« 小樽発 函館・横浜クルーズ 6 | トップページ | おのぼりさん »

2015/09/28

フジアザミの咲く道を

Img_9848

 飛鳥から帰って中二日ですがワンダーホーゲル行事に参加します。
タイトル通りフジアザミが奇麗に咲いている開放感いっぱいの道を歩きました。

Img_9937

久しぶりに24名の参加を得て鶴亀号をチャーターした。と言っても担当支部より他支部参加者の方が多いのが何とも複雑である。

Img_9761

水が塚公園駐車場で下車。富士山頂は雲の中。

Img_9773

向かうのは 幕岩と二ツ塚です。
二ツ塚は新幹線や東名の富士付近から富士山を見ると右下に形の良い丸い二つのピークが見えるのがそれです。
※拡大できます

Img_9784

今のところ晴れていますが強烈な雨雲がもうじき来る事をスマホの雨雲情報から得る。便利な世の中に成ったものだ。

Img_9800

見事に予想通り。誰だ!強烈な雨女は。
登り始めてからずっと自衛隊の大砲の音が聞こえる。「戦争に日曜は無いからな~」等と話しながら歩いたが、実は12時に成ったらピタッと音がしなくなった。戦争に昼休みは無いはずなのに。

Img_9808

幕岩に到着。富士山を形成する段階で生まれた溶岩で有る事が記されている。

Img_9814

雨は上がっているのですが葉に付いた水滴が風で飛ばされて落ちてくるので雨具を付けたまま。 僕は横着をしてスポーツ観戦用のポンチョだけ。コンパクトで軽い。大正解だった。

Img_9820

森林限界に近づくと宝永山に陽が当たっているのが見える。

Img_9833

花の直径が7cmも有ろうか。フジアザミが到る所で咲いている。

Img_9843

左が富士山右が二ツ塚です。

Img_9857

四つ辻。要所要所には確りした標識が有る。ドンドン青空が広がる。しかし風が出てきた。

Img_9865

フジアザミの咲く径を軽快に進む。

Img_9872

二ツ塚はその名の通り二つのピークから成る。その分岐点まで来る。此所で二手に分かれた。

Img_9873

上塚に向かうメンバーの姿を撮る。
もの凄い強風で身を隠す所もなく難儀したそうで昼ご飯も思う様に食べられなかったと報告を受ける。

Img_9880

下塚頂上からの写真。手前から二ツ塚上塚・宝永山・富士山頂 と綺麗に繫がって見えた。

Img_9891

標識も建つ。しかし身体ごと飛ばされそうな強風が吹いている。

Img_9894

見慣れた富士山の姿と違う景色が広がる。 回り込んだ風下側で大休止を取る。

Img_9902

食べながら大石茶屋と御殿場口新五合目方面を見る。

Img_9916

大石茶屋の前を通る。

Img_9932

御殿場登山口到着。 バスは此所に迂回させている。

「ナニ?温泉に寄ってから帰る?冗談じゃない。入浴と書いてないから着替えは持って来なかったよ。支部長の勝手な都合で突然変更するなよ。温泉グッズと書いておきながら寄らずに帰る事もあり勝手すぎる」と思わず言ってしまった。

締めくくりはお粗末だったが見事に晴れて良いハイキング日和だった。

参考タイム  
水が塚出発8:56→幕岩10:35→四つ辻11:32→上塚・下塚分岐11:40→下塚11:50(大休止)→大石茶屋13:13→御殿場新五合目登山口13:24

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 6 | トップページ | おのぼりさん »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント


地面すれすれから写された最初の画像は 迫力があり 大好きなアングルです。
クルーズ(海)から戻られ、一息つかれたら今度は山へ。

いまだにイタリアでの猛暑、酷暑の疲れが残っている私とは大違いです。

安全と弁当は自分持ち、、と いわれる山登りで
お風呂だけは 支部長次第なんですね。(笑)

shinmama様
自分が調子良いときはスタスタ歩き、悪いときはのべつ休憩するし全く利己主義ですが文句は言わないから支部長やってくれと頼んでいる以上我慢するしか無いんですよ、、、
【山の帰りはどんなに遅くなっても必ず温泉に寄る】これをしないと山ガールは入って来ませんね。今や山ジイと山バアばかりです。

第二の人生がこんなに忙しいとは思いもよらぬ事でした。

クルーズの旅、拝見させていただきました。
台風の影響を除けば良い旅でしたね。
船内の食事もおいしそうだし、『蔵』へもまた行ってみたくなりましたし・・・・・・。

水が塚公園までは行ったことがありますがやっぱり富士山は何にも見えませんでした。
今日はこれまで見たことも無い二ツ塚・宝永山・富士山と重なる画像を見せて頂いて大変良かったです。このような景観がある事を初めて知りました。

 アザミの仲間では最大級の花でしたね。
 実物を見てみたいです。
 富士山は近づくと、なだらかに見えますよね。
 二ツ塚は新幹線からも見えるのですか。
 いつも富士山ばかり気にしているので、今度は気を付けて見ます。
 「あそこに二ツ塚が見える」 と言ったら、すごく通っぽいですね(笑)
 
 仕事で、ではなく、楽しいことで忙しい第二の人生!
 それでこそ第二の人生です!
 これからも楽しんでください。 ブログアップもお願いします。
 でも、息切れしないように、ときにはゆっくり休んでくださいね。

フジアザミの花って大きくって存在感がありますね。
森林限界を越すと風景が一変。登山ならではの風景ですね。
第二の人生。
暇を持て余すかな?と思っていましたが、忙しくしようと思えば忙しくもできますね。
でも、したいことはしたい。その忙しさも強制されないものなら楽しめますね。^^

ごくらくとんぼ様
飛鳥は歩けない程揺れたわけでもないですから思い返せば楽しい思い出に成りました。

蔵 ね、何所にしようか悩まずに済むのが何とも良いですね。美味しいし安いし。

水が塚の方が設備が整っていますね。駐車場は舗装されているしトイレは綺麗だし。
ブログには書きませんでしたが御殿場口から二ツ塚のピストンなら楽に歩けて時間も掛からず雄大な景色が楽しめます。
そして登山口近くには今ではすっかり忘れられたBOAC機墜落の慰霊碑が有ります。

うつきよう様
平均して7cm位ですが10cm程の物も有りました。豪快な花です。
二ツ塚は下り新幹線からですと始め愛鷹山が邪魔していますが富士駅に近づく頃から奇麗に見え富士川を渡りきるまで見えます。 ウン、確かに通っぽいと思います。

ハイ、忙しいです。今日は早くから翡翠の撮影に行ったのですが釣り人が入ってしまい諦めて帰ってきました。

午後は体力作り運動をします。

ニャン様
花は下を向いていますのでローアングルで撮らないといけないのが厄介ですが迫力のある花です。そしてパステル調の色も又良いです。

夜寝られない日があっても何時でも昼寝出来ると思えば何にも焦らないし、何をやるにも楽しいからストレスは全く無いですね。その代わり油断していると太りますから其所だけは注意しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62338845

この記事へのトラックバック一覧です: フジアザミの咲く道を:

« 小樽発 函館・横浜クルーズ 6 | トップページ | おのぼりさん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ