« パタゴニア・スーパー・トレッキング 10 | トップページ | 沖縄に行ってきた\(・o・)/ワア! »

2016/02/14

パタゴニア・スーパー・トレッキング パイネ&フィッツロイ山群 最終回

Img_5314

 この顛末記も最終回を向かえる。
拘りの世界一を求めて山旅を続けてきたがこんなに遠い所に来るとは思っていなかった。 しかし思い返せば求めていた壮大かつ巨大な大自然と、台地での新たな営みを確かに感じたのです。

Img_5287

朝食です。具の沢山入ったインスタント味噌汁も添えてゆっくり食べた。 近くに自然園が有り鳥などが沢山見られる有料オプションが有ると誘われた。しかし使い慣れた鳥撮り機材が有る訳でもなく、広角ズームでは点にしか写らないし悔しさが増すだけだからと思い止めた。

Img_5290

Img_5294

出発までは自由行動。お陰で時間がタップリ出来た。カラファテの街を散策した。歩けば歩くほど小さなバンフだと感じた。 日向は汗が出る程暑いのですが日陰は肌を刺すほど寒い。 昼ご飯はホテルの前で残り物の林檎・ナッツ類・チョコレートバーを食べた。

Img_5303

20分弱で飛行場に到着。バンフとの違いは飛行場の近さだ。ペリトモレノ氷河観光に行くには確かに便利だ。
スルーガイドのルーシーとは此所でお別れ。ハグと あっ\(◎o◎)/!投げキッスまで

Img_5336

国内線に乗り3時間で首都ブエノスアイレスに。

Img_5342

これに乗ってきました。首都の空港ですがタラップとはお粗末。

Img_5359

Img_5362

ラファイエットホテルに泊まります。隣がイタリアの領事館でした。

Img_5364

Img_5366

Img_5368

肉は頑張って然り食べた。

Img_5373

Img_5378

Img_5381

夜はオプショナルツアーのタンゴショーを見る。ショーは撮影禁止です。
部屋はFさんと相部屋です。

Img_5391

翌朝の朝食です。最後までベーコンは食べられなかった。
午前中自由行動ですが半日市内観光を申し込んだ。

部屋を出ようとすると電話が鳴る「雨が降るから雨具か傘を持ってくるように」との事。
現地ガイドは上原さん。なかなかの美人。日系の三世だという。綺麗な日本語ですが変ななまりも有る。

Img_5400

いきなり連れてこられたのは墓地。大変立派なお墓ばかり。ペロン元大統領婦人エビータさんの墓もある。写真は撮りましたがあえて掲載しない。

Img_5418

Img_5420

Img_5435

Img_5439

Img_5456

Img_5459

劇場・大統領府・五月広場・大聖堂等駆け足周りでどれがどれだったかごちゃ混ぜになってしまった。

Img_5462

大統領府前には政策不満を訴える断幕が有り何所の国も同じだと感じた。

Img_5469

Img_5470

続いて ボカジュニアーズのホームスタジアムを車窓から。 マラドーナの所属したチームで日本人では高原直泰が居た。サッカー好きの僕には思わぬ余禄だ。

Img_5500

Img_5496

Img_5475

そしてボカにあるカミニート。ブリキの家と こっけいな人形。
ちょうどクルーズ船が入港していたらしく人で溢れかえっていた。

Img_5530

Img_5535

市内観光も終わりホテル近くのモールで昼ご飯。宮城のK嬢とシェアして食べる事にした。炒飯・春巻き・揚げ餃子?・酢豚・麵とどれも美味かった。
ところで、雨は一体何所に行ってしまったんだい?傘持って来いと言ったのに。
チリもアルゼンチンもペソが通貨ですがUSドルで支払っていた。$1=約14ペソ。ペソをお釣りでもらうと使い道に困るし価値もない。
ホテルは17時までデイユースされて居てバスタブでゆっくり疲れを取り昼寝。

Img_5540

アルゼンチンを出国し米国に向かう。最近は搭乗手続きを端末機でやらなくては成らず面倒だ。

Img_5551

真夜中の機内で同じ列のFさんが突然通路で倒れる。
機内アナウンスがありお医者さんは居ないかと呼びかけると、お医者さんと看護婦さんが名乗りでた。スペイン語のお医者さん→英語→日本語と三段通訳が始まる。血圧が40~70と異常に下がっているとの事。気圧の低い所でビールをお代わりまでして呑んだ為に急激に血圧が低下したらしい。足を高くして横に成ってしばらくしたら直った。良かった良かった。

Img_5552

8時間でアトランタに到着。此所で5時間半の待ち時間。

Img_5564

この飛行機でいよいよ日本に戻りますが帰りは向かい風で13時間50分の地獄の飛行時間が始まる。

Img_5565

Img_5566

Img_5575

他に夜食が1回有りましたが撮影に失敗して無い。

Img_5584

成田に到着しました。名古屋のK嬢のスーツケースが破損した以外15日の長丁場でしたが全員無事、元気で帰国出来ました。
さて、次は何所に行こうか。

末尾に主な山岳風景を張り出します。

Img_2899

Img_3901

Img_4242

Img_4812

Img_4917

時系列に沿って写真を張り出しただけの内容に成ってしまいましたが自分史のつもりですのでお許し下さい。

« パタゴニア・スーパー・トレッキング 10 | トップページ | 沖縄に行ってきた\(・o・)/ワア! »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ!!!
スーパー・トレッキング9のモルゲンロート朝焼けと水鏡拝見させていただきました。“超・素晴らしい”ですね。こんな景色を見てこられたよし坊さんが本当に羨ましいです。私、めったに人を羨むことはないのですが今度のこの旅は本当に羨ましいです。ため息が出ます。

チリもアルゼンチンもスペイン領だったんですよね。ブエノスアイレスの街並みがヨーロッパの雰囲気でこれまでの風景とガラッと変わってどこかホッとしました。
数々の画像を楽しませていただき有難うございました。

よし坊様のブログを拝見していなければ一生目にすることはなかった山旅&山々。
旅にもいろいろな楽しみ方がありますね。
それに自分の好きなことをしているときが一番幸せですね。
早、次の山旅を計画されているのですか? 楽しみです♪
それにしても美しい、自然が見せてくれる光景は素晴らしいですね。

ごくらくとんぼ様
スミマセン、、、沖縄に行っておりまして、、、返事が遅れてしまいました。更に遡れば沖縄行き直前PCが又又ぶっ壊れましてOSの入れ直しをしました。それでも未だおかしな所が有って困り果てております。
今回のトレッキングは参加した皆さんが満足しているし、ブログを読んでくれている人達も素晴らしい!と言ってくれまして書き手としては喜びも多いです。遠かったですが行って良かったです。

そうです、ブエノスアイレスはヨーロッパと全く変わりませんでした。ヨーロッパの街に根っから明るい南米人が仕事は適当にして後は楽しく生活する・・・そんな感じでした。

ニャン様
登山だけでなくチョコット観光が入って居たのが良かったですね。これで改めて観光に来る必要が無くなりましたから。ただし国は違いますがリオのカーニバルは行きたいな〜。
好きな事をやっているのがこんなにも身体に良い事か思い知る事が出来ました。
ドタバタしたまま沖縄に行ってしまいまして返事が遅くなってしまい申し訳御座いませんでした。沖縄ブログは20日からUP出来ると思います。

この地を 踏破されると 次に行くところに困られるのでは?
と 余計な心配をしたくなるほど 誰もが行けない場所と次々と制覇されるよし坊様が
うらやましくてなりません。

それだけのことができる 体力と知力と財力を蓄えて来られたからだと思いますが
それも含めて 尊敬しています。

たった5日間の東南アジアで お腹を壊してしまった自分の情けない事。
これでは秘境なんて、行けるはずもなく、落ち込んでいます。

見ごたえのあるブログを 連日拝見させていただき
ありがとうございました。

shinmama様
まさかアジアのあの国に行かれているとは思いませんでした。あの国の水は気をつけないといけませんからね。我が家の行った時は鳥インフルエンザが猛威を振るっている最中で水の他に鳥と卵にも注意しなくてはならず気の抜けない旅行でした。
そお仰らず観光でパタゴニアに是非行かれて下さい。山登りが全てではありませんから。自分で見て感じる事がどれほど素晴らしい事か・・・今回も思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63151798

この記事へのトラックバック一覧です: パタゴニア・スーパー・トレッキング パイネ&フィッツロイ山群 最終回:

« パタゴニア・スーパー・トレッキング 10 | トップページ | 沖縄に行ってきた\(・o・)/ワア! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ