« 三つの目的で沖縄へ 2 | トップページ | 三つの目的で沖縄へ 完結編 »

2016/02/24

三つの目的で沖縄へ 3

Img_6054

 天気が良くありません。 今日は那覇市内に向かいます。

Img_6050

Img_6051

朝食ですが珍しくご飯にしてみました。品数も少ないし美味しくありません。初日のホテルの五分の二ほどの値段ですから当然と言えば当然でしょうね。

Img_6063

11時アウトですので軍用のヘリと飛行機、そしてイージス艦が訓練の為らしく行ったり来たりを繰り返しているのを部屋でノンビリしながら見て居ました。

Img_6087

Img_6114

海中道路まで戻りました。
以前地図を見ていて何だこの道は?何時か走ってみたい!と思ったのがやっと実現した訳です。

Img_6102

天候は回復傾向で、綺麗な海の色に戻って来ている。

Img_6105

今回のレンタカーです。このクラスで充分ですね。

Img_6117

Img_6120

Img_6135

戻る途中に勝連城跡が有ると言うので立ち寄りました。

Img_6127

通って来た海中道路が見えます。

Img_6141

早く戻りすぎてしまい免税店ギャラリアに寄りましたが買いたい物もない、、、それに見渡せば中国人ばかりが我が物顔で闊歩している。

Img_6138

昼ご飯。海鮮丼と蕎麦のセットを夫婦二人で分けて食べます。不味かったぁ、、、

Img_6153

ホテル ロコア ナハ に泊まります。 場所は県庁前で、国際道り の一番外れ。とても便利な所にある。

Img_6145

レセプション。

Img_6149

11階建ての11階。何故か今回は全てのホテルで最上階。部屋から国際道り が見えます。

Img_6156

Img_6165

Img_6159

妻は予てより決めていたらしく躊躇無くこの店に入り買い物。気に入ったのが買えたようです。

Img_6180

自分が映し出されています。それを写真に撮りました。


 目的その3 「セミ海老のウニソース焼き」を食べに月桃庵(げっとうあん)に向かいます。ホテルから歩いて15分です。
実は昼間女将から電話が入りました。「大変申し訳ないのですが時季外れな上にここ数日天候不順で漁師さんが潜る事が出来ません。やっと手配出来ましたが一人18,000円にさせて下さい」と。
何が何でも食べたい僕は「いいですよお願いします」と。

Img_6184

(゜゜;)エエッ こんな汚い所なの?

Img_6187

Img_6191

10m程入るとやっと料理屋らしい構えに成った。 六畳ほどの部屋に通される。

Img_6194

Img_6197

Img_6198

沖縄料理と御造り。豚の耳のコリコリした食感が何とも言えない味だった。

Img_6199

そして「セミ海老のウニソース焼き」を女将自ら運んでくれる。
これがセミ海老なのか~ 想像して居たより小さい?。
実は2ヶ月前セミ海老を食べたいと電話すると「時季外れですが手に入るようなら折り返し電話します」と言って電話を切る。すると電話が有り「大丈夫ですが一人16,000円で一杯を半身にして出します」との事。 値段が上がったのは小さいので一人一杯にしたからだそうでそれも大変苦労して手に入れたと説明を受ける。

Img_6201

どうしても食べたいと言う人の話で モッ君・松たか子・真木よう子の三人が一緒に来て食べた事が有ると言って居る。無い物ねだりをする人が他にも居るようだ。

Img_6203

Img_6204

食べ終わったカラを合わせて上と横から撮ってみた。 伊勢エビにソックリの味でウニソースに絡んでとても美味しく食べられた。真っ暗な所で眼を閉じて食べたら間違いなく伊勢エビと言うに違いないと思った。

月桃庵を知ったのはかれこれ20年ほど前。TVでウニソース焼きを紹介していた。其れがもの凄く美味そうで何時か行こうと思っていたのがなかなか実現出来ずにいた。それが叶えられてとても幸せです。
4~5月が最も美味しい時期で値段もドンと安くなると女将から説明を受けいずれその時期に再訪しようと思った。

Img_6206

店の名物豚足。妻は気持ち悪いから食べないと言っていたが一口食べたら「美味しい!!」と。コラーゲンかゼラチンか?プリプリとして柔らかでツルッとした感じ。沖縄の人は骨のズイまで啜ると聞いたので真似してやってみた「うん、悪くない」気持ち悪いと言っていた妻も啜って居た。

Img_6209

御飯と蕎麦はひどく不味かった。

Img_6211

甘味は沖縄独特の物だそうですが名前を忘れた。トウキビの砂糖を使っているらしく甘さ控えめでした。

Img_6213

Img_6220

値段の事はさておいて満足な ミッション3でした。
食べ終わって国際道りへ出た。突然けんか腰のような声を出して怒鳴りあっているように聞こえる中国人の間を幾つもすり抜けてホテルに戻る。

Img_6236

国際通りは遅くまで照明が輝いていた。

« 三つの目的で沖縄へ 2 | トップページ | 三つの目的で沖縄へ 完結編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

 勝連城跡、ご覧になられたんですね。
 沖縄の城跡はどこも石組みが独特の雰囲気を醸していますね。

 これはまた、私が行った「見榮」 に勝るとも劣らない外観のお宅!
 沖縄の美味しいものは、「え? ここが?!」 と驚くような店にありますね。
 セミ海老、身が詰まっていて、とても美味しそうです。
 食べてみたい!

 美味しいものとそうでないものが両極端でしたね。
 そんなに隣国の方がおいででしたか。
 そのうち、ここも自分の領土だと言い出しそうな勢いですね。

うつきよう様
沖縄の城は本土と違う石垣で雰囲気があり良いですね。
店構えがね、、、何だこれは?と言った感じでホンとビックリしました。
教えて頂いた美榮は候補だったのですが先ずはズット先送りされて居た月桃庵に行く事を優先しました。次に那覇に泊まる事があったら行きたいと思っております。
セミ海老は話のタネに是非食べて見て下さい。刺身も美味しいとの事ですよ。
昨日JTBに行き(僕の担当者は法人担当なので水曜日勤務土日休み)偶々中国人の話になりました。ペリトモレノ氷河にも居たと言ったら「へー其所にも?」とビックリしていました。

3つのミッションが無事叶えられ “ようございました” (^o^)
畑友達が “豚足好きだやあ” と言いますが私はどうも食べれません。
子どもの頃、近所に豚小屋があって遠くまで臭かったのでそのイメージがこびりついています。
昨日(25日)のニュース、観ました?
美瑛の 『哲学の木』 が切り倒されたそうですね。外国人が増えて畑を荒らすので地主が決断したそうです。他の木までこういう事にならないといいのですが・・・・・・・。

ごくらくとんぼ様
豚足はイメージが悪いですよね。生きている豚の足を触った事はないですが柔らかでしかもプリッとしているのかも知れませんね。食べた感じがそうでしたから。

ありゃ〜・・・哲学の木が・・・絵に成ったんですがね。荒らしたのは奴らですか、、、自分の都合しか考えない、ワガママ勝手を繰り返し、自分が良ければ他人はどうなろうと良いと言う利己主義は世界の鼻つまみ者ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63251763

この記事へのトラックバック一覧です: 三つの目的で沖縄へ 3 :

« 三つの目的で沖縄へ 2 | トップページ | 三つの目的で沖縄へ 完結編 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ