスケジュールも忙しい。 きらめきの街・函館夜景(夕食付) のオプションを申し込んで有る。 これが何ともお粗末な夕食で回転鮨屋です。

Img_9388

先ずは1人5貫の握りを強制的に食べさせられる。こんなデカイ握りではこれだけでお腹いっぱいに成ってしまう。女性には気の毒だ。
その後は制限時間内お好みで何でもどうぞと言う。やっぱり子持ち昆布は無かった。大トロは有ったがキハダのようだ。ウニはやっぱり不味かった。他に何を食べたか記憶がない。今回は鮨に見放された。
そしてケーブルカーに乗って函館山頂上に。
見事な夜景が広がっていて初めての妻は大層喜んでいたが中国人共が特等席占領し何時までも離れない。仕方なく大声で「撮り終わったら入れ替わる」と日本語で言ったら察したらしかった。
※冒頭写真

Img_9460

帰りはズラーッと並んだ降りのケーブルカー待ちを後目に回送してきたバスに乗って悠然と船まで戻る。
岸壁から函館山が奇麗に見えた。

Img_9475

ラウンジで紅茶を飲みその後風呂に入る。

Img_9481

出港の準備が始まる。

そして船長の案内放送が始まる。「津軽海峡ではイカ釣り船の灯りが眩しいほどの近くを通り太平洋側に出ると2ッの台風の影響でウネリが1.5m程。その後3m程になり揺れも激しくなる。船体にぶつかる波の音がド~ンと響く事があります。 乗り物酔いの薬はレセプションに置いてありますから何時でも自由に飲んで下さい」との事。

Img_9501

その後出港。22時だというのに送迎のイカ踊りを披露してくれた。♪イカイカイカイカイカおどり♪見えなくなるまでずっと踊り続けてくれたのには頭が下がる。

Img_9510

7デッキでもスタッフや乗りの良いお客さんがイカ踊りを楽しんで居た。


 揺れはどんなかなと思う間もなく深い眠りに・・・・

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 3 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 5 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


函館に入港し 同じように夜遅く出港したので 飛鳥に乗っていたかのように錯覚しましたが
私は 安いダイアモンドプリンセスでした。(笑)

朝市の方に行かれたのですね。
客船が入港するときには 営業時間を延長してくれると聞きましたが 
2時でしたか、、、焦りましたね。
私は自由市場の方へいったので、、、。
 http://runslowly.exblog.jp/21839084/

私は オプショナルツアーに参加することが無かったので 比較できませんが、
飛鳥は こじんまりとした船ですが、乗客の方のレベルが高いのですから
オプショナルツアーのお寿司などは 量より質で考えてくれたらうれしいですね。

shinmama様
シャトルバスを下りて歩いて2分ですから朝市しか行けません。店の写真を撮ってくるのを忘れましたが 成田商店 でした。約束通りの品がキチット贈られてきました。
改めてshinmama様のブログ読みました。事前の調べが如何に大切か解るブログですね。最近僕は あてがい縁ばかりですがこれからは更にその傾向が強くなるだろうと思っています。何かに付けて調べるのが億劫になりました。
回転鮨で夕食は無いですよね。鮨・ウニ・蟹と外ればかりの今回でした。鮨の食い直しには未だに行けません。

いつ見ても函館山の夜景は綺麗ですね。
この時期でも寒かったのではありませんか。

ブログを拝見していると飛鳥でどこか行きたくなります。

飛鳥乗船、始まりましたね。^^
寝ている間に小樽から函館、楽ですね。
和食での朝食後、フルーツと珈琲を、良いパターンを覚えられました^^
参考に!と言いたいところですが、我が家には未だ飛鳥に乗船する予定はありませんが
覚えておきます。
函館山からの夜景。そうなんですよ。私達が行ったときも撮影が済んでも交代してくれないんです。
何時まで陣取ってるの!!腹立たしいの一言に尽きますね。
ニッカウイスキーやっぱり見学してみたかったな~と思いながら拝見。
入場規制がかかってるんですね、、、、。
でも何時か行ってみたいです。

コンバンハ!!!
函館の夜景は春夏秋冬見ていますが冬は一段ときれいだったような気がします。
ケーブルカーの登り口駅が坂の上の方にあるのでそこまで歩いて行くのが大変でしたが、ケーブルカーから見下ろす教会群のライトアップが何とも言えず美しく心に残っています。

来年、いよいよ北海道新幹線が開通しますが現在の函館駅から離れたところに新函館北杜駅ができるようで “う・う~~ん、ちょっと~~^^;” と思っています。

みやび様
夜景は綺麗ですが個人の人達は辿り着くまでが大変でしょうね。その点観光バスは楽でした。
対策はしていきましたが寒いどころか人熱れで熱かったです。

ニャン様
朝食だけでなく三食ともやろうと思えば出来るわけですがその分セッセと運動しなくてはなりませんからね。食べたい、太りたくない、食べたいなら運動、と答えは出ていますから簡単です。が、中々それが出来なくてね、、、

そおでしたね、ニャン様のブログでも読んで居ましたがあれほどひどいとは思いませんでした。
見渡す限り中国人。ケーブルカー待ちも同じ。更にけんか腰に喋っているのが耳障りでウンザリしますね。
ニッカは良かったです。朝ドラをご覧に成っていたとしたら是非見る価値は有ります。次の機会にどうぞ。

ごくらくとんぼ様
仰る通り冬の方が奇麗でしょうね。夏は空気が揺らいでいますからメリハリのある写真が撮れませんし空気中の汚れも違うと思います。
今回はバスでケーブル駅まで行きましたが以前行った時は下から歩いて上がりました。大変でした。
新幹線は大変期待されているようでバスガイドも一生懸命説明しておりました。益々観光客が増えると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62297242

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽発 函館・横浜クルーズ 4:

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 3 | トップページ | 小樽発 函館・横浜クルーズ 5 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ