« スッポン料理を食べに京都に行く 1 | トップページ | 鳥撮りの人達 »

2015/12/03

スッポン料理を食べに京都に行く 2

Img_1576

 高いばかりで納得出来なかったスッポン料理でしたが翌朝を迎えた。
京都観光の続きの始まりですが昨夜の事もあり、あまり期待が持てません。

Img_1418

朝食は和食も選べますがコックさんが卵料理を作ってくれるビュッフェを選びました。

Img_1414

シリアルの中には蜂蜜をタップリ入れて大好きなベーコンにカット野菜など。〆に朝からソフトクリームまで食べてしまいました。

Img_1421

昨夜撮れなかったホテルの外観です。

タクシーが来る前に二条城を見学します。

Img_1435

Img_1441

Img_1445

Img_1450

特に見学したかった訳では無いのですが1度も来た事がない人が一人いて付き合わされたのです。

Img_1477

昨日と同じタクシーを使い向かったのは南禅寺です。

Img_1487

Img_1493

絶景かな絶景かな!!

Img_1496

Img_1503

Img_1507

Img_1512

中国人の多い事多い事。
つぎは・・・

Img_1528

Img_1531

Img_1539

Img_1554

Img_1570

永観堂です。見返り阿弥陀様は撮影出来ません。

Img_1578

知恩院三門

Img_1593

Img_1596

知恩院と言えば除夜の鐘です。

Img_1603

さて、二年坂は華やかです。

Img_1620

昔豆腐料理の本家奥丹で昼食。
予約をしてありましたのですんなり入れました。

Img_1649

とろろ汁と胡麻豆腐

Img_1656

木の芽田楽

Img_1661

写真は二人前の

Img_1666

湯豆腐です。

Img_1677

精進天ぷら・御飯・香の物 です。
豆腐は固く美味しいとは思いませんでしたし、京都だというのに しば漬も美味しくありません。もう少し吟味した漬物を出してもらいたかったな~

Img_1691

三年坂も大変な賑わいでした。
全員が行っている清水寺はパス。

Img_1700

男性だけですからあぶらとり紙は全く興味が有りません。

Img_1722

Img_1728

Img_1736

さて、高台寺に来ました。 秀吉と北政所を祀ってあり相変わらず人気がありますね。隣の國からも大挙して、、、

Img_1759

そして ねねの道を散策。

Img_1761

最後の買い物は 亀屋陸奥松風調進所。
此所では松風なる和菓子を買うのだそうですが自分への土産に成ってしまいますから・・・・・。

Img_1767

京都駅で駅弁を買いこだまに乗り込んで帰宅。
なんだか中途半端で美味いものに巡り会わなかった今回の旅でした。

※相変わらず雑用に追われていますので時系列にUP出来ない状態が続いております。年末までには正常に戻れるはずです。

« スッポン料理を食べに京都に行く 1 | トップページ | 鳥撮りの人達 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

 どこもほんとうに久しぶりで、懐かしいけしきです。
 モミジは少し早かったですね。
 奥丹のお豆腐、残念でしたね。
 昔は美味しかったんだけどなあ・・・
 改めて、京都の人気はすごい、と再認識しました。
 
 

南禅寺さんに永観堂は真っ赤なモミジもあり綺麗です。
二年坂に三年坂は相変わらず賑わっていますね。
清水さん辺りは隣国の方も大変多いです。
もう少し静かに京都の風情を楽しんでいただけると嬉しいのですが、、、
奥丹、本家もダメでしたか、、、南禅寺さん近くの奥丹、はっきり言って不味かったです。
昔豆腐、硬いばかりではなく大豆の味がしっかりしていればまだ許せるのですが、、、。
好き嫌いはあるでしょうし好みもありますが、嵯峨野の湯豆腐の方が良いかもしれません。
まだ、お忙しそうですが体に気を付けてください。^^

うつきよう様
秋の京都は特に人気があるようですね。
奥丹の豆腐は拘って海水から造っていると聞いたような気がしますが店主の拘りより客の好みに合わせなくちゃね。
虎屋の羊羹だって創業当時の味がそのまま伝えられているとは思えず時代に合わせて変化して今も人気があるのですから。

ニャン様
前回行った時の永観堂は紅葉のジュータンがもの凄く綺麗でそのイメージが強く一寸拍子抜けしました。
人気の場所が極端ですね。
皆さんが行かない名所を巡る京都にしないと良さが解らなく成ると思いました。

嵯峨野の湯豆腐ですか、次の機会にと思いますが京都の豆腐も高いですね。人気に胡座をかいているように思えて成りません。

大きな行事も昨日終わりましたので出来なかった家の事も合わせて少しずつやっていこうと思っております。

コンニチハ!!!
“中国語が飛び交っていませんでしたか?” とお聞きしようと思ったら中ほどに表記がありました(^o^) かないませんね~~、情緒も何もあったもんじゃ無いです。
北海道のトマムリゾートがとうとう中国マネーに落ちたと聞きましたので、展望台からの雲海を見にいつか行きたいと思っていましたがもう止めました。展望台、今は中国人だらけだそうです。
京都の湯豆腐はなぜあんなに高いんでしょうね。以前嵯峨野でいただきましたが一人2切れほどしかなくご飯が終わる前におかずが無くなってしまいました。支払いでまたまた目玉が飛び出ました^_^;

ごくらくとんぼ様
居ましたよぉ、、、横柄で大オッ面して大声出して。京都に相応しくないですね。
何もかも買いまくってホントに困りますね。買えないように法律変えちゃわないとね。
湯豆腐が、、、ホント高い。ぼろ儲けとしか考えられないですね。人気の店だからと単純に決めないで吟味して行くか観光客がボイコットすれば当たり前の値段に戻るんだろうけどね。

箱根の湯豆腐なら半値で食べられます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62735854

この記事へのトラックバック一覧です: スッポン料理を食べに京都に行く 2 :

« スッポン料理を食べに京都に行く 1 | トップページ | 鳥撮りの人達 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ