« 紅富士 | トップページ | 柿 »

2015/11/03

翡翠のホバリング

9p7t1634

 久しぶりに目の前でホバリングしてくれた。
毎日通っていても姿も見ないまま帰る日や、たまに来ても通過するばかり。嫌気がしたか他の鳥撮りも来なくなってしまい一人で撮影して居る事が多くなっていたある日・・・・

9p7t1624

彼女は突然やってきて目の前の岩に止まった。その距離ほんの10m程。

9p7t1641

そしてホバリングの大サービス!!!!!!
※拡大できます

何回か9月10月のものを順不同でUPします。中には季節外れに成ってしまう物も有るかも知れませんが お許しを m(__)m

« 紅富士 | トップページ | 柿 »

」カテゴリの記事

コメント

辛抱強く翡翠を待っていた かいがありましたね。^^
やはり美しく魅力のある鳥ですね。翡翠ちゃん。
基本的な質問をしてもいいですか?
鳥は何のためにホバリングをするのでしょうか?

ニャン様
継続は力なりと言い聞かせて通って居ます。
葦原や枝の先端に止まって魚を探す事が出来ない所では空中でホバリング(停止して)其所から一挙に水中に飛び込みます。
飛び込む瞬間や飛び出す瞬間にピントが合わせやすいので鳥撮りにとっては最高のチャンスなのです。

 おひとりになっても通い続けてくださるよし坊様のために、
 感謝の大サービスですね。
 こんなきれいな姿が撮影できたら、、
 空振りの日があってもやめられませんね。

うつきよう様
行かなかった日に限ってとか帰ったら直ぐに等と願いの裏返しになってしまう事が良く有るんです。
つまりは懲りずに通う事しかないんですね。毎日が連休の人でなければ出来ない事です。
ホバリングは撮り手に取っては最大の喜びなんですが一般の人から見ると“飛んでいる鳥の一瞬を切り抜いただけ”の評価しかないのが口惜しいです。
素人眼には思い切り水飛沫が飛んだり魚を咥えて居るショットの方が喜ばれます。

いつ見ても翡翠は綺麗で素敵です。
表情までくっきり捉えられていてさすがです。

私も身近で見られたらテンション上がります。

みやび様
綺麗ですね、この綺麗さにのめり込んで鳥撮りを始める人が多いんですよ。
最近見かける場所が増えていますからみやび様もチャンスが有るかも知れませんよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62561189

この記事へのトラックバック一覧です: 翡翠のホバリング :

« 紅富士 | トップページ | 柿 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ