« パタゴニア・スーパー・トレッキング 9 | トップページ | パタゴニア・スーパー・トレッキング パイネ&フィッツロイ山群 最終回 »

2016/02/12

パタゴニア・スーパー・トレッキング 10

Img_5255

 フィッツロイ山群トレッキングを終了しカラファテまで戻る日です。
写真はチャルテンから振り返って見たフイッツロイ山群で、尖った山がセロ・トーレ、右のドッシリした大きな峰がフィッツロイです。

Img_5101

モルゲンロートを見に連日早起きをします。今朝も見られました。

Img_5129

テントにも陽が当たり鳥も盛んに鳴いています。

Img_5133

朝食はパンだけでした。バターにジャムなどは好みによって。飲み物は何時も通り。

Img_5134

今日の行動食は好きなものを勝手に持っていく方式でした。

Img_5136

サンドイッチは・・・取りません。果物とスナック菓子で良しとします。

Img_5145

朝1番でチャルテンから登ってきた登山者を左に見て我々は下ります。

Img_5159

「お天気はどうなってんだ 晴れてるよ」と言いながら写真先頭は雨男のFさん。振り返って見て居ます。雨男は返上だね。南半球に来てジンクスがひっくりかえったようだ。

Img_5187

絶景ポイントに来ました。記念に1枚撮ってもらいました。
すれ違う登山者の多くがキャノンの1眼レフ(圧倒的にデジキス)を持って居ます。時代は変わりました。
せっかく一眼レフを持って居てもフルオートで撮っていては宝の持ち腐れですがね。

Img_5197

キャンプサイトを通過。当然ですがキャンプをする人はテント・燃料・食料等一切を担ぎ上げなければならない。

Img_5199

カプリ湖畔に出ました。 登山ガイド ナタリーのオフシーズンはアクアビクスのインストラクターをして居るそうだ。

Img_5205

セロトーレの雄姿が見られるのも此所まで。
※拡大できます

Img_5211

お天気に恵まれ壮大な大自然の台地の営みや動物達の強かさを確かに感じ取る事が出来ました。

Img_5225

チャルテンが見えます。出発した時とは反対側に下りてきた訳で我々はグルッと周遊した訳です。

Img_5234

ゲートを潜ります。トレッキングのフィナーレです。 歩行時間3時間10分でした。

Img_5241

Img_5243

小さな街ですが綺麗です。土産物屋やレストランも沢山有ります。

Img_5246

チャルテンに有るアルパインの現地会社です。
此所で昼食を食べ迎えの車を待ちます。

Img_5252

車は既にチャルテンを離れ彼方に街とその先に3日間歩いたフィッツロイの岩峰群が見えます。

Img_5258

何所までも真っ直ぐに続く道。3時間走ってカラファテに向かいます。

Img_5269

Img_5272

Img_5274

4日前に泊まったカラファテで夕食です。
例年必ずジャケットを持って来たのですが今回は横着して持って来なかった。そんな時に限って立派なレストランに行くんですかぁ、、、

Img_5275

Img_5277

Img_5279

メインは鮭か鱒を選ぶ事が出来ます。鱒を選びました。美味かった~。久しぶりに都会の味を堪能しました。

Img_5285

4日ぶりに戻って来て泊まるホテルも同じエル・キホーテ。同室者は飲むと面白いAさん。この日は何時の間にか居なくなったと思ったらバーで飲んだという。
明日は国内線に乗りアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに向かいます。

« パタゴニア・スーパー・トレッキング 9 | トップページ | パタゴニア・スーパー・トレッキング パイネ&フィッツロイ山群 最終回 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

 お天気に恵まれた、素晴らしい山行でしたね。
 天気予報はほとんど雨でしたっけ?
 最後まで美しい岩峰群に見送られ、感動のフィナーレですね。
 拝見している私も胸が熱くなります。

 それにしても、湖に写る鏡面写真、なんとも素晴らしいの一言です!

うつきよう様
天気が良くてホントに良かったです。予報では来る日も来る日も雨でした。国の予報精度が上がっていないのか予報が難しい地域なのか?よく解りません。
毎日長時間歩きましたが疲れは全く無く快適なトレッキングでした。
良い写真も沢山取れました。

よし坊様

フイッツロイ山群のモルゲンロート。素晴らしい!この場に自分がいて感動で身動きできないような思いをしています。写真のレベルが格段に進歩しました。ツアーリーダーのプロ写真家も完全に最敬礼ですね。フイッツロイとセロ・トーレ岩峰の雄姿。早起きしてこの時間にこの場所まで行くのが大変でね!良い写真を撮って皆に見てもらいたいと思う奉仕の心に感謝します。こんな場面のめぐり合わせは早々ないですからね。感動を与えてくれてありがとう!

「疲れは全く無く快適なトレッキングでした」よし坊は年を重ねるごとに痛い所がなくなり良い写真も撮れるし良い年を取っていますね。お利口さんです!
どうか私に少しで良いですから爪の垢を分けてくださいね。着払いでOK。待っています!

一気に読ませていただきました。
なんて素晴らしいところなのでしょう。
特に「モルゲンロート」、絵画のようで溜息が出ました。
絶対、無理ですが私もこの目で見たいです。

青大将殿
返事が遅れてしまい申し訳御座いませんでした。
バタバタして沖縄に行ってしまい、帰ってきてメールの整理をして居ります。
モルゲンロートは雨・・・南半球では通用しないのかね?天気予報は片っ端から外れています。一番確実に予測が付いたのがプロトレックでしたね。アレは使える。しかし南北がひっくり返る・・・ハハハ それは有りません。
写真の技術?今頃解ったのかそれともやっと認めてもらったのか?でもね、写真は技術じゃ有りません。一眼レフを使いこなせばちゃんと撮れます。大将も持って居るんだからちゃんと使いこなさなくちゃダメですよ。
疲れはホント無いですね。日頃の鍛錬ですよ。たまに思い出して山登りするより最低週一位で階段登り!これが1番!!!

みやび様
有難う御座います。

使う写真に思いつくまま一言書くようなやっつけブログに成ってしまいました。
みやび様のような雅な生活とはかけ離れた山の生活でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63148158

この記事へのトラックバック一覧です: パタゴニア・スーパー・トレッキング 10:

« パタゴニア・スーパー・トレッキング 9 | トップページ | パタゴニア・スーパー・トレッキング パイネ&フィッツロイ山群 最終回 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ