« 心に染み渡る除夜の鐘を聞いて | トップページ | 帰国しました »

2016/01/05

拘りの世界一を求めて

Patagon012

 南アメリカ大陸南端、チリとアルゼンチンにまたがり、マゼラン海峡の直ぐ上『パタゴニア』に行きます。
地球の外周が40,000km。パタゴニアは東京から21,500kmの地に有り日本からは正に地球の裏側。
壮大で巨大な自然が果てしなく広がり、求めている大自然を感じる事が出来ると確信しております。 其所には世界のクライマーが憧れる美岩峰群と、世界一美しいと言われ透き通るようなパタゴニアの蒼き氷河「ペリトモレノ氷河」も有るのです。
※グーグルマップ地図の中心が目指すパタゴニア。白い陸地は南極大陸です。

Img_2262

米国本土に一端入国し、乗り継いでチリのサンチャゴへ。更に国内線に乗り継ぎマゼラン海峡近くの港町に。其所から専用車で目的の地を目指し、そしてトレッキングが始まります。
全行程15日ですが移動日数で半分近く取られます。日本からは地の果てほど遠いのです。

Patagonia04

出発は8日、行って参ります。
※写真と絵地図はアルパインホームページより借用。

« 心に染み渡る除夜の鐘を聞いて | トップページ | 帰国しました »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

なんとまあ、地球の裏側へ?
私など 移動時間の長さに不安を感じて
ウユニ湖もマチュピチュもあきらめているというのに、、すごいことです。
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

しかも元気な人が よし坊様だけでなく ツアーを組めるだけの人数がいるということですよね。
もう、ただただ、その行動力に脱帽。
w(゚o゚)w

行くことは一生叶わず、見ることさえなかなかできない場所なので
お帰りを首を長くして待っていまーーす。
お気をつけて、、、。

shinmama様
一昨年行ったギアナ高地、遠く序でにもう一つ行っちゃえ!と気合いで決めました。費用も掛かりますが行かなければ叶わぬ夢。実現して参ります。
今回はどんな人が参加するのか楽しみですが想像ではオバチャンが多いんじゃないかな~。オバチャン達は元気ですし話しも面白いですから。
今シーズンはエルニーニョの影響で雨が凄いらしいのが心配の種です。
一日おきの階段登りトレーニング(合計登り2千段下り2千段)も明日の1回で終わりと思うとホッとします。これでしばらくやらなくても良いと思うと なんか嬉しい。
行って参ります(@^^)/~~~

氷河と風と荒涼とした大地
どんな旅行記になるんでしょう、楽しみにしています。
お気をつけていってらっしゃ~い(o^-^o)

 わあ、すごい!
 この時期のお出かけとなると南半球かな?と思っておりましたが、 
 写真やテレビでしか知らない、地の果てのようなパタゴニアに
 実際にいらっしゃる方が(ブログを通してですが)お近くにおられるとは!
 私には絶対に行く機会がない場所を拝見させていただけるなんて、嬉しい限り。
 お帰り後のブログアップが今から楽しみで仕方ありません。
 しかし、遠~いですねえ・・・
 道中、なにとぞ、お気をつけて!
 
 

うれし様
もしかすると うれし様はペリトモレノ氷河は既に行っているのかと思っておりました。
風の台地・・・痩せた身体がぶっ飛ばされないか心配しながら 行って参りま〜す。

うつきよう様
何時もの仲間も誘ったのですがそれぞれ都合があって一人で参加する事になりました。思えばギアナ高地も一人参加ですから。
ハイ、遠いです。飛行機で2泊、更に国内線に乗り換えてやっと最寄りの現地ホテルに泊まれるんですから。
思っただけでもゾッとしますがビジネスなんてとんでも無く高いし思っただけで背中や腰が痛くなります。

ブログが直ぐ出せるかどうか解りませんし、やっつけブログに成ってしまうかも知れませんが頑張ってみます。
行って参りま〜す

次の旅がどこになるのかなあと興味津々でしたが\(◎o◎)/!です。
“凄いですねえ~~” その行動力!!!
そのうち “宇宙旅行に行ってきま~~す” なんてなるかもしれませんね(^o^)
パタゴニア・・・・・・・・聞いた名前ではあってもどこにあるか正確には分からない所です。月末辺りには見たことも無い景色を見せて頂けると期待しています。くれぐれもお気をつけて。
行ってらっしゃ~~い!!!

ごくらくとんぼ様
直線距離でも地球半周以上の所を米国経由で遠回りする訳ですから遠い~~~、、、
パタゴニアと言って直ぐ解った人が一人いましたが皆さん誰も解らないですね。説明が大変です。
今回はロッジ泊まりやテント泊、移動日にはホテル泊と色々泊まりますがそのお陰で大きな荷物は背負わなくて済むので助かります。
行ってきま~~す(^^)/~~~

ガンバって楽しんで頑張って行ってきてください。旅は行く気があるか、ないかだけです。「気合で決めた」との事。それこそよし坊の真骨頂です。少し遠い所は先に行かなくちゃね!

「風の大地で痩せた体がぶっ飛ぶのが心配」・・・誰の体の事!あんなに大きな出っ腹があれば絶対に飛ばされないよ。それよりテント生活が長いから体を冷やさないようにしてください。体調が狂いますからね。それとオバチャン達には絶対負けないでよ。応援しているからね!
日本からのリーダーが立派な人がついてくれますね。カメラにしても何事についてもベテランで勉強になり楽しいと思いますよ。大雪予報で行けないー何時もの仲間より。

青大将殿
往復の飛行時間の長さを考えるとゾッとしますね。ギアナ高地の時よりズ~ット長いんだから。
なんと言っても今回は青大将と言う笑いのリードオフマンが来ないから寂しいね。さらにアルカイダも来ない。寂しいと言いながら膝抱えて寝るって言っても狭いテントじゃ膝も抱えられないし。
アレ?腹が出っ張ってる?誰が?岐阜の山奥で熊と生活して居る人にそんな体型の人が居たね。
おばちゃん達の話は面白いね。口を挟む余地がありません。聞いてるだけで血の循環が良くなります。
ツアーリーダーね。人気のベテランで、しかも映像関係が詳しい人。鳥撮りの難しさも解ってくれそうで嬉しいですし、話も合いそうです。


ここ20年ほどいざ外国と言う時、決まって円安に成って苦々しい思いをしていますが今回は円高に成ってきたね。嬉しいです。今度の國は現地通貨じゃなくてドル決済なんで助かります。

もうお出かけですね。
今頃は飛行機の中でしょうか。
娘の友達のアルゼンチン人が是非にと言ってくれているので
いつか行きたいと思っているところですが
トレッキングは無理なので楽な方法で行きたいのですが・・・。

よし坊様の旅行記、首を長くして待っています。(*^-^*)

みやび様
23日に帰国しました。
もの凄く遠かったです。それにも増した絶景が待っています。行くなら一刻も早く体力のある内をお薦めしますよ。
写真の整理が出来たらUPします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/62899216

この記事へのトラックバック一覧です: 拘りの世界一を求めて:

« 心に染み渡る除夜の鐘を聞いて | トップページ | 帰国しました »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ