« 小樽発 函館・横浜クルーズ 5 | トップページ | フジアザミの咲く道を »

2015/09/25

小樽発 函館・横浜クルーズ 6

Img_9677

 台風の影響で昨夜も船は揺れていましたが相模灘を回り込む頃から治まって来ました。
今日は下船します。

Img_9193

フォーシーズン(メインダイニング。クローズされている遅い時間に撮影)の入り口です。

Img_9107

内部の様子です。歳を召された一人旅も沢山見かけますし足元のおぼつかない人や車椅子の人も居ますが総じて皆さん楽しそうです。

Img_9669

ジミ君の案内で席に着きます。
今朝は 食前黒酢のブルーベリー風味 黒芋旨煮・きんぴら牛蒡 甘鯛開き干し ほうれん草、揚げの味噌汁仙台味噌仕立て 香の物 御飯又はお粥

Img_9674

その後急いで11デッキに行きましたがリドガーデンもリドカフェも満席。どうぞと言ってくれた方と相席させてもらう。トラピクスで参加されたという袋井のご夫婦だった。
野菜 フルーツ スープ ヨーグルトと和定食では食べられない物をチョイス。
今回の食べ物では総じて不味いと思う物は無かった。航海によってばらつきが有るのだろうか。

Img_9156

登場しなかった船内写真。

吹き抜けの上から見たレセプション前のロビー。飲み物や食べ物が出るわけでもないのに何故か何時も空席がない。その理由は

Img_9195

隣接しているピアノバーのメロディーを聴きながらユックリ出来るからだろうか。

Img_9178

今回は一度も行かなかった ザ・ビストロ 此所は外人女性が飲み物などを運んでくれる。

Img_9219

和室。グループや大所帯で来た人が此所で過ごすのも良い。

Img_9251

コンピュータープラザ。使用料が高いし使い勝手が悪く使う人は少ないと聞く。

Img_9715

ビスタラウンジは11デッキ前方で進行方向の景色が丸見え。

Img_9718

何度も御茶やケーキに果物などを食べに行ったバームコート。此所とビスタラウンジは外人女性が飲み物などを運んでくれる。

Img_9182

Img_9183

各種ショップ。 他にはクラブスターズ ライブラリー シガーバー(24時間喫煙可)クラブ2100(ダンスホールに成って居るが揺れが激しくて今回はクローズして居た)ランドリー 海彦(鮨や刺身など有料)アスカアヴェダサロン&スパ プレミアダイニング(スイートルーム専用レストラン)が有る。

Img_9722

大桟橋に接岸しました。

Img_9725

左舷からは港みらいのホテル群が見えます。

Img_9726

下船は上層階から順番です。
此所で耳にした会話「夢のような旅だったね」と。

Img_9734

桜木町まで無料バスが出ます。殆どの人が荷物は宅急便を使うらしくバスに持ち込む人は少ない。見栄もあるのかも知れないし歳が多いからかも知れない。我が家は自分で運びます。

Img_9753

お昼を食べ、デパート巡りをして横浜ライナーで帰宅します。
最寄りのバス停から歩いて10分ほどですから便利です。
かくして二回目の飛鳥の旅は終了。次に乗るとしたらフライ&クルーズで、行った事が無い国に行くのが良いかな?と思っていますが何時に成る事やら。

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 5 | トップページ | フジアザミの咲く道を »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


日本近海を周っている外国船は 船体が大きくて 
航海中に 飛鳥とは違う楽しみがありますし、
日本丸は 食事が美味しいと評判ですし、、、
飛鳥以外の船でのクルーズも楽しまれてはいかがでしょうか?

飛鳥が料金が高いので 一番良さそうに思われがちですが
海外旅行を たくさん経験されているよし坊様には 乗船されれば 
外国船の心地よさも お分かりになると思います。

ただ、飛鳥には隣国の方が少ないと思いますが、
外国船は 航路によっては 非常に多くなっているようですから
問題はありますけど、、、。

船内の様々な場所の画像を 懐かしく拝見させていただき
ありがとうございました。

shinmama様
外国船が良いと皆さん仰ってますね。話のタネにも成るし一度は経験しておかないといけませんね。
飛鳥は歳の多い人が乗って居るのでそれなりにユックリ時が進む感じがするのも良いんじゃないかな〜。乗り比べもしないうちに決めない方が良いのかもしれませんが。
そおなんですってね、、、五月蠅い連中。想像しただけでゾッとします。
shinmama様には飛鳥デッキの乗客に成ってプレミアダイニングの食事レポートを是非ともお願いいたします。

飛鳥の旅、終わってみれば、あっという間だったのでは?
クルーズ旅が一番非日常の旅のような気がしますが、どうなんでしょう?
「夢のような旅だったね」わかるような気がします。
飛鳥の旅も廻るコースによって お料理の味が変わるのですね。
船内の様子も良くわかりました。ありがとうございます。
次は外国船ですか?五月蠅い人たちの乗船が少ない船を選ぶのも大変そうです。
飛鳥は、ゆったりとできる事が日本人にあっているのかもしれませんね。

ニャン様
そおですね、あっと言う間でした。
考えて見れば食事の支度をしなくて良いし部屋も綺麗にしてくれる。片付ける必要もない。
お茶の時間も畏まって決まった時間でなくても何時でも好きなように。天気さえ良ければプールサイドで日光浴しながらボーッとするのも本を読むのも自由だし、飲み物や軽食を其所に持って来る事も出来る。ダンスが好きな人は一日中していればいい。
乗り物に乗るのが体力的に出来無くなった人は船にいれば目的地に着いてしまう。
考えればそれなりのメリットが沢山有ります。
海外旅行を何回もやるより船で世界一周をしてしまった方がトータルで安いと割り切る人が居るのも当然の事。
船にはそれなりの良さがありますね。ニャン様ご夫妻も是非どうぞ。

 船を下りた後も、揺れている感覚はありませんでしたか?
 台風の影響が最小限でなによりでした。

 船旅は、目的地へ行くことよりも。
 目的地に行くまでの時間を楽しむ旅だと感じています。
 目的地までいかに早く行くかを考えているようでは、
 我が家の船旅はまだまだですね。
 でも、なんにもせずに、海を見ながらぼーっと一日過ごすのは憧れですので、
 一生に一度は船旅を経験してみたいです。
 
 

うつきよう様
千葉の外房を回る頃はウネリもなくなりましたので下船後に身体がふらつく感覚は有りませんでしたね。
良い事仰います「目的地に行く迄の時間を楽しむ旅」ですね。
まだまだと仰らずに取りあえず数ある2〜3泊のプランで是非お楽しみ下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62331942

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽発 函館・横浜クルーズ 6:

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 5 | トップページ | フジアザミの咲く道を »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ