« 墓参りより序での駄賃 | トップページ | モズの高鳴き »

2015/10/08

来る時が来てしまった

Img_0232

 J2落ちが現実の物に成ってしまうぞ

Img_0197

 昨シーズンから監督を2回も替える劇薬を使ったのに一向に勝てる試合が出来ない。 どんな練習をしているのかこの眼で見て見たいと思い三保のグランドに行ってみた。

9p7t1178

9p7t1203

激しいぶつかり合いなどするでもなく当たり前のボール廻し。 声も出さないで淡々と、、、

9p7t1194

取材人も来ていたがその後TVカメラは断られたらしい。

9p7t1239

ちょっとやったと思うと直ぐ給水タイムの繰り返し。これじゃ90分走れない。

9p7t1243

ハーフコートを使った実戦に近い練習の後監督の下に全員集合。

Img_0220

練習を見に来る熱心なサポーター。
昼前に見学は止めて帰宅しましたが思った以上に楽な練習をしていた。
こんな柔な練習では試合には勝てないと思った。
今、チームの核に成っている選手はシーズンの途中から入って来た選手ばかりで強力なリーダーシップを取る選手が居ないのも問題だ。

9月19日はVSレッズ。

Img_0235

レッズ戦は毎年エコパで行われる。

Img_0264

遠いのでボランティアの数も少ない。 この日の仕事は地域交流の人達を席まで案内する仕事だった。この業務は試合がタップリ観られる利点があるがお見送りもするので帰りが遅くなる。

Img_0277

残留の願いを書き込む人が次々に来る。

Img_0280

毎年エコパでは県内のユルキャラが勢揃いする。

Img_0305

夕焼けも見えた。良く見ると何か不気味な色で、行く末を暗に示しているようにも思う。

Img_0328

ユルキャラ達のリレー競争がイベントとして行われていた。

Img_0351

そして試合が始まる。

Img_0385

ゴール裏の浦和サポターはビッシリ。

Img_0386

対するエスパルスサポーターは隙間だらけ。数で既に負け。
どんなに負けて居ても歌しか歌っていないサポータと声で威圧する迫力有る浦和サポに応援でも負けて居る。1-4のボロ負け。


Img_0447

9月26日はVSサンフレッチェ。
富士山が顔を出したこの日は何としても勝ちたい試合。負ければ絶望的と成る。

Img_0451

この日はバックゲートでの業務を仰せつかる。チームは不甲斐ない内容が続いているがボランティア参加者はなんと76人。

Img_0454

バックゲートの直ぐ近くに有るエレベーターのドア。これに乗ると

Img_0463

VIPルームに行く事が出来る。食事が提供される。お酒も飲めるが有料なのかどうかは知らない。 歴代の日本チーム監督やチアマン等が視察に来るときはVIPルームに入る。

Img_0469

メインスタンド中央には役員・報道・試合に出ない選手などが座る席が有る。

Img_0455

この青空のように気持ちよく勝ちたい!!

Img_0470

この列はサイン会で順番を待つ人達。累積警告で出られない選手や当日レギュラーで出られなかった選手が来ますが、誰かは当日に成らないと発表されない。

Img_0473

西サイドゲートは主に熱狂的なサポーターが入ってくる。写真は一頻り入場された後の列が切れた時の様子。

Img_0487

絶対負けられない一戦なのにゴール裏は空席も目立つ。

Img_0520

Img_0523

2点先行された後1点を返した時の連続写真。

Img_0533

最低でも引き分けに持って行けるかと微かな期待も裏切られ1-5のボロ負け。 サンフレッチェに引導を渡されたも同じ。

Img_0559

トンネルの先には良い事は何も無い状況・・・・・・


10月3日にはアウェーVS山雅。 先制され追い付く事も出来ず万事休す。
残留争いの真っ直中であるにもかかわらず“残留争するような戦いすら出来ない情け無いチーム”に成り下がってしまった。残り試合を全勝する気概も無さそうで一度もJ2に落ちなかったチームがJ1を去る事は確実。


 来年のボランティアは止めようか、それともこんな時こそチームを支えるか、今 心は揺れている。

« 墓参りより序での駄賃 | トップページ | モズの高鳴き »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今季のカープが終わってしまった、、というブログをアップした私には
よし坊様の気持ちが痛いほどわかり、涙が出そうになります。

愛しているチーム、応援しているチームが 良い結果を残さずにシーズンを終わった時、
さあ、来年は、、、とは すぐには とても考えられませんね。

特に ボランティアとして 頑張って来られたよし坊様に
この結果を前に 申し上げる言葉がみつかりません。

普段、特に熱を入れて応援しているサッカーチームもないんでTV鑑賞はしていませんが
毎週日曜日の朝のスポーツコーナーは家にいる限り必ず見ています。
その中で、毎週、Jリーグの順位表を紹介しているのですが、「あれ?清水エスパレスどうしちゃったの?」と思いながら見ています。
懸命の応援もボランティアの熱意も伝わらないのか?と悲しくなりますね、、、。
今年がどん底?と思い、ボランティアを続けてください。^^

shinmama様
有難う御座います。書き込みを読んで思わず涙が出て来てしまいました。
野球は巨人さえ負ければそれで良いと思って居る程度ですから詳しい事は知りませんが口惜しい終わり方だったようですね。お気持ち、良く解ります。


来シーズンカテゴリーの違う所で試合するなんて考えられませんから・・・・どおすりゃいいんだ、、、

ニャン様
J2に落ちてしまうと上がるのがとても大変なんです。あのベルディーですら上がって来れないですからね。
京都も上がって来ませんものね。

残り4試合の内2試合がホームですが消化試合になってしまいました、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62409618

この記事へのトラックバック一覧です: 来る時が来てしまった:

« 墓参りより序での駄賃 | トップページ | モズの高鳴き »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ